トップページ逗子警察署案内>沿革

逗子警察署の沿革
  明治10年(1877)2月、横須賀警察署が設置され、田越村(現逗子市)はその管轄下におかれた。
 明治43年(1910)4月、葉山町に横須賀警察署葉山分署が設置されたのに伴い、田越村は葉山分署の管轄下となる。
 大正3年(1914)年7月、逗子警察署の前身である逗子巡査部長派出所が新設され、逗子・新宿・小坪・桜山・池子の各巡査駐在所を監督した。
 大正9年(1920)1月には、横須賀警察署から葉山分署が独立して葉山警察署になり、葉山分署逗子巡査部長派出所は、葉山警察署巡査部長派出所と名称を変更した。
 大正12年(1923)10月、逗子巡査部長派出所は警部補派出所に昇格するが、太平洋戦争中の昭和18年4月、逗子町が横須賀市に合併されたのに伴い、横須賀警察署逗子警部補派出所と改称した。
 自治体警察制度の施行により、昭和23年3月、横須賀市警察逗子警察署が発足して以後、昭和25年7月横須賀市から逗子町が分離独立したのに伴い逗子町警察署、昭和27年6月逗子地区警察署と改称した。
 昭和29年7月には、再度の警察制度の改革により神奈川県逗子警察署と改称し、昭和48年3月30日、現在の庁舎を市内桜山に新築、移転し現在に至っている。
逗子警察署殉職者について
トップへ