神奈川県川崎臨港警察署 〒210-0832 川崎市川崎区池上新町2丁目17番14号 電話044(266)0110(代表)
警務課 会計課 生活安全課 地域課 刑事課 交通課 警備課
トップページ  >  地域課
サイトマップ

地域課

トップへ戻る
遺失物・拾得物
免許手続き
アクセス
交番紹介
交番だより
不審者情報
災害時の避難
AEDの設置
交番紹介
交番だより
パトロール通信
触れ合い活動
1月10日は「110番の日」
110番チラシ1
(PDF424KB)
テキスト版はこちら(4KB)
110番チラシ2
(PDF444KB)
テキスト版はこちら(4KB
 毎年1月10日は110番の日です。110番は警察への緊急連絡手段です。
 各種相談は、♯9110番にて受け付けています。
110番通報6つのポイントなど、PDFファイルにて印刷できるようになっています。



  山に登る際は、登山計画書の提出をしましょう!

  登山計画書は、安全登山の自己点検でもあり、

  山岳遭難発生時における迅速・的確な捜索・救助活動に有効です。

  県警ホームページへのリンクはこちらをクリックしてください。
雪山
警察官の巡回連絡にご理解とご協力を 
       交番や駐在所などに勤務する地域警察官の活動の一つに「巡回連絡」があります。
      これは、みなさんのご家庭や会社などを訪問して、身近な犯罪の予防や交通事故の防止
      などの連絡をするほか、警察に対する要望や意見をお伺いして「地域の安全で平穏な生活
      を守る活動」に反映させることを目的としています。

「巡回連絡カード」の記入にご協力ください
       地域警察官が巡回連絡で皆さんのご家庭や会社を訪問した際に、「巡回連絡カード」の
      記入をお願いしています。このカードは、迷子・高齢者の方を保護したときの連絡や、
      大きな災害や事件など非常時の際に、ご家族等への連絡に役立てているものです。

巡回連絡カードが役に立った事例    
迷子

病人の保護
     
山岳遭難

震災発生時の連絡
 
迷子
 駅前交番で6歳くらいの迷子を保護しました。その子に名前と住所を聞いたところ、おぼろげながらも答えたので、早速、迷子になっていた付近をパトカーで広報しましたが保護者は見つかりませんでした。住所から自宅の電話番号を調べて架電しましたが留守のようで誰も出ませんでした。そこで、住所地を受け持つ交番に、「巡回連絡カード」を確認したところ、父親の勤務先が記載されていたので、父親と連絡を取ることができました。子どもと一緒に外出していた母親が携帯を持っていることがわかり、子供を探し回っていた母親に連絡をとることができました。
 子どもは無事に母親のもとに帰ることができました。
イラスト11
病人の保護
 一人暮らしの男性宅の新聞が数日間、配達されたままになっていることを不審に思った新聞配達人の届出から、警察官が「巡回連絡カード」を確認し、緊急の連絡先として記載されていた兄弟に連絡をし、駆け付けた実兄とともに室内に入ったところ、脱水症状で倒れていた同人を発見して病院に収容、一命を取り留めました。
イラスト2
山岳遭難
 山岳で滑落事故により重傷を負い、病院に搬送された者の運転免許証の住所により、管轄する警察署の交番の「巡回連絡カード」を確認、記載されていた自宅の電話番号により家族と連絡がとれ、家族が早期に病院に駆けつけることができました。
イラスト3
震災発生時の連絡
 東日本大震災で被災された方から、「震災により家屋が流され、住所録がなくなり親戚の住所がわからなくなった。」との相談を受け、「巡回連絡カード」を確認したところ、親戚の住所がわかり、お互い連絡を取り合い無事を確認することができました。
イラスト4



                                            このページのトップに戻る     

神奈川県警察本部 / 警察署一覧