The Isehara Police Station
 伊勢原警察署
トップページ サイトマップ ダウンロード 各種統計
トップページ警務課
我が署のホープの声
伊勢原警察署には毎年、警察学校を卒業したフレッシュな若手警察官が配属されています。
 7月から、『警察官を志望した動機』や『警察官になって感じた事』等について若手警察官2名を
我が署のホープの声
と称して掲載しています。
 まだまだ、未熟な彼らですが伊勢原市内の治安を守るために一生懸命頑張っています。応援をお願いします。

我が署のホープ
年齢   25歳(実務3年)
     
階級   巡査
     
所属   地域課 パトカー勤務
     
出身校   専修大学

警察官を志望した動機 
 小さな頃から、警察官を「正義のヒーロー」の様に感じていました。高校生になり、自分の将来を考えた時に、小さな子供たちにとっての「正義のヒーロー」になりたいと思い志望しました。

警察官になって感じた事
 想像していた仕事とは違い、やはり実際の事件・事故の現場はとても厳しく、毎日自分の実力不足を 痛感しています。
 厳しい現場ではありますが、上司、先輩方から指導していただき、また同期、後輩とは共に切磋琢磨して競い合っています。こんな素晴らしい仲間に出会える警察官という仕事に誇りを持っています。

我が署のホープ
年齢   20歳(実務2年)
     
階級   巡査
     
所属   地域課 伊勢原駅前交番勤務
     
出身校   県立有馬高等学校

警察官を志望した動機 
 生まれ育った神奈川県で県民のために何か役に立て る仕事をしたいという思いから、警察官を志望しまし た。

警察官になって感じた事
 警察官は24時間勤務という激務でありますが、事 件・事故の取扱いを通じて関係者から感謝の声を掛けていただいた時に達成感や、やりがいを感じています。

伊勢原警察署サイトマップへ
伊勢原警察署トップページへ戻る