災害に備えて
家庭にいる時のロゴ
どんなに大きい地震でも、揺れるのはごくわずかな時間です。
 あわてず落ち着いて行動しましょう。
 ・ まず火の始末、火がでたら初期消火。
 ・ テーブルや机などの下に身を隠す。
 ・ 窓やドアを開けて出口を確保。
 ・ あわてて外に飛び出さない。
 ・ 誤ったうわさに惑わされず、正しい情報の確保を。
 ・ 避難は周囲を確かめ、あわてずに。
 ※避難するときは自宅の玄関などに避難先・連絡先・安否情報などを張り
  紙しておくとよいでしょう。
寝ていた男のイラスト
屋外にいる時のロゴ

 ・ カバンや上着などで頭を保護し、落下物やガラスの破片等に注意して、
 公園や空き地、安全なビルの中等に一時避難しましょう。
 ・ 壁際・崖・川岸には近づかないようにしましょう。



飛散ガラスを除ける男のイラスト
ビル・地下街にいる時のロゴ

 ・ 多くのビルや地下街は耐震構造になっています。出入口や階段に殺到
  すると思わぬ事故につながります。施設の責任者がいる場合は指示に従
  って落ち着いて行動しましょう

 ・ エレベーターは停電になると停止します。
  避難の際は使用しないようにしましょう。

エレベーターに乗るイラスト
電車に乗っている時のロゴ

 ・ 電車は強い地震を感じると自動的に停止します。勝手に電車から降り
  たりせずに乗務員の指示に従い、冷静に行動しましょう。
電車内のイラスト
津波の発生のロゴ

 ・ 海は津波の危険があります。地震を感じたら海岸から離れてできるだけ
  高いところに避難しましょう。
  ※ 三陸地方では「津波てんでんこ」という言葉が語り継がれています。
   これは一人ひとりが自分の判断でとにかく高いところへ逃げろという意
  味です。
 ・ 山は、山崩れや崖崩れが起こりやすくなっています。安全な場所に避難
  してください。
避難する人のイラスト
車を運転している時のロゴ

 ・ 地震を感じたら車を必ず道路の側端に寄せて停車してください。
 ・ カーラジオ等からの地震情報や交通情報に基づいて行動してください。  
 ・ 現場の警察官の指示に従ってください。
 ・ 車を無理に動かさないでください。
 ・ 車を置いて避難するときは
   なるべく駐車場や空き地に移動する。
   やむを得ず路上におく場合は側端に寄せて停車。
   エンジンを切り、エンジンキーはつけたままにする。
車のイラスト
戻るトップへ