犯罪被害者支援についてのロゴ
  通り魔殺人などの無差別な凶悪犯罪行為が後を絶ちません。犯罪者は「誰でもよかった。」などという短絡的な行動によって、何の落ち度もない人々が犯罪に巻き込まれ、命を落としたり、障害を負ってしまうのです。
  このような通り魔殺人などの故意の犯罪行為により、不慮の死を遂げた方々や身体に重大な負傷等を負った被害者やそのご家族・遺族は、その後も毎日の生活を続けながら、犯罪によって受けた傷と、ずっと向き合わざるを得なくなります。
  私達は、被害者やその家族・遺族のために何ができるのか、もし不幸にして自分の身近な人が被害にあったらどのように向き合えばよいのかを、私達一人ひとりが日ごろから被害者の声に耳を傾け、考えることが大切です。 
犯罪被害給付制度
「犯罪被害者給付制度とは」
 通り魔殺人事件等の故意の犯罪行為により、不慮の死を遂げた犯罪被害者の遺族又は身体に重大な負傷、疾病を受け若しくは障害が残った犯罪被害者に対して、社会の連帯共助の精神に基づき、国が給付金を支給し、その精神的、経済的打撃の緩和を図ろうとする制度です。
「遺族給付金」
  亡くなられた方のご遺族(法で定められた第一順位遺族の方)に対して給付されるものです。
「重傷病給付金」
1 平成18年4月1日から平成20年6月30日までの間の犯罪被害  
 加療1ヶ月以上、かつ、入院3日以上の怪我(疾病)を負った犯罪被害者に対して、その自己負担相当額が給付されるものです。
 支給対象となるのは、負傷(発症)から1年間の自己負担金相当額です。
2 平成20年7月1日以降の犯罪被害
 ア 加療1ヶ月以上、かつ、入院3日以上の怪我(疾病)を負った犯罪被害者に対して、その自己負担相当額が給付されるものです。
 イ 療養のために休業を余儀なくされた期間等に応じて給付金の加算がされることがあります。ただし、自己負担金相当額との合計で120万円が限度となります。
※ いずれも精神疾患の場合は、入院要件(3日間)の規定が除外されますが、その症状の程度が3日間以上労務に服することができない程度であったとの医師の証明が必要になります。
「障害給付金」
身体に障害(第1級から第14級)が残ってしまった犯罪被害者に対して給付されるものです。
相談窓口 
 被害相談窓口のご案内のロゴ  のページにリンク
戻る トップへ