イラスト:中原警察署
ロゴ:郵便番号211-0063川崎市中原区小杉町3丁目256番地 イラスト:電話 ロゴ:044(722)0110 ボタン:神奈川県警本部 ボタン:警察署一覧
トップページ地域課<目次>交番案内>交番だより(テキスト版)
ボタン:警務課ボタン:会計課ボタン:生活安全課ボタン:地域課ボタン:刑事課ボタン:交通課ボタン:警備課
ボタン:トップページボタン:中原警察署への案内ボタン:中原警察署のあゆみボタン:署長室よりボタン:お知らせボタン:免許更新ボタン:中原署Newsボタン:各種統計ボタン:交番案内
↑  Topへ戻る
↑  Topへ戻る
↑  Topへ戻る
↑  Topへ戻る
↑  Topへ戻る
↑  Topへ戻る
↑  Topへ戻る
↑  Topへ戻る
↑  Topへ戻る
↑  Topへ戻る
↑  Topへ戻る
↑  Topへ戻る
↑  Topへ戻る
↑  Topへ戻る
↑  Topへ戻る
↑  Topへ戻る
↑  Topへ戻る

交番だより(テキスト版)


交番だより10月号


1.特殊詐欺撲滅対策強化期間
中原警察署では、10月1日から10月30日までの間特殊詐欺撲滅強化期間として、全力を挙げて取り組んでおります!
落ち着いて こんな電話はサギ!?
「会社の小切手を失くした。」
「会社の金を使い込んだ。」
「今日中に補填しないとクビになる。」
「会社の○○に、お金を渡して。」
というような家族のふりをした従来型のオレオレ詐欺の他に、現在、神奈川県内では
「あなたの名義で社債を購入します。」
「あなたの名義で購入した社債がトラブルになり、裁判になる。」
「ロト6の当選情報を提供します。」
「パチンコ必勝法の情報を提供します。」
などの、情報提供料や裁判の示談金などが必要といった詐欺が急増しています。
このような、身に覚えのない電話や、社債に関する書類が届いたら、それらはすべて詐欺と思われますので、お金を支払う前に必ず110番または最寄りの警察署に通報してください!!
カバンなくした。
キャッシュカード預かります。
ATMで還付金の手続きを。
有料サイトの料金が未払い。
こんな電話かかってきてない?
電話でお金やキャッシュカードの話が出たら、詐欺
一旦切って、確認・相談を

2.巡回連絡にご協力をお願いします。
交番の警察官が、みなさんの自宅や会社を訪問し、
・大規模災害発生時の安否確認
・迷子や高齢者を保護した際の連絡
・事件・事故等非常時の連絡
などが速やかに出来るように「巡回連絡カード」の記入をお願いしています。
警察官がお伺いした際は、カードの記入にご協力をお願いします。

3.暴力団の壊滅を目指して
・近くに暴力団員風の男が出入りする部屋がある。
・マンション等の賃貸借契約後、暴力団員風の男の出入りが頻繁になった。
・不動産売買に絡んで暴力団員が介入してきた。
・交通事故等の示談交渉、債権・債務の交渉に暴力団員が介入してきた。
・暴力団員に「みかじめ料」、「用心棒代」や「後援会費」を要求された。
・暴力団員が経営している店がある。
・暴力団に「みかじめ料」や「用心棒代」を支払ったり、「熊手」や「お飾り」「おしぼり」「観葉植物」を購入、リースしている店や会社がある。
・少年が暴力団事務所に出入りしている。
などなど・・・。

4.女性を狙った変質者に注意!性犯罪被害に遭わないために
(1)帰宅するとき
深夜の帰宅は、家族に迎えに来てもらう、タクシーを利用するなど、一人歩きは避けましょう。
携帯電話やヘッドホンを使用しながらの歩行は、周囲の物音が聞こえないなど警戒心が薄れて、被害に遭う危険性がありますので控えましょう。
(2)自宅に入るとき
周囲に人がいないことを確認した後に玄関を開けましょう。
「ただいま」など大きな声を出しながら鍵を開けるのも一つの方法です。
開場後は素早く家の中に入り、必ず鍵をかけましょう。
(3)自宅に居るとき
就寝前にもう一度、玄関だけでなく、窓の戸締りも確認しましょう。
(4)暑い夜はエアコン等を利用し、ベランダや小窓、高窓の鍵を必ずかけましょう。
(5)来訪者は、相手を確認した後にドアを開けましょう。

5.特殊詐欺に関する情報提供をお願いします!
県警では、皆様からの情報を被害拡大防止対策に役立てるほか「だまされた振り作戦」を実施して犯人を捕まえることができます。また現金やキャッシュカード等を直接だまし取りにくる犯人は、昼間の時間帯にスーツ姿で住宅地をウロウロしたり、携帯電話で頻繁に会話しながら歩いている場合があります。不審な電話がかかってきたり不審な者を見かけたら、110番、最寄りの警察署又は振り込め詐欺情報ホットラインに通報してください。
振り込め詐欺専用ホットライン
受付電話 平日 午前8時30分〜午後5時15分 電話045(651)7970

交番だより9月号


1.9月21日から9月30日まで 秋の全国交通安全運動!
・夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗車中の交通事故防止
・全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
・飲酒運転の根絶
二輪車の交通事故防止を重点に、みなさんを交通事故から守るために、一人ひとりが交通安全について考え、交通ルールの遵守と交通マナーの向上に取り組むことを通じて交通事故防止の徹底を図ります。
・現在、高齢者・自転車・二輪車が関係する交通事故が依然として多い状況です。
・特に高齢者の方はこの時期夕暮れ時と夜間に外出する時は「反射材」を身につけ、活用しましょう。
「高齢者 模範を示そう 交通マナー」
「安全は 心と時間の ゆとりから」

2.自転車の盗難に気をつけて!!
中原警察署の管内では、武蔵小杉駅や元住吉駅等の主要な駅周辺にある駐輪場や駅周辺の路上での自転車の盗難事件が多発する傾向にあります。
中でも、カギのかけ忘れやカギの抜き忘れによる被害が約半数と増えてきています。
朝夕の通勤通学時や、お出かけなどで駅周辺の駐輪場などに自転車をとめる時は、カギのかけ忘れが無い様に十分気をつけてください。

3.特殊詐欺に関する情報提供をお願いします!
県警では、皆様からの情報を被害拡大防止対策に役立てるほか「だまされた振り作戦」を実施して犯人を捕まえることができます。また現金やキャッシュカード等を直接だまし取りにくる犯人は、昼間の時間帯にスーツ姿で住宅地をウロウロしたり、携帯電話で頻繁に会話しながら歩いている場合があります。不審な電話がかかってきたり不審な者を見かけたら、110番、最寄りの警察署または振り込め詐欺情報ホットラインに通報してください。
振り込め詐欺専用ホットライン
受付電話 平日 午前8時30分〜午後5時15分 電話045(651)7970

4.防災について考えてみよう!
1)日頃の備え〜家族で防災会議を開催しましょう。
・身の安全を確保できる場所と家具に対する安全の措置をとりましょう。
・地域の避難場所や避難経路を確認しましょう。
・家族との連絡方法を確認しましょう。NTT伝言ダイヤル「177」・災害用伝言等の活用
2)地震が起きたら
・自身の身の安全を最優先に行動しましょう。
・そして、屋内では・・・屋外では・・車内では・・火災や津波が起きたなら・・・等いろいろ想定し、考え直してみよう。
※神奈川県の津波浸水予測図で公表された津波高は17.1メートルとなっています。
3)台風や大雨に備える
・地域の気象情報を知りましょう。
・局地的大雨(ゲリラ豪雨)には注意しましょう。
・地域の特性を把握しましょう。
・早めの避難に心掛けましょう。
4)竜巻から身を守るには
・竜巻注意報が発令されたら、早めの避難開始を心掛けてください。
・竜巻の予兆について考えてみよう。
・竜巻が間近に迫ったら
・屋外にいるとき・・・屋内にいるとき・・・について想定し、考えてみよう。
5)おわりに
・災害時には、ラジオやテレビなどから正しい情報を入手しましょう。
・自身や家族の安全を確認したら近隣の人達の安全も確認しましょう。
災害時は助け合うことがもっとも大事です。

5.9月11日は「警察相談の日」
事件や事故に遭ったときは、「110番」に通報しますが、緊急ではない困りごと等を警察に相談するときには、「#9110」に電話してください。
相談に対しては専門の相談員がアドバイスするほか、必要に応じて専門の相談機関をご紹介します。
神奈川県外から神奈川県警察総合相談室にかける場合は045-664-9110におかけください。
中原警察署の(住民相談係)へは、044-722-0110に電話してください。

6.巡回連絡に協力を! 
交番で勤務する警察官が、みなさんのご家庭や会社などを訪問して、身近な犯罪の発生状況や、防犯指導、交通事故防止などの情報を提供するほか、警察に対するご意見やご要望などをお聞きするために「巡回連絡」を行っています。
お寄せいただいたご意見やご要望に対しては、誠意を持って問題の解決に努めますのでお気軽にご相談下さい。
なお、警察官が訪問した際に「巡回連絡カード」の新規記入や既に記入済みの内容を確認していただいています。
このカードは、迷子や高齢の方などを保護した際の家族への連絡や、大規模な災害や事件などの際に、みなさんの連絡に役立てるものです。
ご協力をお願いします。

「テロ・ゲリラ」事件根絶と過激派アジト発見にご協力ください。

交番だより8月号


1.落ち着いて!こんな電話はサギ!?
「会社の小切手を失くした」
「会社の金を使い込んだ」
「今日中に補填しないとクビになる」
「会社の○○に、お金を渡して」
というような家族のふりをした従来型のオレオレ詐欺の他に、現在、神奈川県内では「あなたの名義で社債を購入します」
「あなたの名義で購入した社債がトラブルになり、裁判になる」
「ロト6の当選情報を提供します」
「パチンコ必勝法の情報を提供します」
などの、情報提供料や裁判の示談金などが必要といった詐欺が急増しています。
このような、身に覚えのない電話や、社債に関する書類が届いたら、それらはすべて詐欺と思われますので、お金を支払う前に、必ず110番または最寄りの警察署に通報してください!!

2.自転車泥棒に気をつけましょう!
中原警察署の管内では、今年も多数の自転車が盗難の被害に遭っています。
盗まれた自転車の約半数が、鍵のかけ忘れによる被害です。
特に朝の通勤・通学で最寄駅まで自転車を利用し、駅近くの駐輪場などに自転車をとめる時には、先を急ぐあまり、鍵をかけ忘れたりしない様に、時間に余裕を持って行動しましょう。
自転車をとめた時は鍵のダブルロックが盗難防止には効果的です。
自転車はあなたの大切な交通手段です!
必ずツーロックを心がけましょう!

3.平成29年度神奈川県警察事務職員採用始まる。詳しくは県警ホームページへ。

4.災害に対する日頃からの備えを・・・8月30日から9月5日までは防災週間です。
平成23年3月に発生した東日本大震災では、多くの方々の尊い命が失われ、大切な財産が被害にあいました。
自然災害から家族や自分の身を守るためには、普段からの備えが非常に大切です。
いざという時のため、家族で話し合いを持ち、避難場所を決めたり、屋内の転落物の固定や非常時の持出品を準備するなど災害に備えましょう。
近年、広島県で発生したような、集中豪雨に起因した「土砂災害」は、各地で起こる危険性がありますので、テレビ、ラジオ、インターネット等を利用し、地域の気象情報を積極的に入手するようにしましょう。
台風や大雨などの災害に備えて!早めの避難を心がけましょう!
「ゲリラ豪雨」などの「集中豪雨」や大雨による災害が予想される時は、早期に情報を集め、早めの避難を心がけましょう。
避難するときの注意点!
・動きやすい服装を心がけてください。
・足元に十分注意して行動しましょう。
・避難する時は2人以上での行動が原則です。
・水の深さに注意してください。 無理をせず、救助を待ちましょう。
・高齢者や子供は特に安全を確保しましょう。

5.身元不明遺体の身元確認相談について
神奈川県警察では、不慮の事故で亡くなられ、身元がわからない御遺体の身元確認を行っています。
ご家族やご親戚の方の中で
・長期間にわたり音信不通である。
・事故に遭っているおそれがある。
などの行方不明者を捜されている方は、顔写真、身体特徴、血液型や、身元確認の参考となる資料を用意し、相談してください。
・相談先 神奈川県警察本部鑑識課
電話番号 045(641)0683(相談直通電話)
045(211)1212(県警本部代表)
・受付時間 月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分まで
(祝祭日及び12月29日から1月3日の間を除く)
・神奈川県警ホームページにおいて身元不明遺体の情報を掲載しております。
http://www.police.pref.kanagawa.jp/mes/mesc5002.htm

交番だより7月号


1.夏休みの自転車泥棒にご注意!!
自転車はあなたの大切な交通手段です!
夏休みは、子供達が自転車に乗る機会が増え、外出先で自転車をとめる事が多くなるので、きちんと鍵をかけるようにお父さん・お母さんからよく説明してあげて下さい。
また、旅行や帰省中にアパートやマンションの駐輪場等に自転車を置いておく時は、ツーロックするなどの防犯対策を心がけましょう。 

2.要注意!こんな電話はサギ!?
「会社の小切手を失くした」
「会社の金を使い込んだ」 
「今日中に補填しないとクビになる」
「あなただけにとっておきの未公開株情報を提供します」
不審な電話は落ち着いて、110番 または、中原警察署044-722-0110までご連絡下さい。
サギを見破る合言葉!
ちょっと待て、大事な用件 電話じゃ来ない 疑問を持ったらすぐ通報

3.海の事故・山の事故に気をつけて!
海の事故防止のために
(1)遊泳禁止場所でないか確認しましょう。
(2)体調が優れないときや飲酒後は遊泳をやめましょう。
(3)子供から目を離さないようにしましょう。
(4)監視員の指示に従いましょう。
(5)川での急な増水には注意し、サイレンやパトロール員の広報等があった場合は指示に従いましょう。
(6)水上オートバイ利用の際は、ライフジャケットを必ず準備しましょう。
(7)無免許で乗るのは絶対にやめましょう。 
山の事故防止のために
(1)体力・経験・装備に応じた登山コースを選定しましょう。
(2)登山計画書は必ず提出し、家族・職場にも登山計画を知らせましょう。
(3)装備品を点検し、非常食を持参しましょう。
(4)天候の急変に備え、余裕を持った計画をしましょう。
(5)携帯電話等の連絡手段を準備し、予備バッテリーを持参しましょう。
(6)山岳遭難情報は、県や警察のホームページ等で危険箇所を事前に確認しましょう。
県警ホームページより登山計画書の届出ができます。詳しくは、神奈川県警ホームページまで!!

4.夏の少年非行止にご協力を!
毎年夏休み期間は、深夜はいかい、飲酒喫煙をはじめ、万引き、自転車ドロボー等の犯罪を犯し、検挙・補導される少年が増える傾向にあります。
またスマートフォンやゲーム機を利用してのSNS等のコミュニティーサイトによる児童買春・児童ポルノ等の福祉犯の被害が心配な時期でもあります。
神奈川県警察では、子供たちを非行や犯罪被害から守る活動をしていますが、この活動を実効性のある
ものにするためには、家庭や地域の皆さんの協力が必要不可欠です。
夏休み中に、親子が触れ合い「心」を伝え合う機会を増やすなど、地域ぐるみで少年非行や犯罪被害を防止するための活動を推進していきましょう。

5.女性を狙った犯罪に御注意を!
例年、夏は痴漢やひったくり等の犯罪被害が増加する傾向にあります。
スマートフォンや携帯電話等の画面を見ながらの一人歩きは、周囲への警戒心が無くなり、女性を狙った犯罪の被害にも遭いやすいので、やめましょう。

6.平成29年度 県内第2回警察官採用試験のご案内
起て若人!治安のプロへ
受付期間
郵送の場合 7月24日(月曜日)から8月15日(火曜日)最終日消印有効
インターネットの場合 7月24日(月曜日)から8月9日(水曜日)最終日17時受信有効
詳しくは、最寄りの警察署、交番または
警察本部採用案内0120-03-4145
警察本部ホームページhttp://www.police.pref.kanagawa.jp/までお問い合わせください。

交番だより6月号


1.女性を狙った変質者に注意!性犯罪被害に遭わないために
(1)帰宅するとき
深夜の帰宅は、家族に迎えに来てもらう、タクシーを利用するなど、一人歩きは避けましょう。
携帯電話やヘッドホンを使用しながらの歩行は、周囲の物音が聞こえないなど警戒心が薄れて、被害に遭う危険性がありますので控えましょう。
(2)自宅に入るとき
周囲に人がいないことを確認した後に玄関を開けましょう。
「ただいま」など大きな声を出しながら鍵を開けるのも一つの方法です。
開場後は素早く家の中に入り、必ず鍵をかけましょう。
(3)自宅に居るとき
就寝前にもう一度、玄関だけでなく、窓の戸締りも確認しましょう。
暑い夜はエアコン等を利用し、ベランダや小窓、高窓の鍵を必ずかけましょう。
来訪者は、相手を確認した後にドアを開けましょう。

2.ストップ・自転車泥棒!
被害の大半は、人通りが多く、大きな駐輪場がある武蔵小杉、武蔵中原、武蔵新城などの主要な駅周辺で発生しています。
鍵のかけ忘れによる被害も増えてきていますので、十分に気をつけましょう。
110番 急がず あわてず 冷静に!!
事件事故は110番 各種相談は♯110
FAX110番 0120-110221(フリーダイヤル)
メール110番 http//www.kanagawa110.jp(通信料がかかります)

3.二輪車交通事故防止!
神奈川県内では、二輪車が関係する交通事故の発生件数、負傷者数ともに15年連続減少していますが、過去5年の亡くなられた方の推移を見ますと、各年とも60名前後亡くなっており、ほぼ横ばいの状態です。県民の皆さんは次のことに心掛けましょう。
(1)自分の運転を過信せず、スピードは控えめに安全運転をお願いします。
(2)交差点を通過する際は、左折車両、対向右折車両等に注意しましょう。
(3)プロテクターの装着、ヘルメットの正しい着用に心掛けましょう。

4.薬物等の乱用根絶を目指して
覚醒剤や危険ドラッグなどの薬物を乱用することによって、精神がボロボロになり、人間としての生活を営むことができなくなるだけでなく、最悪の場合は死亡することもあります。
また、幻覚や妄想から、暴れて他人を傷つけるなどの重大な事件や他人を死傷させる重大な交通事故を引き起こすなど取り返しのつかない被害を及ぼします。

5.6月は、暴走族追放期間!暴走をしない・させない・ゆるさない
例年、夏が近づき暖かくなるこの時期に暴走族の活動が活発化する傾向にあることから、県警では暴走族に対する取り締まりなどを強力に推進します。
暴走族:
ピーク時に比べグループ数・構成員数は減少しています。
それに伴い、維持するための勧誘活動や離脱妨害などの活動が活発。
旧車會:
暴走族風に改造した旧型の二輪車を昼夜問わず大集団で爆音走行繰り返す。
暴走族や旧車會に関する情報提供のお願い
集団走行していたり、集合している暴走族を見かけたら110番又は最寄りの警察署に通報してください。
暴走族がいつも集合場所に使っている場所や、暴走族の使っている車やバイクがいつも止まっている場所など、その他暴走族に関する情報は、最寄りの警察署にご連絡ください。

交番だより5月号


1.落ち着いて!こんな電話はサギ!?
「会社の小切手を失くした」
「会社の金を使い込んだ」 
「今日中に補填しないとクビになる」
「会社の○○に、お金を渡して」
というような家族のふりをした従来型のオレオレ詐欺の他に、現在、神奈川県内では、
「あなたの名義で社債を購入します」
「あなたの名義で購入した社債がトラブルになり裁判になる」
「ATMを操作して還付金が戻ります」
「パチンコ必勝法の情報を提供します」
などの、情報提供料や裁判の示談金などが必要といった詐欺が急増しています。このような、身に覚えのない電話や、社債に関する書類が届いたら、それらはすべて詐欺と思われますので、お金を支払う前に、必ず110番または最寄りの警察署に通報してください!!

2.自転車泥棒に御注意を!
中原警察署の管内では、1月から4月19日までに165台の自転車が盗難に遭っています。
被害の大半は、人通りが多く大きな駐輪場がある武蔵小杉、武蔵中原、武蔵新城といった主要な駅周辺で発生しています。
また、自転車にあまり乗らずに長期間アパートやマンションの駐輪場や付近に放置して被害にあう方も増えてきています。
以前は、鍵のかけ忘れが原因で被害に遭うことが多かったのですが、最近は、鍵をつけていても盗まれることが増えています。
ダブルロックを心がけましょう!

3.今月は自転車マナーアップ強化月間です。
神奈川県警察では、5月1日から31日までの間、自転車交通事故を防止する各種の運動をしています。川崎市内は特に自転車が関連する事故が多いので、各家庭や学校・職場等で、自転車の守るべきマナーについて話し合い、事故防止にご協力をお願いします。
交通ルールを守って楽しく自転車を使うように心がけましょう!
自転車も のれば車の なかまいり

4.悪質商法に気をつけましょう!
神奈川県警では、国の定める「5月は消費者月間」と連動し、消費者被害に係る生活経済事犯(悪質商法事犯)について、被害拡大前の早期事件化を図るとともに、被害を未然防止するための広報活動等を推進していきます。
悪質セールスマン撃退10箇条
(1)何の用? しっかり聞こう 身分と用件
(2)おかしいと 思ったときは ドア閉めて
(3)もうかります そんな言葉に ご注意
(4)あやしいぞ 人のフトコロ 聞く業者
(5)勇気出し はっきり言おう いりません
(6)しつこいな そんな相手は 110番
(7)迷ったら 一人で悩まず まず相談
(8)サインした あとでしまった もう遅い
(9)契約は してもお金は 後払い
(10)あなたです 自分の財産 守るのは

5.「迷惑な 車両の陰に 潜む事故」 
違法駐車は、交通事故や渋滞の原因となるばかりか、事件・事故や災害発生時におけるパトカーや、救急車などの通行妨害となります。
安全で円滑な交通環境を確保するには、交通ルールやマナーを守り、向上していただくことが必要です。「みんなが停めているから」といった安易な気持ちで路上駐車せずに、お住まいの街から違法駐車車両をなくして、笑顔があふれる住みよい街作りを行っていくために、皆さんのご理解とご協力をお願いします。

6.春の行楽期における山岳遭難の防止・登山計画書を提出しましょう!
春の行楽期には、例年丹沢山塊や箱根方面の山々に多くの登山者が訪れています。この時期は、ふもとは春の穏やかな気候でも、山頂付近は天候の急変により冬山の様に変わることもあり、無理な計画、不十分な装備での安易な登山は遭難に至る危険性があります。
登山中の事故を防止するために
(1)登山の第一歩は、目的とする山をよく理解することからはじまります。ガイドブック等で事前に山岳情報をよく調べましょう。
(2)登山計画書を作成して、登山者全員がその山をよく理解するとともに、体力と経験に応じた無理のない計画であるかよく検討しましょう。
(3)登山計画書には決まった様式はありません。住所、氏名、携帯電話番号、緊急の連絡先、登山日程、登山方法、行動予定等を記載してください。
(4)登山計画書は、各都道府県の提出先や登山口にある投函箱等に提出しましょう。(神奈川県の提出先)
(5)山岳を管轄する警察署(交番、駐在所を含む)及び登山口に設置された登山計画書投函箱のほか、警察本部地域総務課や県内の各警察署でも受け付けています。
(6)神奈川県警察ホームページからオンラインによる提出も可能です。QRコードから神奈川県警察のホームページに掲載されている「登山計画書届出フォーム」に接続できますので活用してください。
※日本山岳ガイド協会が運営する登山届受理システム「コンパス」でも登山届の提出が可能です。
(7)単独登山はやめて仲間と登り、救急用品や非常食等を必ず携行してゆとりある行動を心がけ、安全な登山をしましょう。
(8)携帯電話等の通信機器を準備し、電池切れに備え予備バッテリーを携行して登山をしましょう。
(9)登山前に目的とする山の気象状況や火山情報等を入手し現地の状況を把握しておきましょう。

交番だより4月号


1.私に限って・・は禁物です!!
ひったくりに気をつけましょう!!
春が近づくにつれ、毎年ひったくり事件が多発する傾向があります。
被害に遭わないためには・・
・自転車の前カゴに防犯ネットをする。
・バッグ類は、車道と反対側に持つ。
・後ろ側から近づいて来るオートバイに注意する。
・スマートフォンや音楽に夢中になり過ぎない。
等の措置を取るように心がけましょう!

2.特殊詐欺の被害に遭わないために!
電話で次のことを言われた場合は、「サギ!?」と考え、すぐに警察に通報を!
・「今日中にお金が必要だ」
・「ATMを操作して還付金が戻る」
・「会社の同僚や上司にお金を渡して」
・「ゆうパック、レターパック、宅配便、バイク便で現金を送れ」 

3.巡回連絡にご協力をお願いします。
交番の警察官が、みなさんの自宅や会社を訪問し、
・大規模災害発生時の安否確認
・迷子や高齢者を保護した際の連絡
・事件、事故等非常時の連絡
などが速やかに出来る様に「巡回連絡カード」の記入をお願いしています。
警察官がお伺いした際は、カードの記入にご協力をお願いします。

4.見逃すな 暮らしに潜む 犯罪インフラ
4月は、犯罪インフラ撲滅策強化月間です!!
特殊詐欺、違法薬物密売、来日不良外国人による犯罪等、私たちの身の周りで発生する様々な犯罪に、「犯罪インフラ」が利用されています。
「犯罪インフラ」は、犯罪を助長し、又は容易にする基盤のことをいいます。基盤そのものが合法なものでも、犯罪に悪用されている状態にあれば、これも犯罪インフラとなります。

インフラとは「社会の基盤となる物や仕組み」
・道路
・鉄道
・水道など。
         
犯罪インフラとは「犯罪の基盤となる物や仕組み」
・他人名義の携帯電話
・インターネット上の闇サイト
・偽装結婚、偽装養子縁組
・偽装身分証明書など。

犯罪インフラの撲滅は、関係行政機関、自治体、民間企業等との連携に加え、地域にお住まいの皆さんのご理解とご協力が不可欠です。
是非皆さんのご協力をお願います。

皆さんからの情報は、中原警察署044-722-0110又は犯罪インフラ対策ホットライン045-681-1274
でお受けいたします。

5.新入学児童・園児を交通事故から守る運動
神奈川県内では、3月22日現在、人身交通事故の総件数は6,312件と昨年より113件減少するも、死亡者数は38人と昨年よりも5人増加しており、依然高い水準にあります。
これから、多くの人が新生活を迎えるにあたって新入学児童や園児が交通事故にあわないように大人は交通ルールやマナーを守って児童・園児の手本となり、また児童や園児は飛び出さないよう地域みんなで見てあげましょう。
安全は 心と時間の ゆとりから

交番だより3月号


1.自転車泥棒に気をつけましょう!
アパートやマンションにある駐輪場でカギのかけ忘れが原因の自転車盗難が増えています。
自転車をとめた時は、必ず施錠をしてね!!

2.交番の巡回連絡にご協力を。皆さんの要望・意見をお聞かせください。
「巡回連絡」とは、交番や駐在所の警察官が皆さんのご家庭や会社等を訪問して、犯罪や交通事故の発生状況、犯罪等の予防に必要な情報を提供するほか、皆さんからは警察に対する要望・意見をお伺いして、安全で安心して暮らせる街づくりを行うための活動です。

「巡回連絡カード」の記入にご協力ください。
交番や駐在所の警察官が、巡回連絡で訪問した際に、「巡回連絡カード」の記入をお願いしています。
このカードは、大きな災害が発生したときのご家族への安否確認、迷子・高齢者の方を保護した際の、連絡、事件・事故等の非常の際に、ご家族への連絡を行うために使います。
カードの記入にご協力をお願いします。

3.安全で安心して暮らせる地域社会の実現を目指して。
少年の非行・犯罪防止は家庭と地域の絆から!
将来を担う子供たちを、非行や犯罪被害から守るため、みんなで声をかけ合い地域ぐるみで健全育成活動を推進しましょう。

4.ネット環境を確認しましょう!
子供の携帯電話やスマートフォン、携帯ゲームなどにフィルタリングや機能制限アプリケーションが設定されているか確認しましょう。
保護者の適切な管理が子供の未来を守ります!

5.薬物乱用はダメ!ゼッタイ!
覚醒剤や大麻、危険ドラッグ等、少年による薬物事件が大きな社会問題になっています。外見や名称に惑わされることなく、違法薬物は、「買わない」、「使わない」、「関わらない」ことを徹底し、誘われても断る勇気を持ちましょう。

6.新入学・入園前に交通安全指導を!
もうすぐ新入学・入園の季節です。
お子さんと一緒に通園・通学路を歩いてみましょう。
安全確認が必要な場所は、その理由や安全な通行方法をわかりやすく教えてあげて下さい。

交番だより2月号


1.電話でお金を要求する息子はサギ!?
特殊詐欺、依然として多発!!
例えば、こんな手口に気をつけて!
(1)ATMで還付金・・・そんなの、嘘々!
(2)息子が会社のお金を使い込み・・・そんなの、ないない!
犯人グループのアジトを探しています!!
特殊詐欺の犯人グループは、マンションなどの住宅を借り受け、犯行拠点として使っています。また、複数の人間が集まって、だましの電話を掛け続けています。身近な物件が特殊詐欺等のアジトとして使われているかもしれません。「特殊詐欺等のアジトかもしれない。」と不審に感じたら情報提供をお願いします。 
振り込め詐欺に関する情報は、中原警察署044(722)0110(代表)または
振り込め詐欺情報専用ホットライン
・受付時間 平日午前8時30分〜午後5時15分
・電話番号045(651)7970まで連絡をお願いします。

2.冬山における山岳遭難の防止
・単独での登山は控え、パーティーでの登山を心掛けましょう。
・登山計画書をインターネットを通じて県警ホームページや登山届受理システム「コンパス」に提出するか、登山口等の投函箱に提出しましょう。
・計画は家族にも伝え、不用意な計画変更はしないようにしましょう。
・冬期は、日没が早いので、ヘッドランプ等の照明具を携行しましょう。
・連絡手段として、充電した携帯電話や予備のバッテリーを携行しましょう。
・登山道に凍結や積雪のおそれがある場合には、アイゼンを携行しましょう。
・万が一に備え、非常食を携行しましょう。

3.身元不明遺体に関する御相談について
神奈川県警察では、不慮の事故等で亡くなられ、身元がわからないご遺体の身元確認を行っています。
行方の分からない御家族や御親族を捜されている方は、顔写真、身体特徴、歯の治療の有無等の身元確認の参考となる資料を御用意のうえ、御相談ください。
・相談受付時間 平日午前8時30分〜午後5時15分
(年末年始の休日、土曜日、日曜日、祝日を除く。)
・相談受付場所
神奈川県警察本部鑑識課045(211)1212(代表)
045(641)0683(相談直通電話)

4.2月1日から3月18日は「サイバーセキュリティ月間」
・インターネットバンキングを利用されている方へ
インターネットバンキングに係る不正送金事案が依然として多発しており、その原因の多くがコンピュータウイルスの感染によるものです。
利用の際は、金融機関の提供する最新の情報を確認し、推奨する防止策を実施しましょう。
・ウイルス対策を万全に行ないましょう!
パソコン等がウイルス感染すると、銀行口座からお金を勝手に送金されたり、パソコンを遠隔操作されて悪用されるおそれがあるため、十分注意しましょう。
・不安を感じても電話しないで
ウェブサイト閲覧中に、突然
「警告 あなたのコンピュータでウィルスが検出されました。」
等といった警告画面が表示され、これを信じて電話をした方が、「ウィルスを駆除するために遠隔操作ソフトをインストールするように誘導された上、費用を要求された」という相談が増加しています。
(1)対処方法
・不安を感じても電話しない。
・電話をかけてしまった場合、サポートセンターの電話番号の着信拒否の検討、また、今後不審な電話に注意する。
(2)電話の指示通り遠隔操作ソフトをインストールしてしまった場合
・遠隔操作ソフト等をインストールした可能性があるので、アンインストールし、各種アカウントのID、パスワードを変更するとともに、支払いに使用したクレジットカードの使用停止等の検討をする。
・セキュリティ対策ソフトウェアのアップデート、ウィルススキャンを実施する。

交番だより1月号


新年明けましておめでとうございます。
本年も安全で安心して暮らせる地域社会の実現を目指して、より一層、活動を強化していきますので、皆様のご支援ご協力をよろしくお願いします。
皆様の生活が平穏でありますよう、ご祈念申し上げます。
平成29年1月 地域課勤務員一同

1.平成29年交通事故防止総合対策
安全は心と時間のゆとりから ゆとりを持った行動を心がけましょう!
・高齢者と子どもの事故防止
・二輪車事故防止
・自転車事故防止
・飲酒運転等根絶
の4つの対策を重点に推進します。

※ご注意!! 警察署における運転免許証の手続きは1月4日(水曜日)から

2.各種犯罪に注意しましょう!
(1)「振り込め詐欺」に注意!
(防止策)
・現金は家族以外の者には渡さない。
・家族で「合言葉」を決めておく。
(2)「痴漢・不審者」に注意!
(防止策)
・スマートフォン等の画面を見たり、操作しながらの一人歩きを控える。
(3)「自転車泥棒」に注意!
・補助錠を付け、二重ロックで盗難防止。
(4)「ひったくり」に注意!
(防止策)  
・バッグは車道と反対側に持つ。
・自転車の前カゴにカバーをする。

3.110番 急がずあわてず冷静に!
1月10日は「110番の日」です。
みなさんが神奈川県内から110番をすると、警察本部内にある「110番センター(通信指令室)」につながります。
110番は、すぐに管轄の警察署に指令され、発生場所に近いパトカーや交番の勤務員が現場に急行します。
※110番通報6つのポイント
110番をかけると順番に次のことをお尋ねしますので、落ち着いて答えてください。
・事件ですか?事故ですか?
・いつ起きましたか?
・場所はどこですか?(近くに目印になるものはありませんか?)
・犯人を見ましたか?(人相、服装、クルマの色や種類・ナンバーは?)
・今どうなっていますか?(けが人はいますか?)
・あなたのことを教えてください。(名前、住所、電話番号)
県内の110番通報件数は、1年間で約90万件になります。
110番は事件・事故など、警察に緊急通報するための専用電話で、その回線数も電話局ごとに限りがあります。緊急ではない相談事や、免許の照会などに110番を使用されますと、事件・事故の際に110番がかかり難くなってしまいます。
急を要さない相談事や免許の照会等は、短縮ダイヤル#9110番、若しくは最寄りの警察署や交番などにお問い合わせください。
言語や聴覚に障害のある方や、通常の110番通報を利用することができない方のための専用連絡方法
・FAX110番 0120-110221(フリーダイヤル)
・メール110番 http://www.kanagawa110.jp (通信料金がかかります。)