神奈川県警察ホームページへ神奈川県警察署一覧へ

犯罪の発生認知状況(2019年)  数値は暫定値です。単位:件
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
刑法犯認知件数 71 91 90 114 101 91
振り込め詐欺 3 5 13 5 8 5
車上狙い 7 11 10 9 3 8
万引き 9 13 10 12 12 14
自転車盗 14 19 11 18 15 11
オートバイ盗 2 4 8 8 3 3

振り込め詐欺の発生状況(2019年6月末現在) 戸塚警察署管内 神奈川県内
2019年発生件数 39件 1,083件
(前年対比) -23件 -284件
2019年被害総額 約4,916万円 約20億5,114万円
(前年対比) -5,098万円 -6億4,244万円

新しい手口の振り込め詐欺を認知!!
平成31年に入り、神奈川県内で新しい手口の振り込め詐欺を認知しましたので紹介します。
新しい手口は、「元号の改元に伴い、銀行法が改正されるため、キャッシュカードを不正操作防止用のカードへ変更することとなりました。」との内容が記載された手紙が自宅へ郵送されてきて、その手紙にキャッシュカードの暗証番号などを記入させて、同封している返信用封筒でキャッシュカード等を犯人宛に送らせる内容です。
銀行協会や、警察、役所等が暗証番号を訪ねたり、キャッシュカードを受け取ることは絶対にありません。新しい手口ですので注意ください。


新手口に使用された手紙の実物はこちら
(PDFファイル 663KB)  (テキストファイル)


                                
戸塚区内の振り込め詐欺被害発生情報(2019年6月分)
警察が認知した日 被害の内容
令和元年6月22日 令和元年6月13日、孫娘を騙る者から「仕事の都合でお金が必要になった。」等と連絡があり、誤信した被害者は、現金を用意して、犯人が指定した電話番号へ連絡したところ「会社の同僚が取りに行くから渡してほしい。」と言われ、自宅を訪れた犯人にお金を渡してしまうオレオレ詐欺の被害が発生しました。
令和元年6月19日 令和元年6月19日、戸塚区役所を騙る者から「医療費の還付金があります、ATMで番号を採る手続きをしてください。ATMに着いたら電話してください。」と連絡があり、誤信した被害者は、犯人が指定するATMに向かい、犯人の指示に従いATMを操作して、お金を犯人に振り込んでしまう、還付金詐欺の被害が発生しました。
令和元年6月13日 令和元年6月13日、息子を騙る者から「会社のお金を使い込んでしまった。補填しないと会社をクビになってしまう。」と連絡があり、誤信した被害者は、自宅に訪れた息子の会社の同僚を騙る者にお金を手渡してしまう、オレオレ詐欺の被害が発生しました。
令和元年6月10日 令和元年6月10日、役所を騙る者から「還付金があるので利用している金融機関を教えてほしい」等と連絡があり、被害者が「キャッシュカードを持っていません」と答えたところ、犯人は「キャッシュカードを作ったほうがいい。金融機関の職員が家に行くので、その時にキャッシュカードを作ってください。」と言われた。後刻被害者宅に来た金融機関職員を騙る犯人に「キャッシュカード作る際に100万円必要です。」等と言われ、誤信した被害者がお金を渡してしまう、特殊詐欺の被害が発生しました。

生活安全課目次ページへ戻る  トップページへ戻る