神奈川県警察南警察署トップページ南警察署 警備課大震災対策
日常の地震対策
  
家庭で年1回の防災会議
いざ地震が起こった場合、とっさに適切な行動をすることは難しいものです。落ち着いて行動できるように普段から家族で話し合っておきましょう。
身の安全を図る方法 災害・家族会議
家族それぞれの役割分担
避難場所、集合場所の確認
避難場所までの道順を2通り以上想定して、実際に歩いて確認してみましょう。
家族の連絡方法
家族が離ればなれになったときの連絡方法を検討しておきましょう
災害時は、「NTTダイヤル171」を活用することが可能です。
「NTTダイヤル171」とは、大地震等が発生した際に家族の安否情報などを、「声の伝言板」として録音 ・再生できる災害用伝言ダイヤルです。
  このダイヤルは非常用の通信システムですので、平素は使用することができません。提供の開始は大規模な地震や災害が発生した際にNTTの判断で決定され、テレビやラジオ等で使用方法が流されます。
  ・ NTTダイヤル171の使い方
  伝言の録音方法→ 171+1+自宅の電話番号
  伝言の再生方法→ 172+2+自宅の電話番号
非常用の準備(チェック)
非常持ち出し品に必要最小限の物をまとめて、目につきやすいところに置いておきましょう。また、避難するときは荷物を手に持たないようにし、身軽に活動できるように心掛けましょう。
ヘルメット、ヘッドランプ、ゴーグル、防塵マスク、ウエットティッシュ、生理用品、ホイッスル、厚手靴下、軍手、長袖シャツ、予備眼鏡、入れ歯、補聴器、アドレス帳、保険証・運転免許証、現金、小銭、携帯電話、ラジオ、懐中電灯、乾パン、ペットボトル入り飲料水
地震が発生したら
どんなに大きな地震でも揺れるのはごくわずかな時間です。あわてずに落ち着いて行動しましょう。
家庭にいるとき
まず火の始末、火がでたら初期消火
大地震は何時私たちに襲いかかってくるか分かりません。そのため、平素からの準備が大切です。
日常のちょっとした備えや工夫により、地震から身を守ることに心掛けましょう。
窓やドアを開けて出口を確保 災害・大地震
テーブルや机等の下に身を隠す
あわてて外に飛び出さない
みんなが助け合って応急救護
誤った噂に惑わされず、正しい情報を
避難は周囲を確かめ、あわてずに
避難するときは、自宅の玄関に、避難先・連絡先・安否情報等を貼り出しておくと良いでしょう
屋外にいるとき
カバンや上着などで頭を保護し、落下物やガラスの破片等に注意して、公園や空き地に一時避難しましょう。
壁際・崖・川岸には近づかないようにしましょう。
ビル、地下街にいるとき
多くのビルや地下街は耐震構造になっています。出入口や階段に殺到すると思わぬ事故につながります。施設の責任者がいる場合は、指示に従って落ち着いて行動しましょう。
電車に乗っているとき
電車は、強い地震を感じると自動的に停車します。勝手に線路に降りたりせずに、乗務員の指示に従い、冷静に行動しましょう。
車を運転しているとき 災害・電車
地震を感じたら、車を必ず道路の側端に寄せて停車してください。
カーラジオ等からの地震情報や交通情報に基づいて行動してください。
現場の警察官の指示に従ってください。
車を置いて避難するときはなるべく駐車場や空き地に移動する。また、やむを得ず路上に置く場合は、側端に寄せて停車する。
エンジンを切り、エンジンキーは付けたままにする。
窓を閉め、ドアロックはしない。
 
神奈川県南警察署 警備課
南警察署 警備課(目次)へ
南警察署 トップページへ