ホーム >交通課>瀬谷区内のゾーン30

瀬谷区内の《ゾーン30》の設置について

瀬谷区内のソーン30

《ゾーン30》とは、

 生活道路における歩行者等の安全な通行を確保することを目的として、区域(ゾーン)を定めて時速30キロの速度規制を実施するとともに、その他の道路管理者と連携し、様々な安全対策を必要に応じて組み合わせ、区域(ゾーン内)における速度抑制と抜け道として通行する行為の抑制を図るものです。

《ゾーン30》での具体的な対策

※ ゾーンの対策
 道路管理者と連携して、標識・標示の設置により、ドライバーに対し、ゾーンの出入口を明示し、更にゾーン内に標示を設置し、ゾーン内であること及び通過を抑制するよう意識させます。

 《ゾーン30》の説明は、警察本部のページにもあります。

詳しくは、ここをクリック

 瀬谷区《ゾーン30》の設置区域

 1、東野地区東側(延べ面積13.2ヘクタール)
 2、東野地区西側(述べ面積 5.4ヘクタール)
 3、下瀬谷中学校地区(延べ面積18.0ヘクタール)

 4、平成27年度設置区域2箇所(下図赤線内 28年1月設置)

   ひなた山地区 (延べ面積 8.7ヘクタール)

瀬谷区内のゾーン30平成27年度設置区域図 ひなた山地区
※この地図の全部又は一部を複製することを禁じます。

   二ツ橋中部地区(延べ面積13.6ヘクタール)

瀬谷区内のゾーン30平成27年度設置区域図 二ツ橋中部地区
※この地図の全部又は一部を複製することを禁じます。

 《ゾーン30》の標識及び路面標示写真

ゾーン30標識 ※ゾーン30標識(規制区域開始)

ゾーン30標識 ※ゾーン30標識(規制区域終了)

ゾーン30路面標示 ※ゾーン30路面標示

署のご案内

犯罪発生状況

交通関係情報

etc