神奈川県警察ホームページへ神奈川県警察署一覧へ

犯罪の発生認知状況(2020年)  数値は暫定値です。単位:件
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
刑法犯認知件数 83 79 79 62
特殊詐欺 10 3 6 6
車上狙い 3 2 4 5
万引き 10 13 7 6
自転車盗 14 11 9 6
オートバイ盗 3 2 4 5

特殊詐欺の発生状況(2020年4月末現在) 戸塚警察署管内 神奈川県内
2020年発生件数 25件 636件
(前年対比) -1件 -104件
2020年被害総額 約2,747万円 約9億375万円
(前年対比) 約-238万円 約-4億8,706万円

注意してください
〜新型コロナウイルスの感染拡大に伴う詐欺、悪質商法に注意〜
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い家族や官公庁を装った「新型コロナに感染したのでお金が必要。」「検査費用を肩代わりする。」等の電話やメールを使用した詐欺手口や、「水道管にウイルスが付いている。」「マイナスイオンでウイルスが死滅する。」等と言った悪質商法の出口が予想されます。
特別定額給付金に関して、市区町村や総務省が現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすること、受給にあたり手数料の振り込みを求めること、メールを送りURLをクリックさせて申請手続きを求めること等は絶対にありませんので、ご注意ください。
〜特殊詐欺から発展するアポ電強盗に注意〜
令和2年に入り、犯人が電話で「自宅に現金はいくらあるのか。」「家にいる時間帯はいつか。」「家族は何人か。」等と聞いてくる、いわゆるアポ電を契機とした強盗事件が神奈川県内でも発生しています。電話で現金の保管状況や暗証番号等は絶対に教えないようにするとともに、自宅の戸締りをしっかり確認し、来訪者にはインターホンやドアチェーン等を活用して対応するようにしましょう。また自宅には多額の現金を保管しないようにしましょう。
特殊詐欺も含め、こういった犯罪に遭わないように家族や周囲の方とも話し合いましょう。


ここをクリックすると防犯アドバイスのページへジャンプします
                                       
戸塚区内の特殊詐欺被害発生情報(2020年4月分)
警察が認知した日 被害の内容
令和2年4月8日 令和2年4月8日、区役所の職員を名乗る者から「医療費の還付金があります。手続きをしますので、どちらの銀行口座を使いか教えてください。」等と言われた。その後郵便局員を名乗る者から「キャッシュカードが古いので新しいものと交換します。外回りの職員がこれから伺います。」等と言われ、これを誤信した被害者が、自宅に来た犯人にキャッシュカードを手渡してしまう事案が発生しました。
令和2年4月8日 令和2年4月8日、警察官を名乗る者から「捕まえた詐欺グループが所持していたメモの中にあなたの住所とキャッシュカードを見つけました。被害に遭ったお金は財務局で補償します。これから自宅に伺います。電話は切らないでください。」等と言われ、これを誤信した被害者が、自宅に来た犯人が差し出した封筒に、キャッシュいカードを入れた際に犯人に封印が必要と言われため印鑑を部屋の奥に取りに行くため、目を離した際に封筒をすり替えられる事案が発生しました。
令和2年4月9日 令和2年4月9日、関東財務局を名乗る者から「あなたのカードが使われているので作りなおす必要があります。関東財務局の者が伺いますので、今のカードを使えなくするために渡してください。」等を言われ、これを誤信した被害者が、自宅に来た犯人が差し出した封筒に、キャッシュいカードを入れた際に犯人に封印が必要と言われため印鑑を部屋の奥に取りに行くため、目を離した際に封筒をすり替えられる事案が発生しました。
令和2年4月19日 令和2年4月18日、携帯電話にショートメールで「支払の確認が取れないので、記載の電話番号に連絡をお願いします。」とのメッセージが届き、同電話に架電したところ債権回収委託会社を名乗る者から「未納料金を払ってください。遅延すると訴訟になります。」等を言われた。その後団体職員を名乗る者から「誤認登録の可能性があるため、一旦支払えば訴訟を止めることができる。後日返金もされます。」等と言われ、これを誤信した被害者が犯人の指示に従い、コンビニエンスストアでWebマネーを購入し、その番号を犯人に伝えてしまう事案が発生しました。
令和2年4月19日 令和2年4月19日、自宅のパソコンで動画サイトを見ていたところ「あなたのパソコンがウイルスに感染しました。記載の番号に連絡ください。」と文字が出て、画面が動かなくなったことから、架電したところ、エンジニアを名乗る片言の日本語を話す者から「ウイルス対策に年間2万5000円が必要。Google Pay(グーグルペイ)のカードを購入するように。」等と言われ、これを誤信した被害者が、犯人の指示に従い、コンビニエンスストアでWebマネーを購入し、カード番号を伝えてしまう事案が発生しました。


生活安全課目次ページへ戻る  トップページへ戻る