神奈川県警のトップページ 警察署一覧

TOPページ 警察署
案内
交番・
駐在所
トピックス 防犯関係 交通関係 交通安全
マップ
落とし物
関係
警備関係


大磯警察署 トピックス
大磯警察署長ご挨拶・庁舎ご案内 
大磯警察署長の写真
署長から大磯町・二宮町の皆様へ
 このたびの異動で大磯警察署長として着任いたしました川口です。
 87代を数える歴史と伝統のある警察署長として、身の引き締まる思いであります。
 前任者から、当署は住民の皆様からの信頼と警察活動へのご理解、ご協力を賜り県内でも極めて平穏な治安情勢にあると引き継ぎを受けたところであります。
 しかしながら、そうした中でも特殊詐欺等の各種犯罪や交通死亡事故対策、DV・児童虐待事案への対応等課題は山積しております。
 赴任に際し、大磯警察署長としての誇りを胸に、管内の安全・安心を守るため署員とともに職務に邁進する決意であります。どうか、引き続きのご支援、ご協力をお願い申し上げます。

            平成31年3月         大磯警察署  川口 博幸
区切り線1
庁舎案内
置き型案内板の写真
庁舎案内板の写真
 正面入口を入り左側が警務課・地域課です。
奥に 運転免許、落とし物等の窓口があります。
  
大磯警察署からのお知らせ
 警察官・警察事務職員募集!
 この神奈川を守り、支える力。神奈川県警察
詳しくは県警ホームページ採用案内「警察官」のページへ
詳しくは県警ホームページ採用案内「事務職員」のページへ
 大磯警察署協議会委員紹介
  大磯警察署協議会委員の皆さん
○飯塚 富美さん  伊藤 綾子さん  植地 直子さん  橘川 昭夫さん  鈴木 綾子さん
◎曽根田 純一郎さん  福島 進さん  (◎は会長、○は副会長、50音順)
平成31年度大磯警察署協議会第1回会議の開催
 平成31年4月23日火曜日、大磯警察署において、平成31年度大磯警察署協議会第1回会議が開催されました。 
 会議では、平成31年1月から3月にかけての当署で実施した各課の取組や、平成31年4月から6月の業務計画を説明しました。
 また、会議では「自転車マナーアップ方策」について委員の皆様から、貴重な意見・要望をいただきました。
 
被害者相談窓口のご案内
心の扉を開いて
犯罪による被害の相談を受けています


 被害相談窓口をご存じですか?
 犯罪の被害者は、犯罪による直接的な被害(けがをする、お金を盗まれるなど)だけでなく、その後に生じる様々な問題で長期にわたって苦しめられています。その中でも精神的な被害は深刻です。
 警察では、警察署や警察本部に各種の被害相談窓口を設け、被害者本人だけでなく、ご家族の方々からの様々な相談に応じています。また、他の専門相談機関と連携して相談に応じておりますので、どこに相談したらよいか分からない場合にも、警察署または警察本部の相談窓口をご利用ください。
 あなたの勇気にこたえます。

被害相談窓口
大磯警察署 0463-72-0110
かながわ犯罪被害者サポートステーション 045-311-4727
ユーステレホンコーナー(少年の被害相談) 0120−457867
045-641-0045
悪質商法110番 045-651-1194
鉄道駅構内・列車内での痴漢等迷惑行為相談 045-461-0110
性犯罪110番 0120-38-8103
暴力団からの不当要求拒絶コール 0120‐79‐7049
交通相談センター 045-211-2574
 
被害者支援のホームページ
神奈川県警察
http://www.police.pref.kanagawa.jp/mes/mesb0023.htm
警察庁
http://www.npa.go.jp/hanzaihigai/
特定非営利活動法人 神奈川被害者支援センター
 犯罪や交通事故等の被害者やその家族・遺族の方々に、電話相談を始めとするさまざまな支援を行い、悩みの解決や心のケア等をしている民間団体で、「かながわ犯罪被害者サポートステーション」において、県警察及び県と連携して活動をしています。
 事件や事故の被害にあわれたあなたを支援します
電話相談 045(328)3725 平日の午前10時から午後4時
ホームページアドレス
http://www.kanagawa-vsc.or.jp/
犯罪被害給付制度
 通り魔殺人等の故意の犯罪行為により不慮の死を遂げた方のご遺族、又は重傷病を負い若しくは障害が残った被害者に対して、国が給付金を支給し、精神的・経済的打撃の緩和を図ろうとするものです。
 犯罪被害者等給付金には、次の種類があります。
遺族給付金
被害者のご遺族(第一順位遺族)に申請する資格があります。
障害給付金
身体に障害が残ったことが要件です。
重傷病給付金
加療1月以上・入院3日以上を要する負傷又は疾病
※当該疾病が精神疾患であった場合については、入院要件が除外されますが、その症状の程度が「3日以上労務に服することができない程度であったこと」が要件となります。
  また、医療費の自己負担相当額と休業損害を考慮した額の合算額を1年を限度として支給されます。(上限額 120万円)
犯罪被害給付制度における申請は、申請者の住所地を管轄する都道府県公安委員会にすることになっています。

大磯警察署からのお知らせ
運転免許証の更新時講習
場所
 ・ラディアン(二宮町生涯学習センター)
日時 ・4月17日 水曜日
・5月14日 火曜日

講習の種類

 ・初回更新者・違反者運転者
  10時から12時まで
  (受付9時30分から10時)
 ・一般運転者
  13時30分から14時30分まで
  (受付13時から13時30分)

詳しくは、
大磯警察署 免許係
(0463−72−0110)まで。
ラディアン 地図
この地図の全部又は一部を複製することを禁じます。
 交番・駐在所だより
  5月号 速報
大磯駅前交番 PDFファイル(742KB)はこちら
テキストファイル(1.35KB)はこちら
二宮駅前交番 PDFファイル(512KB)はこちら
テキストファイル(1.05KB)はこちら
化粧坂交番 PDFファイル(367KB)はこちら
テキストファイル(1.09KB)はこちら
小磯駐在所   PDFファイル(729KB)はこちら
テキストファイル(1.31KB)はこちら
 
元町駐在所 PDFファイル(906KB)はこちら
テキストファイル(1.99KB)はこちら
一色駐在所 PDFファイル(384KB)こちら
テキストファイル(0.98KB)はこちら
生沢駐在所 PDFファイル(396KB)はこちら
テキストファイル(1.49KB)はこちら
山西駐在所 PDFファイル(686KB)はこちら
テキストファイル(1.18KB)はこちら
Adobe Acrobat Readerのダウンロードはこちらから
登山をする際に気を付けること


安全で楽しい登山をするために
登山のイラスト
 
 登山の第一歩は、目的とする山をよく理解することからはじまります。ガイドブック等で事前に山岳情報をよく調べましょう。
 登山計画書を作成して、パーティ全員がその山をよく理解するとともに、体力と経験に応じた無理のない計画であるかよく検討しましょう。
登山計画書は、各都道府県の提出先や登山口にある投函箱等に提出しましょう。
神奈川県内の山へ登る際
 山岳を管轄する警察署(交番・駐在所を含む)及び登山口に設置された登山計画書投函箱のほか、警察本部地域総務課へ郵送やファックスでも受け付けています。
 神奈川県警察ホームページからオンラインによる提出も可能です。
 下のURL又はQRコードから神奈川県警察のホームページに掲載されている「登山計画書届出フォーム」に接続できますので活用してください。
http://www.police.pref.kanagawa.jp/mes/mesg0004.htm
QRコード
神奈川県外の山へ登る際
 登山計画書の提出が義務化されている山域もありますので、あらかじめ調べておきましょう。
 神奈川県警察ホームページからオンラインによる提出も可能です。
 単独登山はやめて仲間と登り、救急用品や非常食等を必ず携行してゆとりある行動を心がけ、安全な登山をしましょう。
 携帯電話等の通信機器を準備し、電池切れに備え予備バッテリーを携行して登山をしましょう。
 登山前に目的とする山の気象状況や火山情報等を入手し現地の状況を把握しておきましょう。
詳しくは 「登山を楽しく安全に」(県警本部のページ)へ
http://www.police.pref.kanagawa.jp/mes/mesg0004.htm
登山計画書の提出と余裕ある登山計画で楽しい登山を!


▲大磯警察署トップページへ
▲警察署一覧
▲神奈川県警トップページへ