堀内交番だより平成29年9月号テキスト版

平成29年9月号
葉山警察署堀内交番 876−0110
みんなでつくろう安心の街
9月11日は「警察相談の日」です。知っていましたか?
県警察では、急を要しない事案や相談、警察に対する要望、意見等を受け付けています。一人で悩まず、警察本部の相談室や警察署住民相談係にお電話ください。
本部相談室045-664-9110
葉山警察署住民相談係046-876-0110
巡回連絡活動強化中
〇「巡回連絡カード」への記入に御協力ください
交番や駐在所の警察官は、巡回連絡で皆さんの御家庭や会社等に訪問した際に「巡回連絡カード」への記入をお願いしています。
このカードは、大地震が発生した場合の御家族の安否確認や事件・事故に巻き込まれた場合、迷子・高齢者を保護した場合の御家族への連絡等に活用しています。
〇皆さんの要望・意見・相談をお聞かせください
警察官が御家庭を訪問した際に、犯罪や交通事故の予防等に必要な情報を提供するほか、皆さんからは
・あそこの公園に不審な人が出没する
・夜になると暴走族がうるさい
・隣の家から子供の泣き声が聞こえる
・隣の部屋に大勢の若い男が出入りしている。電話で何かを話しているようだ。
等の色々な御相談をお聞かせください。
◎秋の全国交通安全運動
県警察では、9月21日から9月30日まで、「安全は心と時間のゆとりから」「高齢者模範を示そう交通マナー」をスローガンに、秋の全国交通安全運動を実施し、交通事故防止を重点に置いた交通取り締まりを強化します。
ドライバーの方は、高齢の歩行者を見かけたら、減速や徐行する等、思いやりのある運転をしましょう。
歩行者は夜間、周りに気づかれやすい明るい服装や反射材を身につけて外出しましょう。
◎特殊詐欺の発生が止まりません!
○最近の手口
県内で増加している手口の一つに「キャッシュカードを直接だまし取る手口」があります。実在するデパートの従業員を名乗り、電話で「あなたのクレジットカードを使って買い物をしようとしている人がいる。」や「あなたの個人情報が漏れていて、クレジットカードが偽造されている。」などとだましてきます。
その後、銀行協会の職員を名乗る犯人から「あなたの口座の預金が危ないので、キャッシュカードを取り換えた方がいいですよ。」などと話し、暗証番号を聞き出した後に、直接キャッシュカードを受け取りに来て、預金を引き出されてしまうものです。面識のない人には、絶対に暗証番号を教えたり、キャッシュカードを渡してはいけません。
○特殊詐欺の被害に遭わないために
息子や孫などから「携帯電話の番号が変わった」という連絡があったら、必ず変更前の番号に電話をかけて確認しましょう。
○「今から(上司、部下、警察、銀行協会)がお金を取りに行く」と言われたら詐欺を疑い、警察や家族に相談してください。
何よりも、自分だけは大丈夫と思い込まないこと!!

戻る

トップページへ