ピーガルくん Kanagawa Prefecture, Uraga Police Station
ペリー君とパト船
神奈川県浦賀警察署
警察署案内 交番案内 トピックス 各種手続き
交通安全情報 生活安全情報 発生・検挙情報 統計
サイトマップ
トップページ生活安全情報>インターネットがもたらす危険性

インターネットがもたらす危険性

SNSがもたらす危険性

  • SNSを通じた出会いからの被害
    犯罪者は理解者のふりをして、子供に近づいてきます。実際に会うのは危険です。
  • 援助交際をきっかけとした被害
    援助交際には、大きな危険が伴います。中には、暴力団員等の犯罪者から脅迫や監禁等の被害に遭わされたケースもあります。
  • なりすましによる被害
    友達の友達は「知っている人」ではありません。あなたを狙う犯罪者かもしれません。
    犯罪者に手の込んだ手口を使われると子供だけで手に負えないことがあります。親、先生、警察にすぐ相談を!
携帯を使う女の子のイラスト

フィルタリングを必ず利用しましょう

  • 子供が使う携帯電話やスマートフォンは購入時に販売店でフィルタリングの設定をしましょう。
  • 保護者が使っているスマートフォンを子供に使わせる場合は、販売店でフィルタリングサービスを受けたり、アプリに対するフィルタリングを使いましょう。
  • 子供にせがまれても安易にフィルタリングを解除しないようにしましょう。
パソコンのイラスト

知っていますか?インターネットがもたらす危険性

○ スマートフォンや携帯電話だけでなく、ゲーム機やテレビ等でもインターネット機能を有するものがあり、フィルタリングや個別の機能制限をしないと、子供を有害な環境にさらすことになり、非常に危険です。

○ 掲示板、ゲームサイト、コミュニティサイト等では、見ず知らずの人と知り合い、交信することができるため、悪意のある大人が子供を狙って接近したり、子供同士で誹謗・中傷するなど、インターネットを介した犯罪被害やトラブルが増えています。

○ 安全が確認されていないアプリをインストールすると、ウィルス感染により端末内の個人情報や位置情報等が漏洩したり、端末を遠隔操作(通話やメール発信)されることがあります。
 
○ スマートフォン等での無料通話アプリを利用し、IDを交換して見知らぬ人と会い、犯罪被害に遭うケースがみられます。

○ インターネットの利用には、情報の発信者・受信者それぞれに責任があります。犯罪や無用なトラブルに巻き込まれないようサイバー空間における言動にもきちんと責任を持ちましょう。

○ インターネット利用に伴うリスクを理解させるとともに、サイバー空間でも現実社会と同様に「やっていいこと悪いこと」があることを教えましょう。

インターネットがもたらす危険性から子どもを守るために

○ 子供に「3つの力」をつけさせましょう。
  • 判断力(情報の正否、危険性の有無、行動の善悪等を見極める)
  • 責任力(自己責任で使う)
  • 自制力(誘惑に負けない)
○ フィルタリング(有害情報アクセス制限)を設定することは、子どもを守るための最低限の防衛手段です。
○ 保護者による見守りや管理(ペアレンタルコントロール)が大切です。インターネットの「使い方」を教えるのではなく、「使い道」を親子で考えましょう。
  • 子供が使用するインターネット端末にはフィルタリングを設定する
  • フィルタリングが機能しているか、どんなアプリを使っているかなど、インターネット端末の使用状況を確認する
  • 個人情報や誹謗中傷等をネット上に書き込む行為や、コミュニティサイトで見ず知らずの他人と交流することの危険性等について話し合い、「インターネットで知り合った人とは絶対に会わない」などといったルール作りをする

○ 次のようなことは話し合いましょう。
  • 出会い系サイトは、「見ない!書き込まない!絶対会わない!」
  • 個人情報は絶対に教えない、書き込まない
  • 掲示板には誹謗・中傷・悪口は絶対に書かない
  • 「やっていいことと悪いこと」をしっかり理解し、「悪いことはやらない。」という気持ちを持つ
  • 携帯電話の正しい使い方について考える
 ※ 詳しくは「インターネットがもたらす危険性とペアレンタルコントロールの重要性」(警察本部ホームページ)をご覧下さい。
Back