いつも身近に・・・毎月27日は交番の日

平成29年11月27日 「交番の日制定記念日」 
1 小田急線本厚木駅北口での地域安全キャンペーン及びふれあい活動 
 小田急線本厚木駅前北口広場において厚木市と連携して、白バイ、パトカー試乗によるふれあい活動や乗り物盗、振り込め詐欺をはじめとした広報チラシを配布したり、山岳救助コーナーや被害者相談窓口を開設するなどの地域安全キャンペーンを実施しました。

写真:キャンペーン参加者
 写真:地域次長挨拶  
写真:ふれあい活動
 
2 交番の常時在所における取り組み    交番における地域警察官の姿が県民に見える見せる活動として実施しました。 
3 交番相談員の触れ合い立番の実施   交番相談員の触れ合い立番を実施しました。


 厚木警察署では、毎月27日を交番の日として、安心して暮らせる地域づくりを目指して

 ○ できるだけ多くの制服警察官を交番に配置して警戒活動の強化
 ○ 交番新設要望地区での移動交番の開設やパトロールの強化
 ○ 地域ボランティアの方々との合同パトロール活動の強化
 ○ 地域安全の各種キャンペーンの実施

などを行っています。
 
交番の日の由来
イラスト:シロちゃん
 神奈川県では、明治4年11月27日に「県治条例」が制定され、羅卒(らそつ)課が設置されました。
 羅卒課の規則を定めた羅卒職務規則の中に「交番」という用語が使われていたことから、羅卒課が設置された27日にちなんで毎月27日を「交番の日」としています。
 神奈川県では、平成6年11月27日から「交番の日」として、各種取り組みを行っています。


戻る