イラスト:中原警察署
ロゴ:郵便番号211-0063川崎市中原区小杉町3丁目256番地 イラスト:電話 ロゴ:044(722)0110 ボタン:神奈川県警本部 ボタン:警察署一覧
トップページ交通課<目次>>中原警察署速度取締り指針
ボタン:警務課ボタン:会計課ボタン:生活安全課ボタン:地域課ボタン:刑事課ボタン:交通課ボタン:警備課
ボタン:トップページボタン:中原警察署への案内ボタン:中原警察署のあゆみボタン:署長室よりボタン:お知らせボタン:免許更新ボタン:中原署Newsボタン:各種統計ボタン:交番案内
↑  Topへ戻る
↑  Topへ戻る
↑  Topへ戻る
↑  Topへ戻る

中原警察署速度取締り指針

1.中原警察署の速度取締り重点

 中原警察署では、交通事故を抑止するため、次の路線、時間帯を重点に速度違反取締り活動を推進します。

 重点以外の路線、時間帯であっても、交通事故発生状況の変化により、速度違反取締りを実施することがあります。
重点路線 重点時間帯 区間 規制速度
南武沿線道路 6時〜10時
平間小学校交差点〜
  下沼部交差点
時速50キロメートル
16時〜20時
小杉町交差点〜
  新城西側交差点
時速40キロメートル
多摩沿線道路 6時〜10時
ガス橋交差点〜
  宮内北側交差点
時速40キロメートル
その他の交通指導取締り要点
綱島街道など交通量の多い時間帯の主要幹線道路にあっては、白バイ及び覆面パトカー等による速度取締りを行っています。
尻手黒川道路及び多摩沿線道路においては、通行区分違反、携帯電話使用等違反等の交通指導取締りを強化しています。
南武沿線道路周辺においては、自転車の危険行為に対する交通指導取締りを強化しています。

2.中原警察署管内における交通事故実態

 主要幹線道路別に過去3年の事故発生状況を比較すると、綱島街道での発生が最も多くなっています。

 しかし、平成27年下半期からの一年間では南部沿線道路死亡事故2件発生しており、事故発生件数が最も多くなっています。
グラフ:主要幹線道路の事故発生状況
平成25年7月から1年間の人身事故件数
平成26年7月から1年間の人身事故件数
平成27年7月から1年間の人身事故件数
平成25年7月から1年間の重傷・死亡事故件数
平成26年7月から1年間の重傷・死亡事故件数
平成27年7月から1年間の重傷・死亡事故件数
上記グラフ(主要幹線道路の事故発生状況)を表化
主要幹線路線 1年間の人身事故件数 1年間の重傷・死亡事故件数
平成25年
7月〜
平成26年
7月〜
平成27年
7月〜
平成25年
7月〜
平成26年
7月〜
平成27年
7月〜
南部沿線道路 51 57 50 7 6 2
府中街道 29 34 30 1 1 4
尻手黒川道路 39 36 20 6 3 0
多摩沿線道路 18 20 19 1 3 2
綱島街道 59 59 42 1 1 5
グラフ:南武沿線道路の時間帯別事故発生状況
平成25年7月から1年間の人身事故件数
平成26年7月から1年間の人身事故件数
平成27年7月から1年間の人身事故件数
平成25年7月から1年間の重傷・死亡事故件数
平成26年7月から1年間の重傷・死亡事故件数
平成27年7月から1年間の重傷・死亡事故件数
上記グラフ(南武沿線道路の時間帯時間帯別事故発生状況)を表化
時間帯(時) 1年間の時間帯別人身事故件数 1年間の時間帯別重傷・死亡事故件数
平成25年
7月〜
平成26年
7月〜
平成27年
7月〜
平成25年
7月〜
平成26年
7月〜
平成27年
7月〜
0〜2 4 3 4 0 0 0
2〜4 0 0 1 0 0 0
4〜6 3 3 2 0 1 0
6〜8 2 7 4 0 3 0
8〜10 6 8 6 2 0 0
10〜12 8 10 3 2 0 0
12〜14 3 4 3 0 1 1
14〜16 3 7 7 0 0 0
16〜18 7 7 5 1 0 1
18〜20 6 7 8 2 1 0
20〜22 5 1 3 0 0 0
22〜24 4 0 4 0 0 0
過去3年の南武沿線道路における、時間帯別人身事故発生状況を比較すると、早朝及び夕方の通勤・通学時間帯に事故が発生する傾向が認められます。

3.平成25年7月〜平成28年6月までの死亡事故状況

中原警察署管内では、死亡事故が8件発生し、うち3件が南武沿線道路で発生しています。
死亡事故の発生時間帯別では、午前0時から6時に4件、午後0時から6時に4件発生しています。
多摩沿線道路は、信号が少なく直線であることから速度を出しやすく、また大型車両の通行も多いので事故が発生すれば重傷事故に発展する恐れが高く、平成27年5月には、多摩沿線道路で速度超過の疑いが高い二輪車単独死亡事故が発生しています。