The Isehara Police Station
 伊勢原警察署
トップページ サイトマップ ダウンロード 各種統計
トップページ警務課
我が署のホープの声
伊勢原警察署には毎年、警察学校を卒業したフレッシュな若手警察官が配属されています。
 7月から、『警察官を志望した動機』や『警察官になって感じた事』等について若手警察官2名を
我が署のホープの声
と称して掲載しています。
 まだまだ、未熟な彼らですが伊勢原市内の治安を守るために一生懸命頑張っています。応援をお願いします。

年齢   25歳(実務2年)
     
階級   巡査
     
所属   地域課 パトカー勤務
     
出身校   明治大学

警察官を志望した動機 
 警察官である父の影響です。父は仕事のことについて詳しいことは話してくれませんでしたが、やりがいのある仕事だという熱意が伝わってきましたので自分も同じ仕事をしようと思ったのです。

警察官になって感じた事
 24時間勤務の中で、様々な事件や事故を取扱い、多種多様な内容が多く、毎日、新鮮な気持ちと緊張感を保ちながら仕事をしています。
 事件や事故が解決した時の充実感は、何事にもかえがたく、やりがいを感じています。

年齢   23歳(実務1年)
     
階級   巡査
     
所属   地域課 伊勢原駅前交番勤務
     
出身校   日本大学

警察官を志望した動機 
 学生時代に大事にしていたバイクの部品を盗まれる被害に遭いました。現場に来てくれた警察官が鑑識活動を行う姿がかっこよく、私も犯罪者を捕まえて被害者の力になりたいと思ったからです。

警察官になって感じた事
 24時間勤務で事件・事故があれば休む暇もな く、現場に行かなければなりません。
 凍えるような寒さや、うだるような暑さの時には、辛いと感じることもありますが、市民の皆様からの感謝の言葉をいただい時は、その辛さも吹き飛び、やりがいを感じています。
 これからも、精一杯頑張ります。

伊勢原警察署サイトマップへ
伊勢原警察署トップページへ戻る