危険ドラッグについて
 最近、脱法ドラッグが原因の交通事故の発生等から社会問題化しておりますが、平成26年7月22日付けで警察庁と厚生労働省から、その新名称として「危険ドラッグ」が発表されました。
 また、本年4月1日からは薬事法に規定される指定薬物の所持・使用等が禁止となっています。
 違反すると3年以下の懲役等の罰則が科せられます。
 危険ドラッグを使用した場合、意識障害等の健康被害が確認されており、最悪死に至ることもある大変危険なものですので、興味本位等で絶対に手を出すことのないようにしましょう。


危険ドラッグの一部

写真:危険ドラッグ。パッケージが色とりどりであり、お香・ハーブと言われたら違和感はないかもしれません。 写真:危険ドラッグ
ハーブ・お香と称するもの。
 イラスト:薬物の怖さを教えます! パウダー状のもの。
写真:危険ドラッグ。オイルの色も色とりどりになっています。 写真:危険ドラッグ

アロマオイルと称するもの。


危険ドラッグは使わないで! (神奈川県警察のホームページにリンクしています。)

ダメ!絶対!薬物乱用! イラスト:薬物を持つことが「格好いい」と誤解している女子高校生。 イラスト:危険ドラッグにより、意識障害を引き起こした男性 イラスト:危険ドラッグを止められず、お金が減っていく。いつかはサラ金に…
薬物に対し、正しい知識を持ちましょう!


戻る
                      
 トップページに戻る