茅ケ崎警察署タイトル
トピックス
警察署案内
各種手続き
交通安全情報
暮らし安全
災害・警備
茅ケ崎警察署トップページ暮らし安全>振り込め詐欺にご注意ください
ライン画像

アイコン 振り込め詐欺にご注意ください

この電話、ひょっとして振り込め詐欺? 被害者のほとんどが振り込め詐欺の存在を知っていながらお金をだまし取られています。「振り込め詐欺」とは、オレオレ詐欺、融資保証金詐欺、架空請求詐欺、還付金詐欺等の総称です。

振り込め詐欺の手口を神奈川県警ホームページで公開しています。
振り込め詐欺への抵抗力を付けるために!
こんなことには要注意!
アイコン 絶対に怪しい!振り込め詐欺を疑おう
・声が違うことを言い訳する(風邪を引いて喉が枯れている等)
・急に携帯電話の番号が変わる(携帯電話を壊してしまい前の番号が使えない等)
・現金の振り込みを急がせる(期限までに示談金を払わなければならない等)

アイコン こんな話が出たら、振り込め詐欺!
・「友達の借金の保証人になったが、友達が逃げてしまい俺が払わないといけなくなった。お金が必要なんだ。」
・「会社の金を使い込んじゃった、このままだとクビになる、助けて。」
・「知り合いの女性を妊娠させてしまった。」
・「世間に知られたくない。お願いだから、誰にも言わないで!
・「税金、医療費、還付金等をお返しします。」
・「あなたの口座は犯罪に使用されています。再発行の手続きをしてください。」
アイコン 渡さないで!振り込め詐欺の手口です!
・代理の者など、他人が現金を直接家まで受け取りに来る
・警察官や金融機関、市役所等の関係者を名乗り、キャッシュカードを直接家まで受け取りにくる
・携帯電話でATMの操作を指示し、送金させる
・郵便局のEXPACK(エクスパック)500や書留、小包、普通郵便等で現金や為替を送らせる
振り込め詐欺被害に遭わないために
相手が本人か、必ず確認をしましょう ある日突然、息子から助けを求める電話。「どうしよう、早く助けてあげないと!」でも、そんな時こそ慌てず落ち着いて。その電話は、あなたの良心につけこんだ詐欺かもしれません。

アイコン 振り込む前に、以前の携帯電話番号に必ず確認する
「携帯電話番号が変わった。」という電話があったら、まず振り込め詐欺を疑いましょう。

アイコン
本当に電話相手が家族かどうかを確認する
子供や孫を名乗る電話があったら、まず、本当に家族かどうかを確認しましょう。
(例)「あなたのワンちゃん、名前なんだっけ?」(ペットがいなくても使えます)

 また、警察官、銀行員等が家まで行き、直接カードを預かる、暗証番号を聞き出すことは絶対にありません。警察官、銀行員等を名乗る不審な電話があった場合は、必ず電話をかけ直して確認しましょう。

アイコン 振り込め詐欺(キャッシュカード手渡し詐欺)の新たな手口
 これまでは、警察官や銀行員を装い、「口座が悪用されています。」等と言って、キャッシュカードをだまし取る手口が主流でしたが、最近では息子を装い「プレミアムカードにすれば金利が上がる。変更してあげるから、キャッシュカードと暗証番号を教えて。」等と言って、キャッシュカードをだまし取る手口が発生しています。
具体的な手口は、次のとおりです。

事前に、息子を装った犯人から電話が入ります。
「風邪引いて、声がおかしいんだ。電話番号変えたから、こっちを登録して。」 息子を装った犯人
息子を装った犯人からプレミアムカードへの変更を勧められます。 
「キャッシュカードをプレミアムカードに変更すれば、金利が上がって得するよ。親の口座じゃないと駄目なんだ。プレミアムカードに変更してあげるから、口座番号と暗証番号を教えてほしい。」
銀行協会職員等を装った犯人から電話があります。
「キャッシュカードをプレミアムカードに変更します。新しいカードとなりますので、これから○○という者が古いキャッシュカードを受け取りに伺います。」
銀行協会員等を装った犯人が
キャッシュカードを受け取りにきます。
銀行協会員を装った犯人
だまし取られたキャッシュカードと暗証番号で
現金が引き出されてしまいます。

 このような電話がきた場合は、変更前の電話番号に電話をかけて、必ず電話の相手が本人かを確認するようにしましょう。また、銀行協会員が直接キャッシュカードを預かりに行くことは絶対にありません。
 「これは、詐欺?」という電話がきたら、警察にご相談ください。
振り込め詐欺情報専用ホットライン
▲ページのトップに戻る
融資保証金詐欺
貸金業者を装った融資保証金詐欺に注意 実際には存在しない融資にも関わらず、融資する旨の文書をダイレクトメール等でを送付するなどして、融資を申し込んできた者に対し保証金を名目に現金を預金口座等に振り込ませ、お金をだまし取る融資保証金詐欺が増えています。
 融資を前提に現金を振り込ませることは、絶対にありません。

「審査時にお客様の信用に問題があるため、融資金額の○%を保証金として振り込んでください」
「融資するには、各種保険料、審査料を先に振り込んでください」
 融資を受ける前にこのような話や連絡があった場合は、詐欺を疑いましょう。

アイコン 被害に遭わないための注意事項
・融資を受ける前にお金を振り込まない
・保証金、保険料、審査料等を要求されても振り込まない
・貸金業者の登録を受けているか「金融庁ホームページ」で必ず確認する
▲ページのトップに戻る
架空請求詐欺
振り込む前に、必ず確認 電話、郵便、インターネット等により不特定多数の者に対し、アダルトサイトの利用料金等、架空の請求権を口実として使用・延滞料金を請求する架空請求詐欺が増えています。
 「自宅へ回収に行く。裁判沙汰にする。」と不安を煽ったり、以前に使用した別業者の請求と勘違いし振り込んでしまう等、多くの方が被害に遭っています。

アイコン 被害に遭わないための注意事項
・利用、使用した覚えがなければ、お金を振り込まない
・相手方には絶対に折り返す等の連絡をしない 住所、氏名等は教えない
・身に覚えがない送信元からのアドレスにはアクセスしない
・公的機関(裁判所等)からの督促状には、公的機関に直接問い合わせて、本物かどうかを確認する
▲ページのトップに戻る
還付金詐欺
還付金詐欺に注意! 役所や税務署等をかたり、支払いすぎた保険料、税金の還付等に必要な手続きを装い被害者にATMを操作させ、口座間の送金により、現金を騙し取る手口が増えています。
 税務署等から税金の還付手続きでATMの操作を依頼することは、絶対にありません。





 全てに言えることですが、他人ごとではありません。自分のところにも必ず振り込め詐欺の電話が掛かってくるという気持ちを持ちましょう。
 困った事があった場合は一人で悩まず、振り込む前に家族や周りの人、最寄りの警察署、消費生活センター、警察相談(#9110)等にご相談ください。

▲ページのトップに戻る
ライン画像
茅ケ崎警察署トップページ暮らし安全>振り込め詐欺にご注意ください