The Isehara Police Station
 伊勢原警察署
トップページ サイトマップ ダウンロード 各種統計
トップページ生活安全課各種統計
伊勢原警察署の防犯活動
(刑法犯認知件数)
 神奈川県内において平成30年中の刑法犯認知件数は、46,780件(前年比-6,848件)で減少しています。
 また、伊勢原警察署管内の刑法犯認知件数は、548件(前年比+35件)で増加しています。
 今後も、市民の皆さんが不安に感じている、
振り込め詐欺抑止対策、侵入盗抑止対策車上ねらい抑止対策を中心に、「安全で安心できるまちづくり」を目指しますので、ご協力よろしくお願いします。
神奈川県内の月別認知状況
10 11 12 合計
平成31年 3,017 2,993 3,369 3,441 5,757 3,401             19,978
平成30年 3,313 3,260 3,812 3,924 4,529 3,787 4,086 3,997 3,619 4,538 4,170 3,745 46,780
平成29年 4,216 4,275 4,590 4,129 5,292 4,497 4,546 4,563 4,440 4,488 4,479 4,113 53,628
グラフ:神奈川県内の月別認知件数
伊勢原警察署管内の月別認知状況
10 11 12 合計
平成31年 33 27 51 45 42 50             248
平成30年 33 37 48 45 48 44 38 52 45 61 50 47 548
平成29年 35 37 37 27 71 43 43 52 44 40 48 36 513
刑法犯発生状況一覧地図にジャンプ
グラフ:伊勢原署月別認知件数
グラフ:月単位認知件数

乗り物盗の被害
 令和元年6月中、自転車が0台(前月比−4台)、オートバイが5台(前月比+3台)、自動車が1台(前月比−1台)盗まれています。
 自転車・オートバイの被害場所は、駅周辺の駐輪場やアパート・マンション・店舗駐車場や一戸建住宅敷地内等で発生しています。
 

※ 刑法犯発生場所一覧地図もご覧下さい。
月別認知状況 (自転車盗)
10 11 12 合計
平成31年             19
平成30年 61
平成29年 11 76
自転車盗発生状況一覧地図にジャンプ
グラフ:自転車盗認知件数
月別認知状況(オートバイ盗)
10 11 12 合計
平成31年             20
平成30年 47
平成29年 20
オートバイ盗発生状況一覧地図にジャンプ
グラフ:オートバイ盗認知件数
月別認知状況 (自動車盗)
10 11 12 合計
平成31年            
平成30年 23
平成29年 14
自動車盗発生状況一覧地図にジャンプ
グラフ:自動車盗認知件数
被害に遭わないためのワンポイント
 自転車から離れるときは、必ず鍵をかける。
 住所と名前をはっきり書く。
 差込錠の他、ワイヤー錠をつける。
 道路や駐輪場に長時間置きっ放しにしない。

車上ねらい等の被害
 令和元年6月中、車上ねらいが3件(前月比+2件)、部品ねらいが3件(前月比+3件)発生しました。
 主な被害場所は自宅駐車場や月極駐車場(アパート・マンション駐車場を含む)で多く発生しており、主にカーナビ・現金などが盗まれています。
月別認知状況(車上ねらい)
10 11 12 合計
平成31年             11
平成30年 29
平成29年 38
車上ねらい発生状況一覧地図にジャンプ
グラフ:車上ねらい認知件数
月別認知状況(部品ねらい)
10 11 12 合計
平成31年             11
平成30年 26
平成29年 22
部品ねらい発生状況一覧地図のジャンプ
グラフ:部品ねらい認知件数
被害に遭わないためのワンポイント
 外灯・防犯ビデオ・フェンス等、防犯施設のある駐車場に車を駐車しましょう。
 車から離れるときは、必ず施錠するようにしましょう。
 車から離れるときは、車内に手提げバッグや携帯電話、貴重品は置かないようにしましょう。

空き巣の被害
 令和元年6月中、空き巣が1件(前月比−1件)、忍込みが7件(前月比+5件)でした。
侵入盗発生状況一覧はこちら
月別認知状況 (空き巣)
10 11 12 合計
平成31年             11
平成30年 14
平成29年 24
空き巣発生状況一覧地図にジャンプ
グラフ:空き巣認知件数
月別認知状況(忍込み)
10 11 12 合計
平成31年             11
平成30年
平成29年
忍込み発生状況一覧地図にジャンプ
グラフ:忍び込み認知件数
被害に遭わないためのワンポイント
 ちょっとの留守でも必ず戸締りをする習慣をつける。
 外出は、隣近所に一言お願いし、室内の明かりを点灯してから出掛ける。
 外出前に鍵のかけ忘れがないか、もう一度確かめる。
 出入り口・窓には主錠のほかに補助錠をつける。
 長期間留守にするときは、新聞、牛乳などの配達を断るか、近所に取り込みをお願いする。
 留守の家や、マンションの通路で不審な人を見掛けたら110番するか一声掛けて用件を確かめる。
 センサーライトや侵入警報装置等の防犯器具をつける。

【振り込め詐欺について】
 伊勢原警察署では、振り込め詐欺の被害を防止するため日々警戒を強化してますが、被害に遭わないためには、一人一人の防犯意識の向上が大切です。
 「自分だけは大丈夫!だまされない!」とタカをくくらないようにしましょう。
今までの被害者の大半も「まさか」「気を付けていたのに!」と、詐欺の被害に遭っています!
振り込め詐欺のポスター
伊勢原警察署サイトマップへ
伊勢原警察署トップページへ戻る