タイトル 神奈川県相模原警察署

〒 252−0236  神奈川県相模原市中央区富士見1-1-1   TEL 042-754-0110  

 トップページ交通課
 

高齢者を取り巻く不安を改善したり、豊かな生活しやすい環境づくりの為、相模原HiTS準備委員会を発足しました。

 
高齢者運転による重大事故が社会問題になっています。高齢者事故の現状として、神奈川県内における高齢者が原因の死亡事故件数は38件と年代別件数で最多です。全国では高齢者運転による死亡件数は458件、10年前の1.7倍になっています。
 
高齢者交通事故抑止対策として、免許証有効期間内の自主返納を促進しています。希望者には有料ですが、身分証明となる運転経歴証明書を交付しています。また、高齢者戸別訪問し、交通事故防止等に対する高齢者の特性やワンポイントアドバイス等の交通安全指導を実施しています。
 
相模原警察署管内において、事故は上溝地区で170件、田名地区113件発生しています。両地区は事故発生多発地区です。
 
上溝地区、田名地区の交通環境の特徴は、相模原市中央区の南西部に位置し、鉄道はJR相模線が通り、上溝駅、番田駅の2駅があります。バス路線は少なく、バスの本数も少ない地域であることから、交通の便がいいとは言えない地区になっています。そういった背景があるため、車両の使用率が高く、交通事故が多発している一因と言えます。
 
これまでの取組として、自主返納促進看板を設置しました。
 
また、上溝、田名地区の70歳以上の対象者約1万名に、運転免許証に関するアンケートを配布し、高齢者への意識調査を実施しました。分析は桜美林大学に依頼し、3月15日に上溝公民館にてアンケート調査分析結果を発表します。
 
相模原HiTSは、高品位交通環境支援プロジェクト(High quality Trafficenvironment Support project)の略となります。相模原HiTSの基本方針は、高齢者を取り巻く不安を改善、より豊かな生活しやすい環境づくりのため、上溝、田名地区居住の高齢者の意識調査結果等を基に相模原HiTS準備委員会において、高齢者に対する交通環境の支援を行う骨子等の基本設計を計画し、高齢者の交通事故抑止対策を推進していきます。 

お問合せ先
画像 お問い合わせ 相模原警察署交通第一課 交通総務係

リンク トップページ   リンク 戻る

画像 相模原警察署