生活安全課



境界線


「オレオレ詐欺」にご注意を!!

振り込め詐欺のイラスト  横須賀警察署管内では、子どもさんやお孫さんを装って大金を振り込むよう指示する「オレオレ詐欺」の被害が依然として後を絶ちません。

 手口としては、従来横行していた交通事故の示談名目は減少し、
  • 「会社のお金を使い込んだ」
  • 「痴漢をしてその示談金が必要」
  • 「知人の連帯保証人になって返済しないといけないことになった」
などと泣きながら、相手を言葉巧みにだまして、口座を指定して振り込ませるケースが目立っています。

 「オレオレ詐欺」の被害に遭わないためには、「振り込め電話」があったら、
  • まず「詐欺ではないか」と疑うこと
  • 一人で判断しないで家族や最寄りの警察に相談すること
  • 掛かってきた電話の主が自分のお孫さんやお子さんだったかを電話をかけ直して確認すること
  • 事実と確認できるまでお金を振り込まないこと
  • 不安に思ったら警察に相談すること


境界線




サイバー犯罪に気をつけよう!

 情報技術を悪用する「サイバー犯罪」は、年々増加しており、サイバー社会の危険性を知らずに、パソコンや携帯電話から気軽に インターネットを使っていると被害者になってしまうことがあります。特にサイバー社会は、「匿名性が高い」、「犯罪の痕跡も残りづらい」、「国境すら越えられる」等といった特徴 から犯罪者にとっても都合がいい社会です。一般の利用者がインターネットを「便利」だと思って使っている以上に犯罪者たちは「便利」だと思って使っているということを よく理解しておく必要があります。また、サイバー社会では、「こんなことしても大丈夫だろう」等という軽い気持ちで行った行為が犯罪になることもあります。

中学校・高等学校のみなさんへ・・・サイバー犯罪について、こちらをご覧ください。(PDFファイル489KB)

警察庁作成のビデオもあります。(子供に持たせる「携帯電話の注意」もありますので、参考にしてください。)


このページのトップへ↑


境界線



トップページに戻る