被害相談窓口のご案内

【 警務課 】

こころの扉を開いて
犯罪による被害の相談を受けています

 被害相談窓口をご存知ですか?
 犯罪の被害者は、犯罪による直接的な被害(怪我をする、お金を盗まれる等)だけでなく、その後に生じる様々な問題で長期にわたって苦しめられています。その中でも精神的な被害は深刻です。
 警察では、警察本部に各種の被害相談窓口を設け、被害者本人だけでなく、ご家族の方々からの相談にも応じています。

被害相談窓口
○ ユーステレホンコーナー
  (少年の被害相談)
TEL
TEL 
0120−457−867
045−641−0045
○ 悪質商法110番 TEL  045−651−1194
○ 鉄道駅構内・電車内での痴漢等迷惑行為相談  TEL 045−461−0110
○ 性犯罪110番 TEL  045−681−0110
○ 暴力団からの不当要求拒絶コール TEL 0120−797−049
○ 交通相談センター TEL 045−211−2574


被害者支援のホームページ
◎ 神奈川県警察  http://www.police.pref.kanagawa.jp/mes/mesb0023.htm
◎ 警察庁 http://www.npa.go.jp/higaisha/home.htm

◎ 犯罪被害者等早期援助団体・NPO法人神奈川被害者支援センター
  犯罪や交通事故等の被害者やその家族・遺族の方々に、電話相談を始めとする様々な支援を行い、悩みの解決や心のケア等をしている民間団体で、「かながわ犯罪被害者サポートステーション」において、県警察及び県と連携して活動をしています。
☆ 事件や事故の被害に遭われたあなたを支援します。
   電話相談 045−311−4727 (月曜日から土曜日の午前9時から午後5時まで。祝日・年末年始を除く)
☆ 性犯罪に遭われた方の専用電話
  ハートライン神奈川 045−328−3725 (月曜日から土曜日の午前10時から午後4時まで。祝日・年末年始を除く)
  ホームページアドレス http://www.kanagawa-vsc.or.jp/index.html
※「かながわ犯罪被害者サポートステーション」とは・・・
 警察、県及びNPO法人神奈川被害者支援センターの三者が常駐しており、ワンストップでの各種被害者支援を行っている施設です。
 

犯罪被害者給付制度

 本制度は、通り魔殺人等の故意の犯罪行為により不慮の死を遂げた方のご遺族又は重傷病を負い若しくは障害が残った被害者に対して、国が給付金を支給することにより被害者の精神的・経済的打撃の緩和を図ろうとするものです。
犯罪被害者等給付金には、次の種類があります。

○ 遺族給付金
  被害者のご遺族(第一順位遺族)の方に支給されます。
○ 障害給付金
  身体に障害(法に定める1から14級)が残った方に支給されます。
○ 重症病給付金
  入院3日以上かつ加療1か月以上を要する負傷又は疾病を負った方に支給されます。
※ 当該疾病が精神疾患の場合については、入院要件が除外されますが、その症状の程度が「3日以上労務に服することができない程度であったこと」が要件となります。
※ 重症病給付金は1年間の、医療費の自己負担相当額(保険診療適用後)と休業損害を考慮した額の合算額として支給されます。(上限額は120万円)
○ 犯罪被害給付制度における申請手続等は、申請者の住所地を管轄する都道府県公安委員会(警視庁又は警察本部)で行っています。

◎ お問い合わせ先
  警察本部警務課被害者支援室 045−211−1212 内線2705

 

トップページに戻る