あんぜん 交通 こうばん 事件 トピックス とうけい マップ
ホーム 新着 お知らせ よくある
問い合わせ
そうだん 警察署協議会 イラスト 警察本部ホームページ
神奈川県警察本部トップ / 警察署一覧
 交通
前月末までの交通事故のとうけい
平成29年中の人身交通事故のとうけい

交通総務係 運転免許の更新について
自動車の保管場所(車庫)証明手続きについて
地域交通安全活動推進委員について
交通捜査係 交通事故について
交通指導係 飲酒運転の情報提供のお願い
藤沢北警察署速度取締り指針
交通安全 御存知ですか? 安全運転管理者制度 (警察本部のページへ)
駐車監視員活動ガイドライン (警察本部のホームページへ)

交通総務係
運転免許証の更新について
 運転免許証の更新に該当する方は、公安委員会から更新案内のはがきが郵送されていると思われますが、窓口において免許更新時の講習、運転免許証の交付についてのご質問が多く寄せられます。
 更新連絡書のはがきに講習に関すること、交付に関することが記載されておりますが、要点を整理します。
 藤沢北警察署管内に住所を有する方の運転免許更新手続は、
 藤沢北警察署の窓口・二俣川運転免許試験場のほか、

 ○優良運転者講習に該当する方
 ○高齢者講習を受講された方
 ○更新時講習又は高齢者講習を免除される方
 (運転免許取得者教育、特定任意高齢者講習等を受けた方)
は、鎌倉警察署でも手続が可能です。
受付の警察官の絵
藤沢北警察署管内に住所を有する方が手続できる場所
藤沢北警察署 運転免許試験場 鎌倉警察署
 優良運転者講習該当者
 一般運転者講習該当者 ○(注) ×(受付できません。)
 違反運転者講習該当者 ○(注) ×(受付できません。)
 初回更新者講習該当者 ○(注) ×(受付できません。)
 高齢者講習受講者
 更新時講習又は高齢者講習免除者
※(注) 受付した日とは別の日に講習を受講していただきます。
受付
藤沢北警察署及び鎌倉警察署 運転免許試験場
月曜日から金曜日
(土曜日・日曜日・祝日・休日・年末年始の休日を除く。)
月曜日から金曜日 及び 日曜日
(土曜日・祝日・休日・年末年始の休日を除く。)
受付時間については、講習区分ごとに違います。
藤沢北警察署 運転免許試験場 鎌倉警察署
 優良運転者講習該当者 午前8時30分〜11時30分
午後1時〜4時30分
午前8時30分〜11時
午後1時〜4時
午前8時30分〜11時
午後1時〜4時
 一般運転者講習該当者 午前8時30分〜12時
午後1時〜5時15分
午前8時30分〜11時
午後1時〜3時
×(受付できません。)
 違反運転者講習該当者 午前8時30分〜12時
午後1時〜5時15分
午前8時30分〜11時
午後1時〜2時30分
×(受付できません。)
 初回更新者講習該当者 午前8時30分〜12時
午後1時〜5時15分
午前9時〜9時50分
午後1時〜1時50分
×(受付できません。)
 高齢者講習受講者 午前8時30分〜12時
午後1時〜5時15分
午前8時30分〜11時
午後1時〜4時
午前8時30分〜11時
午後1時〜4時
 更新時講習又は
 高齢者講習免除者
午前8時30分〜12時
午後1時〜5時15分
午前8時30分〜11時
午後1時〜4時
午前8時30分〜11時
午後1時〜4時
必要書類等
 
必要書類・手数料・手続の順序等については下のリンクから警察本部のページをご覧ください。
藤沢北警察署で手続する方はこちら (警察本部のページへ)
運転免許試験場で手続する方はこちら (警察本部のページへ)
鎌倉警察署で手続する方はこちら (警察本部のページへ)
このページの先頭へ戻る
自動車の保管場所(車庫)証明手続きについて
書類の提出先
 保管場所(車庫)を管轄する警察署

受付時間
  月曜日から金曜日(祝日及び12月29日から1月3日の間は除く)
  午前8時30分から午後0時及び午後1時から午後5時15分

電子申請
  電子申請ができる対象範囲は、新車購入(新車新規登録する自家用車)に限られます。
 詳細は登録自動車の保管場所(車庫)証明の通知申請手続き(電子申請による場合)(警察本部のページ)をご覧ください。

保管場所証明申請書等ダウンロード(PDFファイル)
 
こちらから申請書等の書類がPDFでダウンロードできます。(警察本部のページへ)


申請・届出に関する詳細は、警察本部のページをご覧ください。
  ・自動車保管場所手続きに関する注意事項
  ・窓口申請  登録自動車の保管場所証明交付申請手続き
  ・窓口届出  登録自動車の保管場所変更届出手続き
  ・窓口届出  軽自動車の届出手続き
  ・再交付申請(証明書・標章)の手続き
このページの先頭へ戻る
地域交通安全活動推進委員について
藤沢北警察署では、次の25人の方を管内の地域交通安全活動推進委員として委嘱しています。
 委嘱期間は、平成29年1月1日から平成30年12月31日までの2年間です。
   (敬称略・順不同)
安西  f 深田 義道 古郡  徹 関水 孝志 木内  明
山本 三郎 松嶋 正樹 野口 徳儀 眞壁 初枝 深瀬 正二
飛澤 静子 柴田 吉光 入内嶋 晃 福室 詔子 伊澤  優
大野 英二 落合  功 伊澤 金光 田中 裕子 福井 英之
小玉  徹 根岸 武己 稲葉 敏幸 角川 膨行 片山 利通

このページの先頭へ戻る

交通捜査係
交通事故について
◎物損事故から人身事故に切り替えをしたいのだが…  
◎事故の届出が遅れてしまったのだが…どうしたらいいか
*ただし、藤沢北警察署管内で発生した交通事故に限ります。

◎ すでに物損事故の届出を出されている方が、人身事故に切り替える場合
◎ 発生当日に、事故を届けられなかった方の場合


については、
当署交通捜査係ではあらかじめ日にちを指定して、切り替えまたは取扱いを受けております。  (ただし、取扱時間は「平日の午前9時」あるいは「午後1時」のみの取扱いとなります。) 
 

1 届け出に必要な人
 事故を起こした車両の運転者をはじめ、関係した車両の運転手、怪我をされた方にも来ていただく事になります。 
2 届け出に必要な物
● 医師の診断書(怪我をされた方)
  
診断書には必ず、受傷日、初診日、治療期間を必ず記載し、自分の名前、生年月日に記載の誤りがないか確認してください。
  訂正がある場合は医師の訂正印が必要になるので、提出前に必ず確認をお願いします。

● 運転者の自動車運転免許証
● 事故車両
◎物損事故から人身事故へ切り替えの場合
 事故を起こした車両をお持ち下さい。(ただし、修理中、自走不能の場合はナンバーを入れて、破損部分を明らかにしたカラー写真数枚用意)
◎初めて届け出られる場合
 事故を起こした車両を、藤沢北警察署までお持ち下さい
● 自動車検査証、自賠責保険証
車検証のない二輪の場合は届出済証、原付等にあっては標識交付証明書が必要です。
● 認印         
  
シャチハタ、ゴム印は、不可です。
3 受付時間
平日の午前8時30分から午後5時15分までの間に、交通捜査係まであらかじめ電話をし、予約を取ってください。
4 注意事項
 事前によく相手方と連絡を取ってから、当交通捜査係に連絡をお願いします。
 取扱い当日は、藤沢北
察署に集合していただきます。事故現場ではありません。

このページの先頭へ戻る

交通指導係

藤沢北警察署の速度取締り指針です。(平成28年3月18日掲載)
 藤沢北警察署の速度取締り重点
 重点路線  重点時間帯  区域  規制速度
県道22号線 7時から12時まで
14時から22時まで
用田・葛原地区 時速50キロメートル
 重点以外の場所、時間帯であっても、取締りを実施することがあります。
詳細については、PDFファイルをご覧ください。
速度取締り指針(PDFファイル:428KB)  (テキストファイル2KB)
 藤沢北警察署管内では、平成27年中、4件の交通死亡事故が発生し、4人の方が亡くなっております。交通死亡事故をなくすために、速度違反をはじめ、通行禁止違反等の取締りを強化します。藤沢北警察署の速度取締り指針を御確認ください。(重点以外の場所、時間帯であっても、交通取締りを実施する場合があります。)
 藤沢北警察署管内における交通事故の実態
 事故の発生時間帯は、8時から12時、14時から20時で、朝夕の通勤、通学の時間帯で交通量が増加するのに比例して、事故が発生する確率が高くなっています。事故の形態では、車両同士では追突事故が多く、人と車の事故は横断歩道横断中の事故が多いです。
このページの先頭へ戻る

飲酒運転の情報提供のお願い
飲酒運転による悲しい現実を知っていますか

人生の破滅が待っているだけです。
事故は起こさなかったが・・・・・・
飲酒運転で実刑判決を受けたSさんの手記
飲酒運転に対する甘い認識
 私は以前、とても愚かな交通違反である飲酒運転をしてしまい「人生の破滅」を身をもって受けています。飲酒しても、事故を起こさなければ大丈夫だろう。そんな安易で自分勝手な考えが、「人生の破滅」を招くこととなりました。後で知ったのですが、ビール500ミリリットル缶1本でも、アルコールが体から抜け切るのは5時間を要するそうです。アルコールを体内に保有して運転することは、運動能力や判断能力が著しく低下した状況であるため重大な事故を引き起こす危険性があるのです。
飲酒運転で現行犯逮捕
 私は、以前にも酒気帯び運転で起訴されたことがありました。その時の判決は『罰金だけ』の温情のあるものでしたが、そのことを深く考えず、再びお酒を口にして車を運転してしまい飲酒運転で現行犯逮捕されてしまったのです。前は、罰金刑だったし、今回も事故を起こしたわけではないので厳しい処罰はないだろうとたかをくくっていたのですが、警察の留置場に入れられてしまいました。留置場では窃盗や覚せい剤で逮捕された人がいて、私は今までまったく接触したことのない人たちと8畳ほどの外も見えない世間から隔離された別世界に留置され一緒に過ごすこととなり、自分の犯した罪がどれほど重い罪であったかを実感しました。飲酒運転した道順などの実況見分では、走行を開始した民間パーキングで手錠と腰縄を付けられたまま駐車場の位置を指示している私を見て、子供連れのお母さんが小さな子供の目を覆いながら逃げるようにその場から離れていきました。留置場から一時出られるのは、厳しい取り調べの時か、検察庁に向かうときだけです。その時でも、手錠や腰縄はされたままです。10日間の拘留を過ぎれば、留置場を出られると思っていましたが、拘留も延長されてしまい、まだ今後も留置場に居なければならないと思うと、絶望感で、気が狂いそうになりました。
懲役6か月の実刑判決
 私は、思いもよらなかった懲役6か月の実刑判決を受け、刑務所に服役することになってしまいました。私は、真面目に刑務所での生活をして、出所することができました。しかし、正当な理由なく会社を欠勤したこと、正社員としての適格性が無いと判断されたことから、会社は退職せざるを得ませんでした。そして、家族からも嫌がられることとなり、私は自暴自棄になり、家族に理由なく怒鳴り散らしたりしたことから、妻には離婚され、かわいがっていた娘も私と会うことすら拒むようになり、今まで一度も会ってはくれません。
戻りたいあの日に・・・
 飲酒運転をしてしまった日に戻れるのなら、戻りたいです。絶対に飲酒運転などしません。私は、飲酒運転で第三者を巻き込むような交通事故を起こしてはいませんが、新聞には、飲酒運転による事故は毎日のように掲載されています。私のように『人生の破滅』を迎えている人が後を絶たないのが現状です。飲酒運転はとても重大な犯罪です。道路交通法を甘く見ていた私の軽率な考えが、現在の私に降りかかっている現実なのです。『人生の破滅』を迎えた私には、もう明るく楽しい人生は待っていないのです。
飲酒運転を根絶するために、皆さんの情報を待っています。飲酒運転をしている人や、飲酒運転をさせているお店の情報提供をお願いします。
藤沢北警察署 交通課 交通指導係 0466−45−0110

このページの先頭へ戻る