神奈川警察署の写真神奈川警察署ロゴ
トップページ 所在地 〒221-0045 神奈川県横浜市神奈川区神奈川2丁目15番地3 電話045-441-0110(代表)
警察署案内 警察署からのお知らせ 採用情報 各警察署のホームページ
交通関係 防犯関係 地域関係 トピックス


免許窓口のご案内(窓口案内図)
タイトルマーク 運転免許更新手続
月曜日から金曜日まで
(祝日・休日・年末年始の休日を除く)

* 土曜日、日曜日は手続できません
更新 講習の種類 受付時間 講習時間 講習場所
 ○ 優良運転者講習 午前8時30分〜午前11時30分
午後1時〜午後4時30分
※書類作成や検査があるので、終了時間前にお越しください。
30分 神奈川警察署
(当日受講)
 ○ 一般運転者講習 午前8時30分〜正午
午後1時〜午後5時15分
書類作成や検査があるので、終了時間前にお越しください。
1時間 神奈川公会堂
(受付時、後日の
受講日を指定します。)
 ○ 高齢者講習
(70歳以上の方)
午前8時30分〜正午
午後1時〜午後5時15分
※高齢者講習修了証明書若しくは、同講習の予約がされている方
※同講習を受講されない場合は、運転免許の有効期限が失効します
 × 違反者講習 神奈川警察署では、手続きはできません。
 × 初回更新者 神奈川警察署では、手続きはできません。

優良運転者講習

 上記の受付時間に受付を行い、適正検査終了後、当時に神奈川警察署において30分の講習を行います。

※講習を受講しない場合は、更新手続きは終了しません。その場合、運転免許の有効期間が失効する場合があります。

一般運転者講習

 上記の受付時間に受付を行い、後日講習日を指定します。講習場所は、神奈川公会堂において1時間の講習を行います。

※指定日は、更新受付時により異なります。また、講習場所が変更になる場合があります。
※講習を受講しない場合は、更新手続きは終了しません。その場合、運転免許の有効期間が失効する場合があります。

問い合わせ場所 神奈川警察署  免許担当  045−441−0110 
   (上記更新手続受付時間)

講習区分 該当区分
優良運転者  70歳未満の方で、更新日までに継続して免許(仮免許を除く。)を受けている期間が5年以上で、かつ、免許証の有効期間が満了する日の直前の誕生日の40日前から起算して過去5年間において違反行為又は重大違反唆し等若しくは、道路外致死傷をしたことのない方。
一般運転者  70歳未満の方で、継続して免許を受けている期間が5年以上で、かつ、免許証の有効期間が満了する日の直前の誕生日の40日前から起算して過去5年間において3点以下の軽微な違反が1回の方。ただし軽微違反行為をし、人身事故を起こした方は除く。

運転免許証更新等手続について警察本部リンク
記載事項変更手続 更新手続
県警本部HPの変更手続きページへ 県警本部HPの更新ページへ
再交付手続 国外(国際)運転免許申請手続
県警本部HPの再交付手続きページへ 県警本部HPの国際免許ページへ

 運転免許の申請取消し(自主返納)について
 運転免許の申請取消し(自主返納)とは、免許をお持ちの方が免許の全部又は一部の取り消しを申請できる制度のことです。
 運転経歴証明書について
 また、運転経歴証明書とは、運転免許証と同じ大きさで、免許の申請取消し(全部)を行った日から、過去5年間の運転経歴を証明するものです。
 詳しくは、警察署の窓口又は、県警本部ホームページ「運転免許の申請取消し(自主返納)の手続きについて」「運転経歴証明書の各種手続きについて」を確認してください。

各種法改正について(道路交通法関係)
警察署からのお知らせに掲載しています、参照してください。

保管場所証明窓口のご案内

 申請受付時間

月曜日から金曜日まで (祝日・休日・年末年始の休日を除く)
* 土曜日、日曜日、祝休日は手続できません 

     午前8時30分から正午及び午後1時から午後5時15分

 電子申請について
県警本部HPの自動車の保管場所(車庫)証明電子申請手続きページへ 

(各種申請書類等のダウンロードができます。)

道路使用窓口のご案内

道路使用許可について

 道路は、本来、人や車が通行するためのものですが、様々な用途に使用されています。そこで、道路交通法では、本来の使用目的以外でも効果的に利用出来るよう、様々な道路使用行為を許可の対象として、道路の秩序や安全を守りながら利用できるよう努めています。

道路使用許可の対象について

 道路使用許可の対象となる行為は、次のとおりです。(道路交通法第77条第1項)

(1) 道路において工事又は作業をしようとする行為
(2) 道路に石碑、銅像、広告板、アーチ等の工作物を設けようとする行為
(3) 場所を移動しないで、道路に露店、屋台店等を出そうとする行為
(4) 前各号に揚げるもののほか、公安委員会が定める一定の行為
* 具体的行為については、祭礼行事、集団行進、ロケーション等があります。

1号許可

道路工事、管路埋設工事、軌道工事、地下鉄工事、跨道橋工事、 架空線工事、マンホール作業、採血等作業、ゴンドラ作業、搬出入等作業  等

2号許可

公衆電話ボックス等の設置、街路灯・消火栓の設置、 路線バス停留所等標示施設の設置、アーケードの設置、 立看板・掲示板・その他広告板の設置、横断幕の設置、 飾付けの設置、舞台・やぐらの設置  等

3号許可

露天、屋台店、靴修理、商品の陳列台  等

4号許可

祭礼行事、ロケーション、消防訓練、寄付金募集、宣伝物交付、 車両街宣、車両装飾、路上競技  等

 

道路使用許可の申請について

道路使用許可の申請方法は、次のとおりです。(道路交通法第78条第1項)

(1) 許可申請は、申請者が警察署長に対し、許可を申請してください。
(2) 道路使用許可の申請は、所定の「道路使用許可申請書」により行うことが必要です。
(3) 「道路使用許可申請書」用紙は、各警察署にありますので申請件数分を受け取って申請してください。
(4) 県内2署以上の管轄にわたる道路使用については、出発地を管轄する警察署、又は、主に道路使用行為をする場所を管轄する警察署に申請してください。

申請手数料について

 【道路使用手続関係手数料】  平成28年4月1日現在

手数料種別

新手数料

1号許可

2,510円

2号許可

2,000円

3号許可

2,000円

4号許可

2,000円


申請受付時間 月曜日から金曜日まで(祝日・休日・年末年始の休日を除く)
午前8時30分から正午、及び午後1時から午後5時15分
※土曜日、日曜日、祝休日は手続きできません。
 参照 県警察本部ホームページの道路使用の手続きページへ
 
通行許可、通行禁止除外、駐車禁止除外・駐車許可については
県警察本部ホームページの各種手続きページの交通関係を参照してください。
(各種申請書類等のダウンロードができます。)