イラスト:中原警察署
ロゴ:郵便番号211-0063川崎市中原区小杉町3丁目256番地 イラスト:電話 ロゴ:044(722)0110 ボタン:神奈川県警本部 ボタン:警察署一覧
トップページ地域課<目次>>地域課
ボタン:警務課ボタン:会計課ボタン:生活安全課ボタン:地域課ボタン:刑事課ボタン:交通課ボタン:警備課
ボタン:トップページボタン:中原警察署への案内ボタン:中原警察署のあゆみボタン:署長室よりボタン:お知らせボタン:免許更新ボタン:中原署Newsボタン:各種統計ボタン:交番案内
↑  Topへ戻る
↑  Topへ戻る
↑  Topへ戻る
↑  Topへ戻る
↑  Topへ戻る

地域課

◆ 地域課とは

 パトロールによる犯罪の予防・検挙、家庭を訪問する巡回連絡、交通の取締り、遺失・拾得物の受付等、地域住民の身近なところで警察全般の仕事を担当しているのが地域課の警察官です。
 地域課の警察官は、交替制勤務で24時間活動しています。

◆ 巡回連絡活動にご協力を!

イラスト:巡回連絡カード 地域の情報を提供します! 皆さんのご意見・ご要望をお聞かせ下さい!
 巡回連絡は、警察官が皆さんのご家庭や会社を訪問し、地域の犯罪や交通事故の発生状況等の地域安全情報を提供したり、警察に対する要望等をお聞きし、警察活動に反映させるものです。

 訪問の際には、緊急連絡のため
「巡回連絡カード」の記入に、ご協力をお願いしています。

 このカードは迷子や高齢者の方を保護した時の連絡や東日本大震災等の非常時の際に、ご家族への連絡を行うために役立てているものですので、是非ご協力をお願いします。

<巡回連絡カードが役に立った事例>

<迷子>
 交番で6歳くらいの迷子を保護しました。
 その子に名前と住所を聞いたところ、おぼろげながらも答えたので、早速、迷子になっていた付近をパトカーで広報しましたが保護者は見つからず、住所から自宅の電話番号を調べて電話しても留守のようで誰も電話に出ませんでした。
 そこで、住所地を受け持つ交番に連絡し、「巡回連絡カード」を確認したところ、父親の勤務先が記載されていたので、父親と連絡をとることができました。
 そして、子どもと一緒に外出していた母親が携帯電話を持っていることが分かり、子どもを探し回っていた母親に連絡をとることができ、子どもは無事に母親のもとに帰ることができました。
<病人の保護>
 一人暮らしの男性宅の新聞が数日間、配達されたままになっていることを不審に思った新聞配達人の届出から、警察官が「巡回連絡カード」を確認し、緊急の連絡先として記載されていた兄弟に連絡をし、駆けつけた実兄とともに室内に入ったところ、脱水症状で倒れていた同人を発見して病院に収容、一命を取り留めました。
<山岳遭難>
 山岳で滑落事故により重傷を負い、病院に搬送された方の運転免許証の住所により、管轄する警察署の交番の「巡回連絡カード」を確認し、記載されていた自宅の電話番号により家族と連絡がとれ、家族が早期に病院に駆けつけることができました。
<震災発生時の連絡>
 東日本大震災で被災された方から、震災により家屋が流され住所録がなくなり、親戚の住所が分からなくなったとの相談を受け、「巡回連絡カード」を確認したところ親戚の住所がわかり、お互い連絡を取り合い無事を確認することができました。
巡回連絡カードに対するお問い合わせは
中原警察署044-722-0110(代表)「地域課」までご連絡ください。

◆ 110番について

イラスト:110番 緊急  110番通報制度は、昭和23年に110番が警察通報用電話として定められて以来、事件・事故等各種事案の早期解決に大きく貢献してきました。

 しかし、110番通報の増加に伴い緊急の対応を必要としない通報増加し、緊急通報に対する警察の対応に影響を及ぼしているのが現状です。

 そこで、警察では毎年1月10日を「110番の日」と定め、市民と警察をつなぐ110番通報制度の適切な利用について市民のご理解とご協力を得るための広報活動を実施しています。
110番は、事件・事故など警察への緊急通報専用電話です。
要望・相談・運転免許について等、緊急でない用件は警察総合相談窓口や最寄の交番・警察署にご連絡ください。
警察総合相談窓口 045-664-9110 または #9110
中原警察署 044-722-0110(代表)
110番通報の際の注意事項
事件や事故の発生場所の町名番地、わかりやすい目標物を確認してから110番をしてください。
携帯電話やPHSからの110番通報は、途中で電波が途切れたり、警視庁・静岡県・千葉県・山梨県など、近隣の他の警察本部につながってしまうこともありますので注意が必要です。

◆ 交番にご用があるときは

 交番には加入電話がありません。
 交番の警察官と電話でお話ししたい方は、中原警察署(代表)にお電話ください。
 中原警察署(代表)電話案内から各交番に電話転送いたします。
中原警察署 044-722-0110(代表)
 交番にご用のある方が、直接交番におこしいただいても構いません。
 事件・事故等で交番勤務の警察官が交番に不在であっても、交番に配置されている交番相談員※が対応いたします。
※ 交番相談員とは
 交番の警察官が事件や事故の取扱いで不在の時などに警察官に代わって周辺の地理案内、落とし物の受付、自転車やバイクの被害届の受付のほか、いろいろな相談事の応対などを仕事としている警察官OBです。
 通常、月曜日〜金曜日の午前9時〜午後4時まで交番で勤務しています。

◆ 「交番の日」について

 神奈川県警察では、毎月27日を「交番の日」として、安心して暮らせる地域づくりを目指して
できるだけ多くの制服警察官を交番に配置しての警戒活動の強化
交番新設要望地区での臨時交番の開設やパトロールの強化
地域ボランティアの方々との合同パトロール活動の強化
地域安全の各種キャンペーンの実施
などを行っております。

 また、交番では、県民の皆さんからのご意見、ご要望や各種相談への応対もしておりますのでお気軽にお近くの交番・駐在所にお立ち寄りください。
「交番の日」の由来
 神奈川県では、明治4年11月27日に「県治条例」が制定され、邏卒(らそつ)課が設置されました。
 邏卒課の規則を定めた邏卒職務規則の中に「交番」という用語が使われていたことから、邏卒課が設置された27日にちなんで、毎月27日を「交番の日」としています。