神奈川県平塚警察署 〒254−0073
平塚市西八幡1−3−2
0463−31−0110
神奈川県平塚警察署
Top 平塚警察署の紹介 トピックス 交通課 各種手続 採用案内 セーフティひらつか協力会 警察署協議会 サイトマップ アクセス
パトカーの写真
 
地域課
地域警察官は、交番、駐在所そしてパトカーで活動しています。
市民のみなさんにもっとも接する機会の多い「まちのおまわりさん」です。
警察官の活動にご理解とご協力をお願いいたします。
平塚警察署管内の交番・駐在所についてはこちら

地域課だより・交番だより・駐在所だより
  平塚警察署交番だより平成30年9月号の掲載です。
平塚警察署交番だより9月号の画像
○平成30年9月号、平塚警察署交番だより
少年相談窓口0120−45−7867(フリーダイヤル)045−641-0045
特殊詐欺の被害防止
詐欺被害に遭わないために「サギ撲滅の2本柱」
1 こんな言葉を電話で聞いたらサギだ!
 〇 「急にお金が必要!用意して!」
 〇 「キャッシュカードを預かります。」
 〇 「ATMで医療費を還付します。」
2 留守番電話設定のお願い!
 〇 「犯人は留守番電話を嫌います。」
 〇 「常に留守番電話設定を!」
 〇 「留守番電話が作動する前に取らないで!」
 〇 「迷惑電話防止機能付き機器の購入検討を!」
キャッシュカード騙し取り、還付金詐欺増加中!
交番・駐在所の巡回連絡にご協力を!!
カードの記入に御協力を!
「巡回連絡」は、警察官が皆さんの御家庭や会社等を訪問し、犯罪や交通事故の発生状況、予防に必要な情報を提供するほか、皆さんからは警察に対する要望・意見をお伺いして安全で安心して暮らせる街づくりを行うための活動です。
少年の非行・被害防止は家庭と地域の絆から
1 SNS利用がもたらす危険性
 〇 SNSを通じた出会いからの被害
 〇 援助交際をきっかけとした被害
 〇 なりすましによる被害
2 少年非行・犯罪被害防止について
 〇 刑法犯少年の3人に1人が非行歴あり
 〇 全体の44%が15歳以下
 〇 路上強盗、ひったくり、乗り物盗の5割が少年
3 子供を振り込め詐欺に加担させない
 〇 高額な物を所有している
 〇 普段着ないスーツを着ている
 〇 他人名義のキャッシュカードを所持している
 〇 アルバイト先を把握しましょう。
   簡単に稼げるものは危険
4 薬物乱用「ダメ!ゼッタイ!」
5 家出は非行・犯罪被害の危険と隣り合わせ
子供に「3つの力」を!
〇 判断力(情報・危険性・善悪)
〇 責任力(自己責任)
〇 自制力(誘惑に負けない)
9月11日は「警察相談の日」
相談直通ダイヤル 045-664-9110
(短縮ダイヤル「#9110」)
秋の全国交通安全運動の実施
9月21日金曜日から9月30日日曜日
スローガン
「安全は 心と時間の ゆとりから」
「高齢者 模範を示そう 交通マナー」
県民の皆さんは次のことを心掛けましょう。
〇 「子供と高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止」
〇 「夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗車中の交通事故防止」
〇 「全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底」
〇 「飲酒運転の根絶」
〇 「二輪車の交通事故防止」
平塚警察署0463(31)0110
  平塚警察署交番だより平成30年7月号の掲載です。
交番だより7月号
○平成30年7月号、平塚警察署交番だより
少年相談窓口0120−45−7867(フリーダイヤル)045−641-0045
特殊詐欺の被害防止
電話でこう言われたら「サギ!?」と考えましょう。「あなたの個人情報が漏れている。」「あなた名義のクレジットカードが偽造されている。」「キャッシュカードを取り換えたほうがいい.。」銀行協会職員に「キャッシュカードを渡して。」「ATMを操作して還付金が戻ります。」他人事意識は払拭しましょう。自動録音機を活用しましょう。特殊詐欺に関する情報提供を御願いします。
キャッシュカード騙し取り、還付金詐欺増加中
警察官、金融庁・銀行協会・金融機関の職員が、電話で暗証番号を聴く、キャッシュカードを受け取りに行くことはありません。オレオレ、還付金、融資、架空請求、振込みはメール便による被害も急増中!!
水の事故防止のために
基本的ルール
遊泳禁止場所に入らない、自分を過信しない。
体調不良、飲酒後は泳がない。
子どもから目を離さない。
海水浴
高波時の遊泳禁止、監視員の指示に従いましょう。
川での水遊び
流れや深さに十分注意しましょう。
雨天後や放水等の増水に注意しましょう。
水上バイク
無免許、飲酒後操縦、無免許者への貸出しの厳禁。
迷惑行為、禁止区域への立ち入り禁止。
ウィンドサーフィン
初心者のグループ行動。危険行為の禁止。
潮や風向き等に注意、気象情報の確認を。
夏休み!ルールを守って楽しく過ごしましょう。
少年の非行・被害防止は家庭と地域の絆から
1 SNS利用がもたらす危険性
  SNSを通じた出会いからの被害
  援助交際をきっかけとした被害
  なりすましによる被害
2 少年非行・犯罪被害防止について
  刑法犯少年の3人に1人が非行歴有り
  全体の44%が15歳以下
  路上強盗、ひったくり、乗り物盗の5割が少年
3 子どもを振り込め詐欺に加担させない
  高額なものを所有している
  普段着ないスーツを着ている
  他人名義のキャッシュカードを所持している
  アルバイト先を把握しましょう。簡単に稼げるものは危険
4 薬物乱用「ダメ!ゼッタイ!」
5 家出は非行・犯罪被害の危険と隣り合わせ
子どもに「3つの力」を!
判断力(情報・危険性・善悪)
責任力(自己責任)
自制力(誘惑に負けない)
夏の全国交通事故防止運動
平成30年7月11日水曜日から7月20日金曜日まで
スローガン
「安全は、心と時間の ゆとりから」
「交通ルールを守って 夏を楽しく安全に」
1 疲労運転、無謀運転の防止。
  余裕のある計画、休憩の取得
  速度の抑制と危険予測、早めのライト転倒
2 子どもと高齢者の交通事故防止
  通行路の安全確認と安全運転、70歳以上の高齢者標識
3 自転車の交通事故防止
  交通ルールの理解とマナーの実践
  反射材、ヘルメットの着用
4 すべての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用
  正しい着用と着用への「ひとこえ」の掛け合い
5 踏切の交通事故防止
  警報、遮断中の立ち入りの厳禁
  踏切内、しゅうへんで 遊ばせない、非常ボタンの使用等確認

駐車監視員活動ガイドラインが変わります。
(重点巡回路線・地域 8月1日から)
平塚警察署0463(31)0110


平塚署のTOPページへ平塚署のトップページへ