山岳遭難防止対策について

計画・装備・体調は万全ですか?



厚木警察署管内山岳遭難発生状況 
 
日が短くなっています。
日帰り計画でも必ずヘッドランプを携行してください。

  発生数  死亡  重傷  軽傷  無傷 
平成29年 5件 0人 0人 1人 5人
平成28年 10件 2人 3人 0人 13人
平成29年9月12日現在
登山を安全に楽しむために 

 ※ 十分な準備をしましょう。

 軽装での登山は、思わぬトラブルを招きます。雨具、地図(登山用や地形図)、ヘッドランプを携行しましょう。装備品の点検と整備を十分に 行ってください。アイゼンは出発前に靴に合わせましょう。

 ※ 通信手段を確保しましょう。

 携帯電話はよく充電し、予備バッテリーも準備しましょう。スマートフォンの地図は便利ですが、万能ではないので困ったときには紙の地図が頼りになります。

 ※ 単独登山は、控えましょう。

 経験豊富なリーダーとの登山は、楽しい思い出づくりと事故防止につながります。

 ※ 引き返す勇気を持ちましょう。

 体力と経験に応じた無理のない登山計画を立て、家族などに登山計画を伝えましょう。また、登山当日は体調や天候、現地の状況を判断し、登山を中止したり、登山途中であっても引き返す勇気を持ってください。 



神奈川県警察本部ホームページには画像をクリックしてください。
 写真:登山計画書の提出






戻る