神奈川県麻生警察署
〒215-0026 川崎市麻生区古沢86番地の1 電話 044-951-0110(代表)
トップ 警察署紹介 安全な暮らし 交通 トピックス 交番・駐在所 落とし物 お知らせ
トップページ > 警察署紹介
警察署紹介

 沿革
 麻生警察署は、昭和62年に多摩警察署の管轄区域を分割し、県内49番目の警察署として設立されました。
 管内は、川崎市西端の起伏に富む多摩丘陵の一角に位置し、東西7.5キロ、南北約6.5キロ、管内面積23.11平方キロで川崎市内の約6分の1を占めています。
 そして、近年「黒川地区」の開発によって誕生した「はるひ野地区」や、新百合ヶ丘駅周辺の再開発に伴う、麻生区の人口増加、産業の発展に応じた治安維持活動を行っています。
 所在地
 〒215-0026
 川崎市麻生区古沢86番地の1
 電話 044-951-0110(代表)
 アクセス
 小田急線【新百合ヶ丘駅】徒歩7分
 駅からの案内図はこちらをクリックしてください。
 警察署管内図
 管内図はこちらをクリックしてください。
 麻生警察署長あいさつ
麻生警察署長のあいさつ
 
  麻生警察署で働く車
 麻生警察署で働く車はこちらから
 シンボルキャラクター
 麻生警察署25周年に合わせ、麻生警察署のシンボルキャラクター「Pシモン」が誕生しました。
 Pのマーク入り制帽をかぶり麻生区のシンボルとなる「禅寺丸柿」をボディーにした「Pシモン」です。

 禅寺丸柿は、麻生区原産の柿で、文化財保護法により登録された学術上価値の高い植物です。
 その果実は、成長するに従い渋みが抜け、甘みが増して大変おいしくなるそうです。
 成長と共においしくなる禅寺丸柿にあやかり、禅寺丸柿をキャラクターにさせていただきました。

 Persimmon(柿)のPer(パー)の頭文字を、POLICE(警察)のP(ピー)に変えてこの愛称が生まれました。
 制帽のPのマークが輝く時、禅寺丸柿のボデイーが赤くなり犯罪者が青くなるキャラクターとしてネーミングしました。
イラスト:Pシモン
このページの先頭に戻る
神奈川県警察本部 / 警察署一覧 / 麻生警察署協議会