パトカーの画像 神奈川県 川崎警察署
〒210−0024 川崎市川崎区日進町25番地1 044−222−0110(代表)
トップボタン トピックスボタン 交通関係ボタン 生活安全関係ボタン
警察署のご案内ボタン 各種手続きボタン 相談窓口ボタン 統計ボタン
☆交通関係☆ > 事故発生状況
  管内の交通事故発生状況 New
  自転車関係事故発生状況 New

事故発生状況

管内の交通事故発生状況

(平成29年10月末現在暫定値)
  件数 死者 重傷者 軽傷者
平成29年 351件 4人 45人 353人
平成28年 329件 3人 32人 347人
増減 +22 +1 +13 +6
 管内では、前年と比較すると、発生件数が22件、重傷者数が13人、軽症者数が6人、前年と比較すると増加しました。
  川崎警察署管内の交通事故は、午後8時から午後10時までの時間帯で事故が特に多く増加し、昨年と比べ15件増加しました。
 夜明け前の時間帯と夜間に入る時間帯は、交通事故の被害に遭う危険性が高いといえます。
 自動車や二輪車を運転する方は、暗くなったら早めにヘッドライトを点灯させるとともに、前後左右の安全確認をしっかりしましょう。
 ちょっとした油断や一瞬の気の緩みが大きな事故を招きますのでご注意ください。
 自転車に乗る方も早めにライトを点灯しましょう。
 また自転車に乗る方や歩行者の方は、交通事故防止のためにも反射材を活用しましょう。

反射材の効果についてはこちら(警察本部ホームページ)

 事故に遭った時の被害軽減対策として、二輪車を運転するときは、プロテクターを着用しましょう。

二輪車のプロテクターについてはこちら(警察本部ホームページ)

自転車関係事故発生状況

(平成29年10月末現在暫定値)
  平成28年 平成29年
  事故件数 自転車 構成率 事故件数 自転車 構成率
川崎署 329件 127件 38.6% 351件 147件 41.9%
県内 22,114件 4,782件 21.6% 23,235件 5,360件 23.1%
平成29年9月末現在、管内で発生した自転車事故の構成率は前年同期と比べると高くなりました。
全体の事故全体の41.9%を占めています。
安全は 他人に委ねず 自分自身で
みなさんは、自転車のことについてどのくらい知っていますか?
知っている方、あまり知らない方も自転車のルールについてこちらで確認しましょう。(警察本部ホームページ)
「自転車も乗れば車の仲間入り」
自転車も交通ルールを守りましょう。
▲このページのTopに戻る