The Isehara Police Station
 伊勢原警察署
トップページ サイトマップ ダウンロード 各種統計
トップページ抑止対策
安全・安心まちづくり
 
 伊勢原警察署管内の平成30年「刑法犯認知件数」は548件(前年比+35件)で増加しています。
 各種対策や警戒の強化、各種団体との連携により、治安回復への兆しが見えているものの、市民の皆さんが感じる、体感治安に関してはまだまだ回復していないとのご意見も頂いていることから、伊勢原警察署では、刑法犯認知件数を減少させていくことはもとより、体感治安の回復も目指し、2つの抑止対策に取組んでまいります。

イラスト:安全・安心まちづくり
2つの抑止対策
振り込め詐欺抑止対策
オートバイ盗抑止対策

振り込め詐欺抑止対策
 伊勢原警察署管内において平成30年中に発生した振り込め詐欺事件は30件で、約7,247万円の被害が発生し、昨年より発生件数は減少しましたが、被害額は増加し、近年10年間で最高額となってしまいました。
 手口として、オレオレ詐欺が29件、架空請求詐欺が1件、融資保証詐欺が0件、還付金詐欺が0件発生し、発生の大半がオレオレ詐欺で、手口についても主に、キャッシュカード受け取り型の発生となっています。
 警察おいても、様々な角度から手口傾向を分析し、抑止対策に取組んでいきます。
前兆電話など入電時における早期な広報活動
制服警察官の金融機関に対する立ち寄り警戒
騙されたふり作戦における、各種連携
自治会等における防犯教室などの開催
伊勢原市役所との連携
「くらし安全メール」の配信
振り込め詐欺のページはこちら
イラスト:振り込め詐欺抑止対策

オートバイ盗抑止対策
 伊勢原警察署管内において平成30年中に発生したオートバイ盗事件は47件で、昨年より発生件数が27件増加していることから、抑止対策に取組んでいきます。
 伊勢原警察署間における平成30年中に発生した乗り物盗事件は、自転車盗が61件(前年比−15件)、オートバイ盗が47件(前年比+27件)、自動車盗が23件(前年比+9件)発生しています。 
曜日、時間帯を重点とした警戒
制服警察官による駐輪場周辺の警戒活動の強化
発生場所やその周辺における検問の実施
幹線道路、市境付近の警戒
発生多発地区における防犯診断の実施
駐輪場等の管理者等との連携
事件発生時間帯における徹底した職務質問と所持品検査
ボランティア、自治会などへの的確な情報提供
「くらし安全メール」の配信
オートバイ盗抑止対策
伊勢原警察署サイトマップへ
伊勢原警察署トップページへ戻る