横浜水上警察署タイトルロゴ神奈川県警本部ホームページへのリンクへ移動します警察署協議会ホームページへのリンクへ移動します各警察署ホームページへのリンクへ移動します
警察署案内へ移動します 各種手続へ移動します 統計関係へ移動します サイトマップへ移動します
横浜水上警察署警務課へ移動します 横浜水上警察署会計課へ移動します 横浜水上警察署生活安全課へ移動します 横浜水上警察署交通地域課へ移動します 横浜水上警察署刑事課へ移動します 横浜水上警察署警備課へ移動します
 

横浜水上警察署TOP>先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

  先輩職員   
T船長
出身地 新潟県
出身校 新潟県立高田商業高校
採用年月 平成28年5月

 毎日の勤務において心掛けている事
担当船舶の全性能発揮のため、常に整備と準備を怠らないように心掛けています。
職務に必要な知識、操船技術、地理把握、航海術等、日々学ぶ事が多く、先輩より指導を受けています。

 一番印象に残った事
初めて船舶衝突事故現場に向かった時です。
警察用船舶だけではなく、多数の船舶が臨場し、非常に緊張感に満ちた現場でありました。
私は現場において海上捜索及び情報収集活動に努めました。
その時、大変緊張したと同時に、自己の職務に対する強い責任感を感じ、印象に残っています。

 休日の過ごし方
友人と映画鑑賞をしたり、充実した余暇を過ごしています。

 船舶乗務員を希望している後輩へのメッセージ
常に緊張感があり、大変な事も沢山ありますが、「なぜ自分が、この職を選んだか」と言われれば、必ずや誇りを持てる仕事と考えたからです。
是非とも、自分の可能性を試してみませんか。


 先輩職員    
H船長
出身地 福岡県
出身校 海技大学校
採用年月 平成28年5月

 毎日の勤務において心掛けている事
運航前点検や常時見張りなど、基本勤務の励行を心掛け、船舶事故防止や、より安全な航海ができるように努めています。

 一番印象に残った事
荒天時の操船を初めて任された時です。
風が強く波浪もある海域での操船は大変緊張しましたが、そのような状況下でも冷静な判断や的確な指示を出す先輩は凄いな、私も早く同じ土俵に立ちたいと思いました。

 休日の過ごし方
趣味であるバイクツーリングをしています。
ご当地名物の美味しいものを食べたり、素晴らしい景色を堪能したり、温泉でのんびりしたりと、心身共に癒しています。

 船舶乗務員を希望している後輩へのメッセージ
人名救助や海上警戒など、大変やりがいのある仕事です。
船や海を通じて、共に県民のために働きましょう。


先輩職員     
S船長
出身地 神奈川県
採用年月 平成24年10月

 志望動機
海での仕事に興味があり、前職は海上自衛隊で勤務していました。
転職しても海の仕事に関わりたいと思い、その時、目に留まった県警の船舶乗務員募集案内に「天職はこれだ!」と採用試験に臨みました。

 仕事内容
船舶の保守整備・港内、河川、運河の警らを行い、警察官と協力し管内の治安維持にあたっています。

 やりがい
三交替制(当直・非番・日勤または休みを繰り返す)の勤務をしています。仕事も毎当直、変化があり沢山の知識を身に付ける事が出来ます。何より職責の誇りと強い使命感が満ち溢れています。休日には趣味そして家庭団らんと、充実ある生活を送っています。

 職場の雰囲気
前職では、電機部門を専門として勤務していました。操船やエンジンの整備には、あまり自信が無かったのですが、先輩方が丁寧に指導してくださり、毎日楽しく勤務が出来る職場環境です。

 今後の抱負
採用から、まだ日が浅いですが、操船技術や機関整備等の知識・技能の向上に、日々努力して行きたいと思います。


先輩職員     
N船長
出身地 青森県
出身校 国立清水海上技術短期大学校
採用年月 平成24年10月

 志望動機
海技士の資格を活かし、人のために役立てる仕事に就きたいと志望しました。

 仕事内容
横浜港を拠点に、その沿岸地域の重要施設の警戒など、警察官と共に守っています。当然、有事に備え万全の対応が出来る様、船舶の整備等も重要な仕事になっています。

 職場の雰囲気
採用前、警察のイメージとして「堅い・厳しい」と言う印象がありましたが、先輩方をはじめ、警察官の方々も優しく明るい方ばかりで、私同様、すぐに慣れる事が出来ると思います。

 今後の抱負
船舶乗務員は様々な仕事があります。当然、覚えなくてはいけない事も多数あります。
先輩方に認められる様、早く仕事を身につけ、一人前の船舶乗務員を目指します。

 船舶乗務員を希望している後輩へのメッセージ
船舶乗務員は海上の治安維持のほか、人命救助の出動も含まれます。一刻を争う事態に対し、常に船舶整備等をし、万全な体制で備えています。
とてもやりがいのある仕事です。
共に働く日をお待ちしています。


先輩職員     
O船長
出身地 東京都
出身校 国立波方海上技術短期大学校
採用年月 平成22年10月

 毎日の勤務において心掛けている事
朝、夕の挨拶や職場の仲間とのコミュニケ−ションです。
挨拶は社会人の基本であり、会話により一層、仲間意識も増します。

 一番印象に残った事
私が採用された時に、APEC(アジア・太平洋経済協力)会議が横浜で開催されました。
各都道府県警察からの応援をいただき、昼夜を問わず船上より警戒に従事した事です。

 休日の過ごし方
家族でフットサルに行ったり、キャンプをしたりと家族サービスをしています。最近、娘の自転車乗りの練習をしています。今は補助輪を外せる日が楽しみです。

 船舶乗務員を希望している後輩へのメッセージ
職場で必要な事は経験だと思います。「経験は宝」です。また社会人としてのスキル(挨拶や礼儀)です。一社会人としてのスキルを最低限、身につけてください。


先輩職員
T船長
出身地 北海道
出身校 国立清水海上技術短期大学校
採用年月 平成25年10月

 毎日の勤務において心掛けている事
 仕事に関しては、まだまだ未熟の部分が多く、様々な気象状況での操船や機関整備などで、毎日のように新たな発見があり、日々勉強だと思い仕事をしています。
 その中で操船は日々、無事故に心がけています。また、朝の挨拶や礼儀など基本的なことも、しっかりやるように心がけています。 
 一番印象に残った事
 採用されて数ヵ月が経った頃、海に人が落ちて溺れているとの110番通報がありました。
 私はすぐに準備をして船に向かいましたが、先輩達の乗る船は、すでに岸を離れ現場に向かった後でした。
 私は迅速な立ち上がりができなかった自分に対する悔しさと、先輩達の仕事に対する使命感や責任感を強く感じ、私もそのような船舶職員になりたいと思いました。

 休日の過ごし方
 映画観賞やドライブをして休日を過ごしています。

 船舶乗務員を希望している後輩へのメッセージ
 海上は時には風や波により荒れることもあり、船はひとりで動かすことはできません。
 不安なことや困難なことがあっても、仲間と協力し助け合いながら克服できます。
 船舶乗務員を希望する方々、一緒に頑張りましょう。


戻る