インターネットバンキング不正送金の被害が増えています!


  最近、インターネットバンキングに不正アクセスされ、預金を引き出される事件が激増しています。

 犯人は、ウィルス感染などの方法で、ID・パスワードを盗み取り、それを悪用しています。

 ID・パスワードを他人に知られないようしっかり管理するとともに、パソコンのウィルス対策も確実に行いましょう!

※インターネットバンキングのログイン(IDとパスワードを入力)後に、本来表示されるはずのない合言葉や暗証番号等の入力を求める旨の画面が表示される手口が多く確認されていますので気をつけましょう。

詳細はこちらから

(県警ホームページ「インターネットバンキングでの不正アクセスに注意!!」のページへ)
イラスト:パソコン


戻る