タイトル 神奈川県相模原警察署

〒 252−0236  神奈川県相模原市中央区富士見1-1-1   TEL 042-754-0110  

 トップページ刑事課
刑事第二課

絶対に手を出さないで!

薬物乱用の危険性
 薬物の乱用は、健康に悪い影響を及ぼします。そして、薬物依存になると、不安、被害妄想などの症状が現れます。幻覚や妄想によって殺人、放火などの重大犯罪を引き起こすこともあります。
 また、薬物を入手するために、借金をしたり、窃盗、詐欺、売春などの犯罪を平気で犯すようになります。
 乱用される危険のある主な薬物
覚醒剤
 

幻覚や妄想が現れ、中毒性精神病になりやすい。使用をやめても再燃(フラッシュバック)することがある。大量に摂取すると死に至る。
大麻(マリファナ)
 

知覚を変化させるが、恐慌状態(いわゆるパニック)を引き起こすこともある。乱用を続けると、学習能力の低下、記憶障害、人格変化を引き起こす。
 コカイン
幻想や妄想が現れる。
大量に摂取すると全身けいれんを起こすほか、死に至る。
 あへん系麻薬(ヘロインなど)
皮膚が鳥肌立ち、全身の強烈な痛みと痙攣に襲われる(退薬症状)。
大量に摂取すると死に至る。
 MDMA
知覚を変化させ、幻覚が現れることがある。大量に摂取すると高体温になり、死に至る。
危険ドラッグ
吐き気、頭痛、精神への悪影響や意識障害などが起きる場合があり、麻薬や覚醒剤と同様の危険性が指摘されている。
有機溶剤(シンナーなど)
情緒不安定、無気力となり、幻覚や妄想が現れて、薬物精神病になり、大量に摂取すると呼吸困難となり、死に至る。
向精神薬について
向精神薬とは、神経症や不眠症などに対する医薬品で、薬局から購入し服用するには医師の処方箋が必要である。若年層を中心に乱用者が増えており、乱用すると中毒になり、頭痛、けいれん、錯覚などの症状が現れ、覚醒剤などと同様に一度に多量摂取すると中毒死する可能性がある。
たとえ、1回使用しただけであっても、
「乱用」にあたります!!


隠語
薬物は、別の呼び名で呼ばれている場合があります。
○覚醒剤…エス、氷、スピード、アイス、シャブ、冷たいの、クリスタル
○大麻…ハッパ、グラス、チョコ、クサ、野菜、ガンジャ、ハーブ
○MDMA…エクスタシー、バツ、タマ、E、タブレット
○ヘロイン…ぺー、チャイナホワイト、ジャンク
○コカイン…コーク、スノウ、クラック、チャーリー、C
○シンナー…アンパン

自分の意思では止められなくなる!
薬物乱用の最も恐ろしい特徴は、薬物の「依存性」と「耐性」
○依存性…1回くらいなら大丈夫と思っても、また使いたくなり、繰り返し使わずにはいられなくなってしまう。
○耐性…使用を繰り返しているうちに、それまでの量では効き目が薄れていく。
1回だけと思って始めた人も、薬物の依存性と耐性によって使用する量や回数がどんどん増えていき、どうしようもない悪循環に陥ります。そうなると、自分の意志だけでは止めることはできません。  画像 薬物乱用

法律で厳しく処罰されます
薬物乱用は乱用者本人のみならず、周囲の人、さらには社会全体に害悪を及ぼす重大な犯罪です。
覚醒剤、麻薬等の使用、所持などは法律により厳しく禁止されており、違反した者には重い刑罰が科せられます。また、営利を目的とする販売などは、さらに厳しい罰則規定があります。
覚醒剤  輸入・製造…1年以上の有期懲役 
所持・譲渡・譲受・使用…10年以下の懲役 
大麻   輸入・輸出・栽培…7年以下の懲役
所持・譲渡・譲受…5年以下の懲役 
※大麻の不正栽培は、法律で禁止されています。また、そのために大麻の
種子を所持したり、提供したりすることは、処罰対象となります。
MDMA 輸入・製造…1年以上10年以下の懲役 
所持・譲渡・譲受・使用…7年以下の懲役
向精神薬 向精神薬を譲渡、譲渡目的で所持したときの刑罰…3年以下の懲役
危険ドラッグ ○麻薬成分が含まれているものであれば、持っているだけ、使っただけで7年以下の懲役。
○麻薬成分が含まれていなくても、薬事法で定める指定薬物が含まれているものであれば、持っているだけ、使っただけの個人に対し、3年以下の懲役、若しくは300万円以下の罰金に処され、又はこれを併科されます。
○業として、指定薬物を製造し、輸入し、販売し、授与し、又は販売若しくは授与の目的で貯蔵し、陳列した者は、5年以下の懲役若しくは500万円以下の罰金に処され、又はこれを併科されます。

甘い誘いに気を付けよう!
薬物乱用の
甘い誘い
「1回だけなら平気さ」  画像 甘い誘い
「肌がきれいになるよ」
「面白いクスリがあるんだけど」 
「みんなやってるよ」 など…
   
画像 薬物のこわさを知ろう        ダメ、ゼッタイと断る勇気を持とう!

お問合せ先
画像 お問い合わせ 相模原警察署刑事第二課 薬物銃器対策係

リンク トップページ   リンク 戻る