速度取締り指針
 下記の交通事故実態にありますように交通事故を分析して見ますと、車両が高速走行になるほど、負傷程度など被害が大きくなっていることから、車両の走行速度の低下が交通事故の抑止や被害の軽減に繋がることが分かります。
 そこで、重大な交通事故の減少を図るためには、交通安全教育や広報による情報発信、適切な規制速度設定、交通指導取締りが必要と認められます。
 よって、速度取締り重点路線を選定し、「速度取締り指針」を策定しました。
厚木警察署の速度取締り重点
重点路線 重点時間帯 区域 規制速度
国道129号 12時から14時
16時から18時
山際地区 時速60キロメートル
国道246号 12時から14時
16時から18時
水引地区
金田地区
時速60キロメートル
国道412号 12時から14時
16時から18時
荻野半原地区 時速60キロメートル
県道63号
(相模原大磯線)
12時から14時
16時から18時
下荻野飯山地区
中津地区
時速40キロメートル
重点路線においては、速度取締りのほか、通学路における交差点の取締りも強化しています。
重点路線以外の場所、時間帯であっても、取締りを実施することがあります。 
重点路線にあっては、厚木警察署管内における交通事故実態を基に選定しております。

厚木警察署管内における交通事故実態
   管内の過去3年に発生した交通事故を危険認知速度別に見ると、高速度による走行と比例して負傷程度が重傷化しています。
グラフ:交通事故発生状況・危険認知速度別
   交通事故の発生状況を路線別に見ると、主要幹線道路である国道3路線(246号線、129号線、412号線)のほか、相模原大磯線の発生数が他の路線より突出して事故が多発しています。
グラフ:交通事故発生状況 路線別
    交通事故の発生状況を時間帯別に見ると、各年ともに12時から発生が上昇し、14時から18時までの時間帯が最も多く発生しています。
グラフ:交通事故発生状況 時間帯別
厚木警察署速度取締り指針(平成28年3月)PDFファイル(388KB)


戻る