パトカー川崎警察署

目次

 トップページ

 トピックス

 住民相談

 生活安全関係

 交通関係

 交通安全マップ

 運転免許手続き

 交番のご案内

 遺失物・拾得物


 刑法犯発生状況

リンク

神奈川県警の
ホームページ


脱法ドラッグで
こんなことに…


拳銃110番報奨制度
所在地 

〒210−0024
 川崎市川崎区日進町25番地1(八丁畷駅 徒歩3分)
 連絡先はこのページの下にあります



 更新
更新情報

7月16日  交通関係(交通事故発生状況等)
7月15日  刑法犯発生状況(平成26年6月末現在暫定値)
7月4日  トピックス(交番だより7月号)
6月26日  生活安全関係(振り込め詐欺撲滅対策)

川崎署の沿革

明治10年2月1日、横浜堺町警察署川崎分署として発足し、明治17年神奈川警察署川崎分署、明治20年橘樹郡警察署川崎分署と改め、明治39年11月1日に川崎警察署が創設されました。その後、警察制度の改革により、昭和23年に川崎市川崎警察署と、昭和29年再度の警察制度改革により神奈川県川崎警察署と改称し、平成15年4月1日現在地に新庁舎が落成し、現在に至っています。旧庁舎(川崎区南町17)跡地には平成16年4月1日に大型交番として南町交番が完成し業務を開始しました。
管内は、川崎市の南東部横浜市境に位置する平地で、北は一級河川多摩川を隔てて東京都と、南は川崎臨港警察署管内と、西はJR東海道線を隔てて幸区と、横浜市鶴見区とそれぞれ接しています。管内の面積は8.46平方キロメートルで川崎市の6パーセント、川崎区の26パーセントを占めています。
川崎駅周辺には、デパート、ホテル、銀行、地下街「アゼリア」、商店街、娯楽・歓楽街が密集し、政治経済等の中枢的位置を占めています。また、管内の著名な施設として 川崎大師平間寺、川崎競馬場、川崎競輪場等があります。


連絡先
   
 

川崎市内全域が管轄ではありません。

川崎警察署の管轄をこちらでご確認ください。

川崎市内には他に  
川崎臨港署・幸署・中原署・高津署
宮前署・多摩署・麻生署
があります。各種届出・相談の際はご確認下さい。

各署の所在地・連絡先は
神奈川県警のHP
で確認出来ます。
           
044−222−0110(代表)
川崎警察署管内図


川崎警察署案内図


川崎警察署写真


パトカー1


パトカー2


パトカー3