神奈川県大和警察署  お問合せは TEL・FAX 046-261-0110
〒242-0021 神奈川県大和市中央5−15−4
トップページ沿革広報各種手続きお知らせアクセス
  トップページ >
 

各種手続き

 

落とし物

 

落とし物専用電話のご案内

  落とし物の問合せ専用電話を警察本部会計課に設置しました。
平日の午前8時30分から午後5時15分まで対応します。(土曜日、日曜日、祝日及び年末年始の休日は除く)
電話番号は 045(651)1366 です。(電話番号のおかけ間違いにご注意ください。) 
 

落とし物(遺失物)の届出

  落とし物をしたときは、警察署、交番、駐在所への届出に加えて、「電子申請・届出システム」を利用して、自宅やオフィスなどのインターネットに接続されたパソコンから、いつでも県内の警察署長あてに届出ができます。 
   
 

拾得物返納手続き

  受付時間は、平日の午前8時30分から午後5時15分まで(土曜日曜、祝日、年末年始は行っておりません。)印鑑、身分証明書(免許証、保険証など)をお持ちの上、大和警察署会計課までお越し下さい。 
 

その他

  その他落とし物については神奈川県警察ホームページ「落とし物コーナー」をご覧ください
交番・駐在所統計
   トップへ
 

運転免許証

 

運転免許証更新手続

 
 

受付

  月曜日から金曜日 (土曜日・日曜日・祝日・休日・年末年始の休日を除く。)受付時間については、講習区分ごとに違います。(講習区分は更新連絡書でお知らせします。)  
 区分 優良運転者講習該当者 一般運転者講習該当者、違反運転者講習該当者、初回更新者講習該当者、高齢者講習受講者、更新時講習又は高齢者講習免除者(横浜市内に住所を有する違反運転者講習、初回更新者講習該当者は除く) 
 受付時間 午前8時30分〜11時30分
午後1時〜4時30分 
午前8時30分〜12時
午後1時〜5時15分
 

必要書類

  ・ 運転免許証(行政処分中の方は免許停止処分書)
・ 更新連絡書(はがき)
  更新連絡書がない場合でも手続できます。
・ 運転免許証更新申請書及び質問票(警察署にあります。)
・ 外国籍の方の場合、在留カード、特別永住者証明書等
・ 高齢者講習該当者は、高齢者講習終了証明書又は特定任意高齢者講習終了証明書等
・ 特定任意講習又は運転免許取得者教育受講済者は、講習済証明書等(申請前6か月以内のものに限ります)
・ 眼鏡等
  更新には適性検査がありますので、条件がついている方以外でも、不安な方はご用意ください。
・ 申請用写真
  タテ3.0センチメートル×ヨコ2.4センチメートル
  申請前6ヶ月以内に撮影
  無帽、正面、上三分身、無背景
・ 記載事項の変更を同時に行う場合は、変更を証明する書類が必要です。
・ 海外からの一時帰国の方で、住民登録が日本にない方(神奈川県内に一時滞在する方に限ります。)は、滞在証明書と滞在証明書を書い
 た人の住民票の写し等が必要となります 
  

手数料

 
 区分 更新手数料   講習手数料  計
 優良運転者講習に該当する方  2,500円  500円  3,000円
 一般運転者講習に該当する方  800円  3,300円
 違反運転者講習に該当する方  1,350円  3,850円
 初回更新者講習に該当する方
  高齢者講習を受講された方及び更新時講習又は高齢者講習を免除される方の手数料は、更新手数料(2,500円)のみとなります。免許証の郵送を希望される方は交通安全協会で手続を行っています。(郵送料1,000円) 

記載事項変更手続

  

受付

  月曜日から金曜日まで(土曜日・日曜日・祝日・休日・年末年始の休日は除く。)
受付時間:午前8時30分〜12時 午後1時〜5時15分 
  

必要書類

  ・ 運転免許証
・ 運転免許証記載事項変更届(申請用紙は警察署にあります。)
・ 本籍(国籍)、氏名に変更のある場合
  本籍(外国籍の方は国籍)が記載されている住民票の写し 1通(※注1)
  *住民票の写しは、提出となり返却できません。
・ 住所に変更のある場合
  新住所を確認できる書類 1通
  (住民票の写し(※注1)、健康保険証、身分証明書、新住所に届いた郵便物等)

注1 住民票の写しについては、市区町村発行のものとし、コピー・複製等をしたものでは手続できません。 
  

手数料

  無料 

その他

  その他運転免許証手続きについては、神奈川県警察ホームページ「運転免許証関係手続きのご案内」をご覧ください
   トップへ

車庫証明

自動車保管場所手続きに関する注意事項

  

自動車保管場所(車庫)の要件とは

  ・ 自動車の使用の本拠の位置(個人の場合は住所地又は居所、法人の場合は事務所の所在地)から直線距離で 2キロメートル以内であること。
・ 道路から支障なく出入りでき、かつ、自動車全体を収容できるものであること。
・ 保管場所(車庫)を使用する権原を有すること。
※以上の要件すべてを満たさなければ、保管場所として認められません。 
  

登録自動車とは

  二輪車、軽自動車、小型特殊 以外の自動車の総称です。 
  

使用の本拠の位置とは

  個人の場合は、住所地又は居所で、法人の場合は、事務所の所在地です。 

登録自動車の保管場所(車庫)証明の交付申請手続き(書面による窓口申請の場合)

  

保管場所証明の手続きが必要な場合

  ・ 新規登録[登録自動車を購入する場合]
・ 変更登録[登録自動車を所持する使用者が引越しをする場合等]
・ 移転登録[使用者の名義を変更する場合(使用の本拠の位置の変更を伴います)等] 
  

申請に必要な書類

  ・ 自動車保管場所証明申請書(2通)及び保管場所標章交付申請書(2通)[4枚組1セット]
 
※申請者の住所と使用の本拠の位置が異なる場合は、使用の本拠の位置を証明する資料を添付してください。
・ 添付資料の例:公共料金の領収書(写)、営業証明書(写)、使用の本拠の位置への消印付き郵便物 等
・ 保管場所の所在図・配置図
・ 保管場所使用権原疎明書面(自認書)[保管場所が自分の土地、建物の場合に使用]又は、保管場所使用承諾
 証明書[保管場所が他人の土地、建物の場合に使用]のいずれか一通

 
※駐車場賃貸借契約書(写)で、契約内容によっては承諾証明書の代わりとなる場合があります。ただし、保
 管場所の位置、契約期間、貸主、借主(申請者)の記名押印があるものに限ることや、車両限定の有無など、
 契約内容により申請する車の使用権原が認められない場合もありますので、よくご確認ください。
 ※使用期間については、申請日が使用期間内であり、かつ申請日から1か月以上の使用権原を有すること。

・ 手数料
  自動車保管場所証明書交付申請手数料 2,100円(神奈川県収入証紙による納付)
  保管場所標章交付手数料 500円(神奈川県収入証紙による納付) 
  

書類の提出先及び受付時間

  ・ 提出先
  保管場所(車庫)を管轄する警察署
・ 受付時間
  月曜日から金曜日(祝日及び年末年始の休日は除く)
  午前8時30分から午後0時及び午後1時から午後5時15分  

その他

  オンラインによるワンストップサービスでの手続きも可能です。詳細は「自動車保有関係手続のワンストッサービス」のサイトをご覧ください。
   トップへ

道路使用

  

道路使用許可とは

  道路は、本来、人や車が通行するためのものですが、道路工事、工作物の設置等はもとより、各種イベントの開催や地域住民のコミュニケーションの場などとして、多種多様に使用されています。そこで、道路交通法では、本来目的の使用以外のやむを得ない道路使用行為を許可の対象とすることにより「道路本来の効用」を最大限にいかすよう努めています。 
  

道路使用許可の対象は

  ・ 道路において工事又は作業をしようとする行為(第1号)
・ 道路に石碑、銅像、広告板、アーチ等の工作物を設けようとする行為(第2号)
・ 場所を移動しないで、道路に露店、屋台店等を出そうとする行為(第3号)
・ 前各号に揚げるもののほか、公安委員会が定める一定の行為(第4号)
  

道路使用許可の申請は

  ・ 許可申請は、申請者が警察署長に対し、許可を申請してください。
・ 道路使用許可の申請は、所定の「道路使用許可申請書」により行うことが必要です。
・ 「道路使用許可申請書」用紙は、各警察署に備え付けの申請用紙のほかホームページからダウンロードして申請してください。
・ 県内2以上の管轄にわたる道路使用については、出発地を管轄する警察署、又は、主に道路使用行為をする場所を管轄する警察署に申請してください。
・ 道路使用許可の申請は、申請書及び添付書類をそれぞれ2通作成して警察署の道路使用窓口に提出してください。

*道路使用許可と道路占用許可の両方の許可が必要となる場合には、各申請書を所轄警察署長又は道路管理者の一方の窓口に一括して提出することができます。(ただし、申請書の訂正、添付書類の不備等がある場合には、改めて窓口(所轄警察署長又は道路管理者の窓口)にお越しいただく必要がある場合があります。)

なお、道路占用許可の申請等に関するお問い合わせについては、各道路管理者の窓口にお問い合わせしていただくようお願いいたします。 
  別記様式第六 道路使用許可申請書(PDFファイル260KB) 
  

申請手数料

  道路使用手続関係手数料 
 
 手数料種別 手数料 
 1号許可  2,510円
 2号許可  2,000円
 3号許可  2,000円
 4号許可  2,000円
  主な許可内容 
 
 1号許可 道路工事、管路埋設工事、軌道工事、地下鉄工事、跨道橋工事、架空線工事、マンホール作業、採血等作業、ゴンドラ作業、搬出入等作業  等 
 2号許可  公衆電話ボックス等の設置、街路灯・消火栓の設置、路線バス停留所等標示施設の設置、アーケードの設置、立看板・掲示板・その他広告板の設置、横断幕の設置、飾付けの設置、舞台・やぐらの設置    等
 3号許可  露天、屋台店、靴修理(靴磨き等の店)、商品の陳列台    等
 4号許可  祭礼行事、ロケーション、消防訓練、寄付金募集、宣伝物交付、車両街宣、車両装飾、路上競技    等
  

添付書類

 
 1号許可 位置図、現況道路及び周辺見取図、工程表、保安図(断面図を含む)、交通量調整結果、う回路略図(看板等の位置・内容を含む)、広報対策資料
 2号許可 位置図、現況道路及び周辺見取図、工程表、保安図(断面図を含む)、交通量調整結果、う回路略図(看板等の位置・内容を含む)、広報対策資料、設置工作物の設計書(情報提供装置については、設計書及びその内容を示す書類) 
 3号許可 位置図、現況道路及び周辺見取図、露天等の形態を記載した図面、道路使用の計画書 
 4号許可 位置図、現況道路及び周辺見取図、交通量調整結果、う回路略図(看板等の位置・内容を含む)、広報対策資料、道路使用の計画書、道路使用の形態を記載した図面 
  ※  許可行為の欄の添付書類は、必要となる添付書類の一般的な基準を示したものです。詳しくは申請先の警察署交通課交通総務係にお尋ねください。
  道路占用許可等他官庁の許可を必要とする行為の申請については、警察署長の道路使用許可と道路占用許可等の二つの許可が必要となります
 
  

受付(お問合せ)窓口

  許可を申請する場所を管轄する神奈川県内各警察署の交通課総務係道路使用窓口
路上競技、車両街宣、車両装飾については出発地を管轄する神奈川県内各警察署の交通課総務係道路使用窓口 
  

受付時間

  月曜日から金曜日(祝日及び年末年始の休日は除く)
8時30分から17時15分まで(12時00分から13時00分を除く) 
  

その他

  交通の規制を伴う工事又は大規模な路上競技については、事前に行為地又は出発地を管轄する神奈川県内各警察署の交通課総務係道路使用窓口にご相談ください。 
トップへ
神奈川県大和警察署
Copyright©2016 Yamato Police Station All rights reserved.