葉山警察署交通課からのお知らせ
自転車運転者講習制度について  
 
自転車の運転による交通の危険を防止するための講習に関する規定の整備
 自転車の運転に関して、信号無視などの一定の危険行為()を反復していた者が、更に自転車を運転して交通の危険を生じさせるおそれがあると認めるときは、自転車運転者講習の受講を義務つけることとなりました。受講の命令に従わなかった場合は、5万円以下の罰金となります。【道路交通法(以下同じ。)第108条の2第1項第14号、第108条の3の4及び第120条第1項第17号】
対象者 危険行為を3年以内に2回以上反復して行った自転車運転者(14歳以上の者)→公安委員会による受講命令→受講 自転車運転者講習 講習時間3時間 講習手数料5,700円 受講命令に違反した場合5万円以下の罰金 
講習は、交通総務課安全係(交通安全教育隊)の担当者が自動車運転免許試験場において行います。
受講対象者は、危険行為を3年以内に2回以上繰り返し行った自転車運転者となります。
  ※危険行為での検挙が前提となることから、刑法上の責任年齢である14歳以上の者が受講の対象となります。
   
    「危険行為」とは…
  次の14類型の違反となります。
  信号無視【法第7条】
  通行禁止違反【法第8条第1項】 
  歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)【法第9条】
  通行区分違反【法第17条第1項、第4項又は第6項】
  路側帯通行時の歩行者の通行妨害【法第17条の2第2項】
  遮断踏切立入り【法第33条第2項】
  交差点安全進行義務違反等【法第36条】
  交差点優先車妨害等【法第37条】
  環状交差点安全進行義務違反等【法第37条の2】
  10 指定場所一時不停止等【法第43条】
  11 歩道通行時の通行方法違反【法第63条の4第2項】
  12 制動装置(ブレーキ)不良自転車運転【法第63条の9第1項】
  13 酒酔い運転【法第65条第1項(法第117条の2第1号に規定するものに限る)】
  14 安全運転義務違反【法第70条】
   
 
ルールやマナーを守って安全に自転車を利用しましょう
 
   自転車運転者講習制度について詳しく知りたい方は、こちらをご覧下さい。   
 自転車運転者講習制度について (県警本部ホームページへ)
  トップページへ