神奈川県警察ホームページへ神奈川県警察署一覧へ

薄暮時の交通事故防止
これから日没時間が早くなっていきます!
 
 車を運転するみなさんは、明るいときは運転しやすく、暗くなると運転しにくいのは当然ですが、その変わり目である夕暮れどき(薄暮時)の方が運転しにくいイメージがあると思います。
 屋外の明るさが日没後の30分間に急激に変化する時間帯があり、単に薄暗い時よりも、運転や歩行に支障をきたしやすいと考えられており、この時間帯を薄暮としています。
 実際に交通事故も、この薄暮時が通勤通学時間帯と並び他の時間帯に比べて発生が多いという現実があります。特に薄暮時は、他の時間帯と比べると歩行者と車両の交通事故が多いことから、重大交通事故になる傾向にあります。
・ ドライバーの皆さんにお願いしたいことは...
  前照灯を早めに点灯するということです!! 

 前照灯を早めに点灯することで、薄暮時で目が暗さに慣れない状況でも、前照灯の明るい光を発することで、自分の運転する車両の存在を他の交通利用者にアピールすることができます。また前照灯を点灯することで、反射材等を身につけている歩行者や自転車の存在をいち早く発見することができ、交通状況を把握し交通事故の防止に繋がります。
自動車
自転車 ・ 自転車を利用される方にお願いしたいことは...
  必ずライトを点灯するということです!!

 自転車は、車に比べて走行中の音が静かで、周囲の歩行者や車両から発見しにくいので、日没後は必ずライトを点灯して下さい。また、車輪や後部、ペダル等についた反射材が壊れたり、取れたりしていないか点検もお願いします。
・ 歩行者の皆さんにお願いしたいことは...
 反射材を身につけて欲しいということです!!


 反射材は、車両等のライトの光が反射して、反射材を身につけていない時と比べると、車両を運転しているドライバーが、約2倍も遠い距離で歩行者を発見することができ、交通事故に遭いにくくなります。
歩行者
早めの点灯!反射材の着装!交通事故防止に努めましょう!!

交通課からのお知らせに戻る