イラスト:中原警察署
ロゴ:郵便番号211-0063川崎市中原区小杉町3丁目256番地 イラスト:電話 ロゴ:044(722)0110 ボタン:神奈川県警本部 ボタン:警察署一覧
トップページ刑事課<目次>>管内における刑法犯の特徴
ボタン:警務課ボタン:会計課ボタン:生活安全課ボタン:地域課ボタン:刑事課ボタン:交通課ボタン:警備課
ボタン:トップページボタン:中原警察署への案内ボタン:中原警察署のあゆみボタン:署長室よりボタン:お知らせボタン:免許更新ボタン:中原署Newsボタン:各種統計ボタン:交番案内
↑  Topへ戻る
↑  Topへ戻る

管内における刑法犯の特徴

◆ 自転車盗が多発しています!

自転車を盗まれないように、注意しましょう!

 ◇ 自転車の盗難被害に遭わないための注意点

1. 自転車1台に対して複数の施錠を行いましょう。
2. 短時間であっても、自転車から離れる時は施錠しましょう。
3. 路上に放置せず、駐輪場に入れましょう。
4. 自転車の購入時には防犯登録をしましょう。
防犯登録は、自転車を購入した店舗で申請し加入します。
警察では、加入/解除の手続はできません

◆ 空き巣が多発しています!

空き巣から我が家を守りましょう!
 住宅へ侵入し大切な財産を奪い去る空き巣は、その被害が年々増加傾向にあります。

 侵入の手口は、バールなどでドアを力任せにこじ開けるという荒っぽいものから、カギ穴から耳かきのような金属製の道具を差込み不正に開錠する(ピッキング)など様々です。

 被害者は、安全なはずの我が家に不正に侵入されたことにより家の防犯に対する信頼感が低下し、長期にわたり不安を抱かされることになります。

 このようなことにならないよう、
自分の家は自分で守るという意識を持ち、空き巣の防犯対策に努めましょう。

 ◇ 空き巣の被害に遭わないための注意点

1. ドアに補助錠を取り付けましょう。
(侵入口の開錠に時間がかかると犯行を諦めがちです)
2. 戸締りを徹底しましょう。
雨どいを利用し、2階ベランダからの侵入も十分可能です)
3. 開錠困難カギに取り替えるのも効果的です。
(最も多い侵入口はです)
4. 外からの視認性を確保しましょう。
(人に声をかけられたり、ジロジロ見られるのを空き巣犯は嫌います)