交通課
トップページ
警務課
会計課
生活安全課
刑事課
地域課
交通課
警備課
山岳遭難救助隊
秦野警察署トピックス
不審者情報マップ
落とし物をしたら
登山道
各種案内
交通安全マップ
警察署協議会
各種統計
秦野警察署までのアクセス
リンク
★秦野警察署速度取締り指針★
 下記にありますように、交通事故発生の状況のように、交通事故を分析してみますと、車両が高速走行になるほど、致死率が大きくなっています。車両の走行速度の低下が交通事故の抑止や被害の軽減につながることが分かります。そこで、神奈川県警察では、速度管理の基本的な考え方について県民の皆様にご理解を深めていただくために「神奈川県警察速度管理指針」を策定しました。
 そこで秦野警察署では、「秦野警察署速度取締り指針」を策定しましたので、この指針に沿って速度管理を実施をしていきます。

重点路線 重点時間帯 区間 規制速度
県道62号(平塚秦野線) 7時から9時・17時から19時 曽屋 時速40キロメートル
7時から9時 下大槻 時速40キロメートル

※重点以外の場所、時間帯であっても、取締りを実施することがあります
秦野警察管内における交通事故発生実態
グラフ:主な路線別人身事故発生状況
当署管内での人身事故発生状況は、平成27年が167件、平成28年が143件発生しています。(平成28年5月末現在)人身事故の約7パーセントが県道62号(秦野平塚線)で発生しています。
グラフ:地域別人身事故発生状況(件数)
地域別の人身事故発生状況をみると、曽屋地区が突出しています。人身事故の約13パーセントが曽屋地区で発生しています。
グラフ:致死率(パーセント) 
 当署では、平成27年上半期に死亡事故が2件(前年比プラス2件)発生しています。速度超過を起因とした交通事故の発生は僅少であるものの、上表のとおり、今後重大交通事故の発生を未然に防ぐためにも速度違反の取締りは必要であるものとしています。
秦野警察署管内では、死亡事故が2件発生し、うち1件は県道62号線での発生で、更に同路線における人身事故の発生率も高いです
地域別では、曽屋地区における人身事故発生件数が突出しています
死亡事故抑止のため、致死率の高い時速40キロメートルを超える速度違反を対象とした路線での速度取締りの必要性があります

●その他の交通取締り要点
当署管内の交通事故の特徴として前方不注視による追突事故の発生が多いことからその要因ともいえる携帯電話使用等違反の取締りを継続実施します。
交通総務係 
交通安全対策、交通安全教室、信号機・標識の設置、見直しなどや運転免許事務、車庫証明、道路使用許可等の事務を担当しています
交通安全対策 イラスト 免許更新 交通安全対策
交通指導係
交通指導取締りを担当しています
交通取締り 交通検問 交通検問
交通捜査係
交通事件、事故の捜査を担当しています
衝突事故 横転事故 衝突事故
交通安全マップ
飲酒運転に関する情報提供にご協力を「飲酒運転を根絶しよう!!」(警察本部のページへ)
   車の運転に不安を感じている高齢運転者やその家族の方へ(警察本部のページへ)
 夢の技術、自動車の自動運転(1)(PDF827KB) テキスト文書(1KB)
夢の技術、自動車の自動運転(2)(PDF378KB) テキスト文書(1KB)
ながらスマホの危険性!(PDF435KB) テキスト文書(1KB)
 違法駐車取締り重点地区
重点地区1(下大槻団地周辺)
駐車取締り重点地区 下大槻団地付近
この地図の全部又は一部を複製することを禁じます。
重点地区2(秦野駅、県営秦野団地周辺)  
駐車取締り重点地区 秦野駅、県営秦野団地付近
この地図の全部又は一部を複製することを禁じます。
重点地区3(東海大学前駅、鶴巻温泉駅周辺)
駐車取締り重点地区 東海大学前駅、鶴巻温泉駅付近
この地図の全部又は一部を複製することを禁じます。
 
 迷惑な 車両の影に 潜む事故