ホーム > 警備課 > 地震対策について

警備課

日頃からの地震対策

非常持ち出し品の準備


東日本大震災のとき、実際に役立った物

非常持ち出し品

○ 防災用品

    携帯ラジオ、懐中電灯、軍手、ヘルメット(防災ずきん)、
   マスク、携帯電話、ろうそく

○ 食料

    水(3日分位)、缶詰、乾パン、ビスケット、カップめん

○ 貴重品

    現金、保険証、運転免許証、通帳、印鑑

○ 衣類

    下着、防寒着、雨具、タオル、毛布、紙おむつ



○ 医薬品

    常備薬、消毒液、包帯、ガーゼ、絆創膏

○ 生活用品

    洗面用具、ティシュー、割り箸、紙皿、はさみ、ごみ袋、生理用品、赤ちゃん用品


※ 車のトランクは身近な備蓄倉庫

 車のトランクを利用し、持ち出し困難な毛布、スコップやキャンピングセットなどを備蓄しておきます。災害時には交通規制が行われるため、長距離移動は困難ですが、自宅近くの空き地や一時的な避難生活が可能となります。


家庭での防災会議


避難場所

○ 身の安全を図る方法

○ 災害時の役割分担を決めましょう

○ 家族みんなが避難場所、集合場所などを知っているか


※ 避難場所までの道順を2通り以上想定して、実際に歩いて確認してみましょう

○ 家族での連絡方法を決めましょう。
 家族が離ればなれになっときの連絡方法を検討しておきましょう。

 災害時は、「NTTダイヤル171」災害用伝言サービスを活用することが可能です。


我が家の安全点検


  阪神・淡路大震災では、ほとんどの家具が倒れ、たんすなどの下敷きになる被害がでました。 点検

1 大きな家具は、固定用具で転倒防止

2 重い物は、できるだけ下段に

3 照明器具は、補助の鎖などで補強

4 キャスター付きの家具は、足を固定

火の始末

○ 火災原因の排除
  1 ストーブやガスコンロ等の周辺に、紙くずや油類等の燃えやすいものを
   置かない
  2 ベンジンやヘアスプレー等は落下したショック で発火する恐れがある
   ので、高い所に置かない

○ 窓ガラスの飛散防止
   窓ガラスの飛散を防止するためにフィルム等に貼る

○ 玄関など避難口の確保
   玄関やマンションの避難口に、転倒しやすい物や落下しやすい物を置
  かない


自主防災組織活動


近所で協力

 県内の各地では、町内会毎に自主防災組織が結成されています。災害時には第一次的にはお互いに助け合って活動することが期待されます。普段から地域のみなさんが協力し、どのようにできるかを話し合っておきましょう。

  ○ 町内会など自治会の集まりの参加
  ○ 隣近所で協力
  ○ 地域の防災対策を確認

※ 阪神淡路大震災では、救助を必要とし
 た人の8割が、家族や近所の方に助けら
 れています。


地震が発生したとき

どんなに大きな地震でも、揺れるのは短時間です。
あわてずに行動しましょう。

自宅にいるときは


○ 火の始末、火が出たら消火
○ テーブルや机等の下に身を隠す
○ みんなが助け合って応急救護
○ 窓やドアを開けて出口を確保
○ あわてて外に飛びださない
○ 誤った噂に惑わされず、正しい情報を
  ※ 東日本大震災でも、いたずらのメールが流された。

地震の時はテーブルの下に

屋外にいるとき


○ カバンや上着などで頭を保護し、落下物やガラスの破片等に注意して、公園や空き地、安全なビ
  ルの中等に一時避難しましょう。
○ 壁際・崖・河川には近づかないようにしましょう。


ビル内に居るとき


○ 多くのビルは耐震構造になっています。出入口や階段に殺到すると思わぬ事故につながります。施
  設の責任者がいる場合は、指示に従って行動しましょう。


電車に乗っているとき


○ 電車は、強い地震を感じると自動的に停車します。自分の判断で線路に降りたりしないで、乗務員
  の指示に従い、冷静に動きましょう。

電車の時は?

車の運転中


○ 地震を感じたら、車を道路の端に寄せて停車
○ カーラジオなどの地震情報や交通情報を開いて状況を把握しましょう。
○ 車を置いて避難するときは
   駐車場や空き地に移動する。なるべく道路の端に寄せて駐車する。エンジンを切って、エンジン
  キーは置いておきましょう。窓を閉め、ドアロックはしない。貴重品は車内に残さない。

車の時は?

その他災害について

署のご案内

犯罪発生状況

交通関係情報

etc