横浜水上警察署タイトルロゴ神奈川県警本部ホームページへのリンクへ移動します警察署協議会ホームページへのリンクへ移動します各警察署ホームページへのリンクへ移動します
警察署案内へ移動します 各種手続へ移動します 統計関係へ移動します サイトマップへ移動します
横浜水上警察署警務課へ移動します 横浜水上警察署会計課へ移動します 横浜水上警察署生活安全課へ移動します 横浜水上警察署交通地域課へ移動します 横浜水上警察署刑事課へ移動します 横浜水上警察署警備課へ移動します
 

横浜水上警察署TOP>警察署案内>横浜水上警察署概要

 横浜水上警察署概要

設置年月日 明治32年8月1日
管轄区域 陸上 中区内の大桟橋ふ頭、新港町、新港ふ頭、山下ふ頭、神奈川区内の瑞穂ふ頭、鈴繁ふ頭、山ノ内ふ頭等の一部
海水面 横浜港湾区域(港湾法に基づく。)
河川 大岡川、中村川、帷子川、入江川、鶴見川の一部
交番 山下ふ頭・新港町
横浜水上警察署は、明治元年(1868年)に水上見張所として発足しました。
現在の建物は、昭和59年に新庁舎として、この場所に建てられました。

横浜水上警察署管内は海・河川を合わせて水域97%・陸地3%で、海の管内は鶴見区から金沢区までの横浜港湾区域となります。

陸上管内には、新港・山下埠頭の2か所に交番を設置しています。
船舶連絡所は、川崎港・湘南港江の島の2か所にあり、警備艇は水上バイク2隻を含め10隻あります。

戻る