ピーガルくん Kanagawa Prefecture, Uraga Police Station
ペリー君とパト船
神奈川県浦賀警察署
警察署案内 交番案内 トピックス 各種手続き
交通安全情報 生活安全情報 発生・検挙情報 統計
サイトマップ
トップページ生活安全情報>暴力団の壊滅を目指して

暴力団の壊滅を目指して

 指定暴力団六代目山口組から、平成27年8月末に一部の組織が離脱し神戸山口組を立ち上げ、両組織は現在対立抗争状態となっており、全国各地で銃器や火炎瓶等を使用した対立抗争事件が約80件(平成28年7月21日現在)発生しています。
 本県においても、厚木市内を拠点とする六代目山口組弘道会傘下組織に対する建造物損壊事件等が発生していることから、県警では平成28年3月9日「六代目山口組・神戸山口組対立抗争集中取締本部」を設置し、「取締りの徹底」「警戒の強化」「関連情報の収集」を柱として諸対策を推進しています。
 県警察では、対立抗争事件への対応に加え、反社会的な勢力である暴力団の排除に取り組んでおり、県民の皆様から広く暴力団に関する情報を収集しています。
暴力団排除のイラスト 対立抗争に関すること
  • 暴力団事務所に多数の組員や車が集まっている
  • 暴力団員風の男が、多数出入りするマンションや家屋がある
  • 暴力団員風の男が、多数い集し怒鳴り合っている
  • 暴力団員風の男が、マンションの敷地に何回も出入りしている
暴力団の資金獲得活動に関すること
  • 暴力団員に「みかじめ料」や「用心棒代」、「後援会費」を要求された
  • 契約に関し、暴力団排除条項の説明を行ったところ、署名を拒否した
  • 暴力団が経営する会社が取引を強要をしてきた
その他暴力団に関すること
  • マンション等の賃貸契約後、暴力団員風の男の出入りが頻繁になった
  • 暴力団員から暴力団事務所に来るよう強要された
暴力団に関する情報はささいなことでも構いませんので、下記まで気軽にお知らせ下さい

○ 各警察署刑事課
○ 県警警察本部暴力団対策課
 暴力団からの不当要求に関する相談
 0120-797049(ナクナレヨウキュウ)
 暴力団排除条例に関する相談
 0120-110-675
○ 公益財団法人神奈川県暴力追放推進センター
 045-201-8930(ヤクザゼロ)

暴力団は街の敵

 暴力団は、警察の戦略的な組織犯罪の取締りと、県民の皆さんや地域・職域に結成された暴力団排除組織等との連携した暴力団排除意識の高揚により、その活動の場が狭められています。
  しかし、山口組を始めとする広域暴力団の寡占化が一層進む中で、従来の資金獲得活動に加え、その活動を社会経済情勢の変化に対応して多様化・不透明化させるなど、依然として県民生活や経済活動に脅威を与えています。
  • 暴力団が空き家やマンション等の空き室に理由もなく居座ってしまい困っている。
  • マンション等の賃貸借契約書、暴力団員風の人間の出入りが頻繁になって困っている。
  • 暴力団員が拳銃を持っている。
  • 債権・債務の権利関係に暴力団員が介入してきて困っている。
  • 暴力団員に「みかじめ料」「用心棒代」を要求されて困っている。
  • 会社や建設現場事務所等に「寄付金・賛助金」などの名目で金員を要求されて困っている。
  • 子供や近所の少年・少女が暴力団員と付き合いがあり困っている。
 このようなことを見たり聞いたりした場合は、最寄の交番・警察署にお知らせください。警察は、犯罪の被害者、関係者、通報者等の秘密や安全を守りつつ、事件の検挙活動に努めておりますので、県民の皆さんの積極的な情報提供をお待ちしております。
暴力団追放のイラスト

暴力団から被害に遭わないために

 暴力団は、活動資金を得るために、賭博や違法薬物の密売などの犯罪行為を行っているほか、飲食店などに対して、みかじめ料や用心棒代などの名目で、支払う義務のないお金を要求したり、おしぼりの購入や観葉植物のリース契約を結ぶように要求するなどの不当な要求行為を行っています。
 これから年末年始を迎え、暴力団が正月用のしめ縄やお飾り、門松などの購入を不当に要求する行為が増えることが予想されます。
 暴力団から不当な要求を受けたら、すぐ警察に連絡して下さい。
Back