イラスト:中原警察署
ロゴ:郵便番号211-0063川崎市中原区小杉町3丁目256番地 イラスト:電話 ロゴ:044(722)0110 ボタン:神奈川県警本部 ボタン:警察署一覧
トップページ警備課<目次>>災害から身を守るために
ボタン:警務課ボタン:会計課ボタン:生活安全課ボタン:地域課ボタン:刑事課ボタン:交通課ボタン:警備課
ボタン:トップページボタン:中原警察署への案内ボタン:中原警察署のあゆみボタン:署長室よりボタン:お知らせボタン:免許更新ボタン:中原署Newsボタン:各種統計ボタン:交番案内
↑  Topへ戻る
↑  Topへ戻る
↑  Topへ戻る
↑  Topへ戻る
↑  Topへ戻る

災害から身を守るために

◆ 災害に備えておこう!

 ◇ 持出品・備蓄品を準備しておこう!

イラスト:非常持出品の準備
(1)持って避難する「非常持出品」 
(2)災害後の生活を支える「非常備蓄品」

 ◇ 家具の転倒を防ごう!

イラスト:家具の固定
(1)家の中で倒れやすい物は固定する。
(2)落ちて危ない物はないか確かめよう。

 ◇ 家族で防災会議を開こう!

(1)住んでいる地域の避難場所を確かめよう。 テキスト:避難場所の確認
(2)家族全員で安全な経路を確認しながら歩いてみよう。
(3)家族との連絡の取り方を話し合っておこう。
(4)防災訓練に参加しよう。

◆ 地震が起きたらどうする?

 ◇ 大きな地震が起きたら・・

イラスト:地震が起きたら
(1)自分の頭を守り、丈夫な机の下等に隠れよう!
(2)慌てて外に飛び出さない!

 ◇ 揺れがなくなったら・・

イラスト:避難行動
(1)裸足で歩かない!
(2)ドアや窓を開ける!

 ◇ 屋外(街)では・・

イラスト:落下物に注意
(1)海岸で地震が起きたら、高い場所に避難しよう!
(2)自動販売機や高い建物のそばには近づかないようにしよう!
(3)ブロック塀の倒壊、看板や割れたガラスの落下に注意しよう!

 ◇ エレベーターの中だったら・・

イラスト:エレベーターからの脱出
(1)近くの階で停止させ、すぐに降りる!
(2)もし、閉じ込められたら非常ボタンで助けを求める!

◆ 家庭で用意しておくもの(非常持出品、非常備蓄品)

災害に備えて必要な物は、持ち出しやすい場所に置いておきましょう。
食べ物
缶詰、カップラーメン
カンパン、アルファー米
お薬
救急セット、包帯
お薬(いつも飲んでいるもの)
飲料水
お水(ペットボトル入り)
(1人1日最低3リットル3日分)
衣類など
洋服、下着、タオル、毛布
軍手、雨具
貴重品
お金
預金通帳
身分証明書
イラスト:非常持出品の準備
証明・情報
携帯ラジオ
ライト、時計
携帯電話、充電器
乾電池(予備)
その他
ウェットティッシュ、ハサミ
ティッシュ、ビニール袋
紙皿、紙コップ、スプーン
カセットコンロ、携帯トイレ

 ◆ 家族との連絡方法

災害伝言ダイヤル「171」
携帯電話やスマートフォンからも
安否情報の登録や確認をすることができます。
災害伝言ダイヤル「171」無料体験日
(1)毎月1日と15日の「0時〜24時」
(2)毎年1月1日〜3日の「0時〜24時」
(3)防災とボランティア週間「1月15日〜21日」
(4)防災週間「8月30日〜9月5日」
この他にも携帯電話会社ごとに安否確認のためのサービスを提供していますので、各ホームページで確認してください。

 ◆ 過去の大震災

1.東日本大震災(平成23年3月11日)

マグニチュード9.0
死者 19,418人 行方不明者 2,592人(平成28年3月1日現在)
「津波」により多くの死者・行方不明者が発生しました。

2.阪神・淡路大震災(平成7年1月17日)

マグニチュード7.3
死者・行方不明者 約6,400人
死者の約8割が、建物の「倒壊」や家具の「転倒」による圧死や窒息死であったといわれています。

3.関東大震災(大正12年9月1日)

マグニチュード7.9
死者・行方不明者 約10万人
死者の約8割が、地震後に発生した「火災」が原因で命を落としたといわれています。

 ◆ 中原警察署からみなさんへのお願い

(1)災害に対する備えをしましょう。
(2)災害に関する正しい知識を身につけましょう。
(3)防災訓練に参加し、災害発生時の体験をしてみましょう。
自分が助かれば、人を助けることができます。
「地域での助け合い」、「日頃の人と人とのコミュニケーション」を大事にし、
災害に備えましょう。