小田原警察署ホームページ
  警務課会計課生活安全課地域課刑事課交通課警備課
トップページ
トピックス
小田原警察署の沿革
アクセス
各種手続き
警察署案内
交番・駐在所
警察署協議会
検挙情報
サイトマップ
 トップページ

マーク 小田原警察署 小田原警察署の沿革

 警務課

写真 小田原警察署

創設 
所在地
電話
最寄り駅

明治10年2月1日
神奈川県小田原市荻窪350番地1
0465(32)0110
JR東海道線、小田急小田原線、大雄山線、箱根登山鉄道、小田原駅徒歩20分

署の沿革
 明治9年7月、当時の小田原十字町に警察出張所が設置され、同10年、小田原警察署に改められた。その後、大正12年9月の関東大震災により庁舎が損壊し、同14年11月20日、小田原市緑町に木造2階建ての新庁舎が落成した。昭和29年7月の警察制度改革により、神奈川県小田原警察署が誕生した。同44年3月31日、小田原市本町に鉄筋コンクリート4階建ての庁舎が落成、さらに平成16年4月現庁舎が落成移転した。
写真 関東大震災で傾斜した小田原署
関東大震災で傾斜した小田原署

写真 大正14年に落成した小田原署
大正14年に落成した小田原署


管内のあらまし
 管内は、神奈川県の南西部に位置し、箱根連山と丹沢の諸峰を背負う足柄平野にあって、小田原市、足柄下郡(箱根町、湯河原町及び真鶴町)全域を管轄し、面積254.69平方キロメートル、人口234,819人(平成30年2月1日現在)である。
 南は相模湾に面し、東は二宮町、北は中井町、大井町、開成町及び南足柄市、西は静岡県熱海市、三島市及び御殿場市に接している。
 鉄道は、JR東海道線、東海道新幹線、小田急小田原線、箱根登山鉄道線、伊豆箱根鉄道大雄山線が走り、道路は、国道1号、国道255号、国道138号、国道135号をはじめ、主要地方道等が縦横に走り、交通の要衝となっている。
 「名所、旧跡、歴史の街小田原は、かつては北条早雲の居城であり江戸時代は東海道の宿場町、大久保11万石の小田原城の城下町として栄え、源頼朝決起の石橋山古戦場、豊臣秀吉小田原攻めの石垣山の一夜城跡や曽我兄弟仇討ちなど歴史を秘めた多くの遺跡が残されている」
 富士箱根国立公園の中枢部を占めて全山各所に湧出する豊かな温泉、近代的施設など四季を問わず日本の代表的な観光地温泉郷として世界に知られている。


特異重要事件
東海道新幹線車内におけるガソリン使用放火・死傷事件
 平成27年6月、走行中の東海道新幹線一号車前方デッキ付近において、被疑者がポリタンクに入ったガソリンを自ら被ったうえ、ライターで着火し発火させ、客室内を焼損させるとともに、後部デッキに退避していた乗客女性を窒息により死亡させたほか、他の乗客、乗員合計28人に傷害を与える事件が発生し、初動捜査の段階から署員を大量投入し、乗客等目撃者の聴取を実施、事案の概要を早期把握し、死亡した被疑者の犯行と特定し、同年10月被疑者死亡のまま現住建造物等放火・傷害致死・傷害罪として書類送検した。 新幹線の写真

箱根山火山性地震頻発
 箱根山では、平成27年6月下旬に火山性地震が増加。4月下旬以降、大涌谷周辺のごく浅い所を震源とする火山性地震が相次いだほか、地下の熱水の膨張が原因とみられる地殻変動も観測されるなど、火山活動が活発化していた。5月6日に噴火警戒レベルが「一」から「二」に引き上げられ、6月末にはごく小規模な噴火が発生。レベルは「三(入山規制)」に引き上げられ、火口から半径約500メートルが立ち入り禁止となっていた区域は、半径約12キロに拡大した。

強盗致傷事件被疑者2名の検挙
 平成25年9月、箱根町において自動車ナンバープレートを窃取しようとした被疑者2名が被害者に察知されたため、凶器を用いて被害者を殴打し、全治4週間の傷害を負わせた強盗致傷事件につき、平成27年2月被疑者1名を逮捕し、更に同月共犯被疑者を逮捕した。

足柄下郡湯河原町の民家で発生した女性殺人並びに放火事件
 平成27年4月、民家火災現場で、同家屋に居住する女性が殺害された状態で発見された。女性には刃物が刺さっており、火災は殺害されたあと放火したものであり、現場付近では男性が鉄パイプで襲われる事件も発生しており、関連ある者の仕業とみて行方を追っており、鋭意継続捜査中である。

小田原署、藤沢署管内で連続発生したコンビニ店対象の強盗被疑者の逮捕
 平成28年6月、藤沢署管内、7月当署管内で連続発生したコンビニ店対象の強盗事件につき、その犯行手口から同種犯歴を有する住居不定の無職男性を浮上させ、捜査第一課の応援を得て、専従捜査班による徹底した所在捜査により、7月茅ヶ崎市内のカラオケ店から出てきた同人を発見、果物ナイフを所持していた事実で現行犯逮捕し、その後の所要捜査により連続強盗事件の事実で逮捕した。

湯河原町で発生した死亡ひき逃げ事件の被疑者検挙
 平成29年3月、湯河原町吉浜の国道を横断中の88歳女性をはねて死亡させ、そのまま逃走する事件が発生。現場から立ち去った乗用車の目撃情報と付近の防犯カメラの画像から所有者を割り出し、51歳の男性を自動車運転死傷行為処罰法違反と道路交通法違反で検挙した。 道路の写真

名所・旧跡
小田原城(小田原市城内6−1)
 小田原城は、15世紀中ごろに大森氏が山城を築き、その後、戦国大名北条氏の5代にわたる居城となり、南関東支配の政治的中心地であった。3代氏康の時に、上杉謙信や武田信玄の攻撃を受けるがいずれも防ぎ、難攻不落の名城の名を全国にとどろかせた。
 5代氏直の時には、豊臣秀吉の小田原攻めに備えるため、外郭を総延長9キロメートルに及ぶ土塁と空堀で取り囲んだ総構により、日本最大の城郭となった。


小田原城

二宮尊徳生家(小田原市栢山2064)
 江戸時代中期、二宮尊徳の祖父が分家したときに建築したもので、天明7年(1787年)に誕生した尊徳が16歳まで住んでいた家であり、築約2百数十年が経過していると推定される。幕末期から人手に渡り数度の変転を経たが、昭和35年に復元修理され、木造平屋建ての茅葺の生家は、足柄地方の典型的な中流農家の住宅として公開されている。
二宮尊徳生家

芦ノ湖
 芦ノ湖は、約3千年前に箱根火山のカルデラの中にできた周囲19キロメートルの湖である。毎年開催される「芦ノ湖夏まつりウィーク」では、芦ノ湖湖上から打ち上げられる花火を元箱根や湖尻などから見ることができる。また、ニジマス、ブラックバス、わかさぎなどが生息し、釣り場ともなっている。南岸の杉並木街道から眺める「逆さ富士」は、箱根の絶景として有名である。

箱根関所跡(箱根町箱根1)
 徳川幕府が元和5年(1619年)に設け、約250余年にわたり厳しく諸大名を取り締まった箱根関所は、天下の険、箱根の山の関門として名高い。日本古来の伝統工法で江戸時代と同じ姿で、平成19年に完全復元された。

万葉公園(湯河原町宮上566)
 藤木川と千歳川の合流地点にある緑に包まれた情緒豊かな公園で、権現山公園とも呼ばれていたが、万葉の歌のゆかりから万葉公園と名付けられた。数多くの万葉植物が植栽されている公園内には、万葉時代の古代建築を模した「万葉亭」、「万葉の歌碑」、「国木田独歩の碑」、日本最大の規模を誇る足湯施設「独歩の湯」などがあり、日本の歴史公園百選に選ばれている。


万葉公園

真鶴半島
 相模湾に突き出た真鶴半島は、豊かな森と海に囲まれた自然の宝庫。樹齢350年以上のマツ、シイ、クスなどの巨木が生い茂り、真鶴港と岩漁港の2つの漁港には毎日新鮮な海の幸が水揚げされる。
真鶴半島

画像 ピーガルくん
このページのトップへ
トップページへ
  〒250-0042 神奈川県小田原市荻窪350番地の1 電話 0465(32)0110
Copyright©2014 Odawara Police Station All rights reserved.