神奈川警察署の写真神奈川警察署ロゴ
トップページ 所在地 〒221-0045 神奈川県横浜市神奈川区神奈川2丁目15番地3 電話045-441-0110(代表)
警察署案内 警察署からのお知らせ 採用情報 各警察署のホームページ
交通関係防犯関係地域関係トピックス
二輪・原付の防衛運転について

防衛運転に心がけましょう

思っているほど、車からは見られていません
自動二輪車と原動機付き自転車の宿命的な弱点は車体が小さいために四輪自動車から見落とされやすいこと。
これは、四輪自動車との事故の多くが、二輪・原付の方が被害者になった「もらい事故」であるという実態からも明らかです。
危ないクルマバイクを見落としているかも知れません。
自分からすすんで安全を確保しましょう。

たとえば・・・・・・
渋滞車両のわきを直進するとき
◎渋滞待ち車両は対向車線の右折車にとって視野障害になります。
◎対向右折車が横断中の歩行者に気をとられていることもあります。

交差点で右折するとき
◎対向車線の直進のバイクの速度を実際よりも遅いと感じているかも知れません。
◎また、対向直進車がわき見をして、バイクに気づくのが遅れることもあります。

こんな車から見落とされているかも・・・・・・
左前方のわき道から
出て来る交差車両
  左折する前車のかげから
出て来る交差車両
交差路の存在を常に意識し、交差車両の有無や動きをしっかり確かめましょう 左折する前車を追い越そうと右に進路変更して進行する場合は、十分速度を落とし安全を確めながら進行しましょう
駐車車両のかげから
来る交差車両
左折の合図を出している
右側方の並進車両
駐停車車両で隠れた部分が見えるまで、速度を落として慎重に走行しましょう 速度を落として左折しようとしている車両の左横を追い抜くのは大変危険です。
渋滞車両のすき間から
出て来る交差車両
歩行者の動きにも注意
前方に交差路があり、渋滞車両の間もあいていたら、いつでもブレーキをかけられる準備をして進行しましょう 
歩行者を発見したら、速度を落としていつでもブレーキングできる体制をとるとともに、その動きに目を光らせましょう