ピーガルくん Kanagawa Prefecture, Uraga Police Station
ペリー君とパト船
神奈川県浦賀警察署
警察署案内 交番案内 トピックス 各種手続き
交通安全情報 生活安全情報 発生・検挙情報 統計
サイトマップ
トップページ各種手続き>被害者支援

被害者支援

犯罪被害給付金制度

 犯罪被害給付金制度とは、殺人事件等の故意の犯罪により、不慮の死を遂げた犯罪被害者の遺族又は身体に重大な負傷、疾病を受け若しくは障害が残った犯罪被害者に対して、社会の連帯共助の精神に基づき、国が給付金を支給し、その精神的、経済的打撃の緩和を図ろうとする制度です。

給付金の種類

遺族給付金 被害者の御遺族(第一順位遺族)の方に支給されます。
重傷病給付金 加療1か月以上かつ入院3日以上の負傷又は疾病を負った方に支給されます。
※精神疾患の場合は、入院要件が除外されますが、その症状の程度が「3日以上労務に服することができない」ことが要件になります。
※重傷病給付金は1年間を限度として、医療費の自己負担金相当額(保険診療適用後)と休業損害を考慮した額(有職者)の合算額が支給されます。(上限額120万円)
障害給付金 身体に障害(法に定める第1級から第14級)が残った方に支給されます。

 ※ 交通事故及び空き巣・自動車盗等の財産犯、詐欺等の身体犯以外の犯罪による被害は対象外です。

申請の期限

 給付金は、犯罪被害による死亡、重傷病又は障害の発生を知った日から2年(知った日とは、申請者が当該犯罪による被害を知った日をいう。)
 または、当該死亡、重傷病又は障害が発生した日から7年(発生した日とは、当該犯罪による被害が発生した日をいう。)

 ※ 特例措置
   上記期間を経過した場合も、被害者が加害者に長期間身体を拘束される等の止むを得ない理由により申請期間を経過した場合は、当該理由が止んだ日から6か月以内であれば、申請が可能となる場合があります。

 犯罪被害給付金制度における申請手続等は、申請者の住所地を管轄する都道府県公安委員会(窓口は警視庁又は各道府県警察本部)で行っています。
 
 詳しくは「犯罪被害給付金制度」のご案内(警察本部ホームページ)をご覧ください。
Back