神奈川県警のトップページ  警察署一覧

TOPページ 警察署
案内
交番・
駐在所
トピックス 防犯関係 交通関係 交通安全
マップ
落とし物
関係
警備関係


大磯警察署 交通関係
交通安全 各種窓口 統計 交通事故 English Page
お知らせ
 大磯警察署速度取締り指針の策定 違法駐車取締活動方針に基づく重点地域の策定 
 反射材を付けて、みんなで交通事故防止!  改正道路交通法の一部施行について
(平成29年3月12日施行)
 高齢者の方の免許更新について  高齢者運転免許自主返納サポートについて
 安全運転管理者制度について  大地震発生時の交通規制等
 駐車監視員活動ガイドライン  二輪車交通事故防止総合対策実施中
 自転車事故防止総合対策実施中  飲酒運転等取締りの強化
 高齢者の事故防止について  標識BOX・信号機BOX
 信号機新設箇所のご案内  交通規制教室
 エコドライブ10のすすめ  飲酒運転を根絶しよう!!
 大磯警察署交通課だより(地域交通安全活動推進委員) PDF129KB  テキスト2KB
 大磯警察署交通課速報 PDF419KB  テキスト1KB

各種窓口 
 運転免許の更新  道路使用の手続き・許可申請
 自動車の保管場所(車庫)証明等の手続き  通行許可申請手続きについて
   

交通事故 
 交通事故にあったら  交通事故について
 交通事故証明書の申請について  交通事故の無料相談
   

統計
 平成29年9月末管内交通事故発生状況  平成28年中の人身事故発生件数と死者数
 平成29年9月末運転免許保有状況  大磯警察署交通事故発生状況  
  (昭和29年〜平成27年)
   

改正道路交通法等の一部施行について(平成29年3月12日施行) 
○補聴器条件の方の第二種免許取得について
○ナンバープレートの表示義務の明確化について
詳しくは県警ホームページ 改正道路交通法の一部施行について(平成28年4月1日施行)
 ↑Topへ戻る

反射材を付けて、みんなで交通事故防止!
反射材とは?
自動車のライト等を反射し、とても明るく見える素材を使った交通安全グッズです。

反射材を身に着けると?
車両の運転者に早めに自分が道路上にいることを知らせることができるため、交通事故に遭いにくくなります!
自転車用反射材自転車用反射材 キーホルダー
キーホルダー型反射材
効果の検証
昼間と夜間に同じ場所で同じ状況を再現した2枚の写真で、反射材の効果を検証してみましょう。
反射材効果検証用昼間写真 矢印 反射材効果検証用夜間写真
昼間は、遠くの横断歩道上の自転車や、黒っぽい服装の歩行者もよく確認できます。
矢印 夜間の道路では次のように見え方が違ってきます。
黒いスーツの歩行者は、全く見えなくなってしまいました。
自転車はかろうじて確認できますが、運転者は見えません。
 反射材のついたTシャツやジャージを身に着けている人や、反射材を使ったペットの散歩用のリードは、ライトで反射してとても目立ちます。
バッグを持った歩行者は姿が見えませんが、反射材のバッグがその存在を教えてくれています。
反射材の効果的な着用方法
たとえば
◎車のライトに照らされやすい足元につける。
◎車の運転者によく見えるように、体の前後だけでなく側面にもつける。
◎道路を横断するときに車から見えやすいように、自転車の側面につける。
このような方法で反射材をつけると着用効果があがります!
反射材を身に付けて、交通事故から自分を守りましょう!
↑Topへ戻る

改正道路交通法の施行について(平成22年4月19日施行)
高齢運転者等専用駐車区間制度について
  〈平成22年4月19日施行〉
  高齢者、障害者及び妊産婦(以下「高齢運転者等」という。)が安全に運転できる道路交通環境を整備するため、日常生活において利用する官公庁や福祉施設等の周辺に、高齢運転者等が運転する普通自動車で高齢運転者標章を掲げた車のみが駐車できる専用区間(高齢運転者等専用駐車区間)が、導入されました。

○高齢運転者等標章対象者
  普通自動車を運転できる免許の交付を受けている人で

  ・ 70歳以上の方
  ・ 聴覚障害又は肢体不自由を理由として運転免許証に条件が付されている方
  ・ 妊娠中又は出産後8週間以内の方

○高齢運転者等専用駐車区間において、高齢運転者等標章自動車以外の車両は駐車できません。
(違反して駐車をした場合は、放置違反金及び反則金は通常の違反に比べ2,000円高いものになります。)

(道路交通法第45条の2)
○標章の申請先
  住所地を管轄する公安委員会(最寄の警察署)

○標章申請に必要なもの
  ・標章申請書(警察署に用意しています)
  ・運転免許証
  ・自動車検査証
  ・妊娠中または出産後8週間以内の方は、妊娠の事実または出産の日を証明できる書類
(母子健康手帳等)

○高齢運転者等専用駐車区間
  現在、県下では23箇所80台の駐車区間があります。
  大磯警察署管内(大磯町、二宮町)には駐車区間の設置はありません。
 
↑Topへ戻る

免許証の様式変更について

◎免許証の様式が変更になりました
 ・表面の本籍欄が削除されました。
 ・裏面に臓器提供の意思表示欄が新たに設けられました。

           詳しくは県警ホームページ 免許証の様式変更について 
↑Topへ戻る

高齢者の方の免許証更新について
県警ホームページ イラスト 高齢者
  ◎ 高齢者講習のご案内
  ◎ 講習予備検査(認知機能検査)が導入されます
  ◎ 高齢者講習等の手数料が変更されます
  ◎ 運転免許証の申請取消の手続について
  ◎ 運転経歴証明書の発行について
  ◎ 高齢者運転免許自主返納サポートについて
  ◎ 補聴器条件免許を特定後写鏡装着条件に
     変更を希望される方へ
  ◎ チャレンジ講習等のご案内
↑Topへ戻る

改正道路交通法の一部施行について(平成21年10月1日施行)
◎高速道路等での車間距離不保持の罰則強化!! 
 高速自動車国道又は自動車専用道路において車間距離保持義務に違反する行為(車間距離不保持)をした運転者に対する罰則が引き上げられました。

 罰則 5万円以下の罰金⇒3月以下の懲役又は5万円以下の罰金
 違反点数 1点⇒2点
 反則金  6,000円⇒9,000円(普通自動車の場合)となりました。


(道路交通法第26条、第119条第1項第1号の4、道路交通法施行令別表第2及び別表第6)
◎地域交通安全活動推進委員の活動の追加!!
○地域交通安全活動推進委員とは、地域における交通の安全と円滑に資するための活動を行うため、 道路交通法第108条の29に基づき、県公安委員会が委嘱したボランティアの方です。

○活動は、適正な交通の方法及び交通事故防止、道路における適正な車両の駐車及び道路の使用方法等について住民の理解を深めるための運動を推進しています。

○今回の改正で、地域交通安全活動推進委員の活動の一つに、高齢者や障害者など道路の通行に支障がある者の安全を確保するための活動が追加されました。

(道路交通法第108条の29第2項第2号)
↑Topへ戻る

改正道路交通法の一部施行について(平成21年6月1日施行)
 ◎ 運転免許の欠格期間延長についてのお知らせ
 平成21年6月1日から、悪質・危険行為をした場合、運転免許取消し後の欠格期間が延長されました。
※ 平成21年6月1日の違反行為から適用になりました。
イラスト酒酔い
  • 酒気帯び運転についても、基礎点数を引き上げられました。
酒気帯び運転(0.25mg以上) 基礎点数13点 25点
酒気帯び運転(0.15mg以上0.25mg未満) 基礎点数 6点 13点
  • 酒酔い運転や救護義務違反等の悪質・危険な違反を行った運転者について、運転免許取消し後の欠格期間を最長10年まで延長されました。
「特定違反行為」(悪質・危険な違反)
運転殺人等 基礎点数 62点 欠格期間 8年
運転傷害等 基礎点数 45点から55点 欠格期間 5年から7年
危険運転致死 基礎点数 62点 欠格期間 8年
危険運転致傷 基礎点数 45点から55点 欠格期間 5年から7年
酒酔い運転 基礎点数 35点 欠格期間 3年
麻薬等運転 基礎点数 35点 欠格期間 3年
救護義務違反 基礎点数 35点 欠格期間 3年
故意道路外致死傷 点数制度によらない処分 欠格期間 5年から8年

※特定違反行為に救護義務違反が伴う場合、欠格期間は最長10年

県警ホームページ
平成21年6月1日改正道路交通法
運転免許の欠格期間延長について
平成20年6月1日改正道路交通法
普通自転車の歩道通行要件
シートベルトの着用義務
聴覚障害者の免許取得関係
過去の改正
飲酒運転の罰則強化等
↑Topへ戻る

安全運転管理者制度について
次に該当する事業所は、道路交通法により、それぞれ安全運転管理者、副安全運転管理者を選任して、県公安委員会に届け出なければなりせん。                               道路交通法第74条の3第1項、第4項
安全運転管理者
☆ 定員11人以上の自動車を1台以上使用している事業所
☆ その他の自動車を5台以上(自動二輪車1台は0.5台で計算)使用している事業所
☆ 自動車運転代行業者については、営業所ごとに選任が必要
副安全運転管理者
☆ 20台以上の自動車を使用している事業所(20台以上20台ごとに1人)
☆ 自動車運転代行業者については、10台以上10台ごとに1人
選任の届出
 自動車の使用者は、安全運転管理者又は副安全運転管理者(以下「安全運転管理者等」と言います。)を選任したときは、選任の日から15日以内に必要な事項を自動車の使用の本拠の位置を管轄する公安委員会に届け出なければなりません。また、安全運転管理者等を解任したときも同様です。
道路交通法第74条の3第5項
 届出事項に変更が生じたときにも、その日から15日以内に公安委員会へ届け出なければなりません。
神奈川県道路交通法施行細則第12条第3項
 ※ 「選任の届出」「変更の届出」は、大磯警察署に届け出てください。
県警ホームページ

安全運転管理者制度とは


選任の届出

安全運転管理者等の資格要件

安全運転管理者の選任等の届出方法

安全運転管理者等に対する講習

法定講習日程表

安全運転管理者の業務

イラスト白バイ
↑Topへ戻る

 
▲大磯警察署トップページへ
▲警察署一覧
▲神奈川県交通事故発生状況(目次)
▲神奈川県警トップページへ