神奈川県伊勢佐木警察署
警察署案内 各課ページ お知らせ 交番 交通安全 各種手続 統計
トップページ > 各課ページ > 警備課 サイトマップ
警備課
 
伊勢佐木警察署 警備課
 
 
警備課では  
震災に備えて  
直轄警察隊の活動  
テロ対策について
 
 
 
  警備課では・・・  
検問中のイラスト 警備犯罪に対する捜査、国内外の要人に対する警護、初詣や花火大会などの雑踏事故防止対策、大規模な自然災害(地震、津波、土砂災害等)や 事故災害(工場火災等)に関すること、テロ・ゲリラ等の予防・捜査に関することを担当しています。 広報中のイラスト
 
1月17日は防災とボランティアの日

 毎年1月15日から1月21日までを「防災とボランティア週間」、1月17日を「防災とボランティアの日」としています。
 これは、平成7年に発生した「阪神・淡路大震災」を踏まえて設けられたものです。
 災害時におけるボランティア活動、自主的な防災活動についての認識、備えの充実強化を目的としています。
防災グッズを準備する様子のイラスト
震災に備えて
「天災は忘れた頃にやってくる」ということわざがあります。 地震のイラスト
大きな地震や津波が起こったことで、これまでに日本国内や海外でも多くの人が怪我をしたり、亡くなられたりしています。
「いつ、何処で起こるかわからない」、「突然起こる」から怖い地震。
いつ発生するのか正確に知ることは難しいからこそ、日頃から準備をして地震による被害をなるべく少なくしましょう。
 
 
 
日頃備えておくべきこととは?
 
避難場所は何処か、どうやって行くのか確認しましょう 避難場所確認
地震が起きた時にどこへ避難するか知っていますか?
避難場所へどうやって行くか、行くまでに崖や川などないところはないでしょうか。
何もない時にこそ確認しておきましょう。
 
避難場所に行く前の待ち合わせ場所、離れている家族との連絡手段を決めている? 避難場所に行く
家族全員が揃っていればいいですが、会社や学校などそれぞれ違う場所で過ごしている時もあります。
そんな時のために家族が待ち合わせする場所を決めておきましょう
また、携帯電話等が繋がらなくなる時もあります。
連絡がとれない時はこうしよう、という『家族ルール』を決めておくと安心です。
 
非常袋はありますか? 避難袋を用意
必要なものは揃っていますか?
非常袋とは食べ物や飲み物、着替えや携帯ラジオ、懐中電灯等を用意しておくためのもので、家族が3日間過ごせる分を用意しておくとより良いでしょう。
せっかく用意しても、取り出しにくい場所に置いていたり、水や食べ物の消費期限が切れていては、いざという時には使えません。
定期的に非常袋の中を確認して、いつ災害が発生しても使えるようにしておきましょう。
こんなものを用意しておくと便利です。
      ↓   ↓   ↓
非常持出し袋チェックリスト(PDFファイル 81KB)
災害用伝言サービスを知っていますか? 災害用伝言板を写したスマートフォンのイラスト
上手に使って家族の安心に繋げよう
家族のイラスト
電話を使用するものと、インターネットを使用するものがあります。
電話を使用するもの固定電話のイラスト

 災害用伝言ダイヤルは、被災者が自宅等に固定電話番号を持っている場合に、固定電話番号に対して安否情報等の伝言を登録(録音)できます。
その登録(録音)されている音声を家族等が聞いて安否を知ることができるサービスです。
 171に電話をかけて(録音)又は(再生)を選択し、固定電話番号を入力すると固定電話番号に対し録音又は再生することができます。
インターネットを使用するものスマートフォンのイラスト
 災害用伝言板は、被災者がインターネット環境を使用できる場合に携帯電話等のインターネット端末から、インターネットの掲示板に安否情報(伝言)を文字で登録することが出来ます。
 その掲示板の伝言内容を家族等が見て、安否情報を知ることが出来るサービスです。
 使用方法は、携帯電話会社等により異なる場合がありますので、事前に自分の使用している会社等のホームページ等を確認してください。
 登録内容には、定型文を選択することもできますし、自分が考えた自由な文章を登録することも出来ます。
 登録する内容のポイントは、イセタカくんのように自分の名前、居場所、健康状態(怪我があるかどうか)をわかるようにすることです。
イセタカくんのイラスト イセタカくんです。今、イセザキ小学校の体育館にいます。怪我はなくて元気です。落ち着くまで、体育館に避難しています。
これらのサービスは、電気通信事業者から提供されているもので、体験利用ができます。
毎月1日、15日
毎年1月1日〜1月3日
防災週間、防災とボランティア週間等
各電気通信事業者により使用方法、体験利用日時等が異なる場合があるので事前に確認してください。
体験版を使ってみて、家族で連絡が取れるようにしておくと安心です。
 
 
 
地震が起きた!!そのときは
避難するイラスト 揺れている時は机の下にもぐる、座布団等で頭を守ろう
机の下にもぐって体を守り、揺れが収まるまでじっと動かないでいましょう。
上から物が落ちてくることがあるのでクッション、座布団で頭を守りましょう。
外出先では、かばんや手荷物で頭を守ることも有効です。
避難するイラスト 移動する時は室内でも靴等を履いて移動しよう
地震が起きると、上から落ちてきたもの、倒れてしまったもの、窓ガラスが割れて破片が飛び散っていることがあります。
屋外にいる時はもちろんですが、室内にいたら、まず靴やスリッパを履いて、足を怪我しないようにしましょう。
津波のイラスト 海や川に近づかないようにしよう
地震が起きると、津波がきます。
川でも、流れを遡ってくることもあります。
揺れを感じなくても、津波に注意するようにテレビ等で聞いたら、より高いところへ逃げましょう。
また、津波は何度も押し寄せることがあるので、しばらく近づかないようにしましょう。
ラジオのイラスト ラジオ等で正しいニュースを聞こう
他の人から聞いたことは、正しい情報ですか?
伝言ゲームのように、間違ってしまっていることもあるかもしれません。
テレビやラジオで正しい情報を聞きましょう。
 twitter公式アカウントにおいて、「神奈川県警察本部警備部危機管理対策課」のオリジナルキャラクター「ワシ彦(ワシピコ)くん」が防災訓練や防災イベントに関する情報、異常気象等に関する情報、台風の接近、地震発生時の防災情報をお知らせしてくれています。 ワシ彦くんのイラストワシピコくんだピコ!よろしくピコ!
 お友達の県警マスコット・ピーガルくんとのおもしろいツィートも注目です。
 ぜひご活用ください。
ページの先頭へ 神奈川県警ホームページ / 警察署一覧 / 警察署協議会