神奈川県栄警察署 電話番号045-894-0110
警察署案内のページへ各種手続きのページへトピックスのページへ犯罪抑止のページへ交番のページへ交通安全のページへ危機管理・災害対策のページへ統計のページへ
トップページ > 交通安全 > 高齢者事故

高齢者事故

 

安全横断5つの品格

 交通心理士が65歳以上の皆さんが歩行中に交通事故に遭うケースについてアンケート調査を実施し、その原因を分析しました。あなたも思い当たる節はありませんか?(対象 65歳以上の男女538人)
外出の目的は「買い物・通院」が多くなった 乱横断のイラスト
75歳以上の方の80%が、身体機能の低下を感じている
65歳以上75歳未満の方の半数が「自分は高齢者である」という意識が希薄である
高齢者は周りの通行者に依存する傾向がある
 このように、高齢者の方は自宅周辺で行動することが多く、8割の方が身体機能の低下を感じており、そして道路を横断するときなどには不安を感じています。
 また、75歳以上の高齢者になると、運転手さんはこちらに気がついて、「気を遣ってくれている」と感じる方が増えています。
 しかし、運転手に対する過度の期待感は、無理な道路横断のきっかけになりかねません。
 こうした分析結果をふまえて、交通事故に遭わないために覚えておいていただきたいことを、「安全横断5つの品格」としてまとめましたので、是非覚えて実践し、交通事故を防ぎましょう。

安全横断5つの品格  「ちょっと天気が不安だな」
ちょっ 近づいてきたら渡らない
止まってくれるとは限らない
てん 点滅したら渡らない
きが 気がついているとは思わない
不安 不安を感じたら渡らない

 

トラビックで交通安全

 トラビックをご存知ですか?
 トラビックとは、Traffic Safety(交通安全)とAerobic(エアロビック)を掛け合わせた造語で、神奈川県警察と神奈川県エアロビック連盟が共同開発した「高齢歩行者向け交通事故防止のためのエアロビック」です。

 お馴染みの童謡5曲に交通安全の歌詞をのせて、交通事故に遭わないために実践してもらいたい行動を取り入れました。
トラビックの写真

 
栄区でもたくさん開催しています!!

詳細はこちら → 神奈川県警察本部ホームページ
お申込みやお問合せは 栄警察署交通課交通総務係 045-894-0110
神奈川県警察本部 / 警察署一覧