神奈川県警察南警察署トップページ神奈川県南警察署交通課 >反射材をつかいましょう
お知らせ
反射材をつかいましょう
反射材とは
 自動車のライト等から出る光を反射し、とても明るく見える素材を使ったグッズです。反射材を身に着けていると、車両の運転手に早めに自分が道路上にいることを知れせることができるため、交通事故に遭いにくくなるメリットがあります。
 車からの見え方
 夜間、車が時速60キロメートルでヘッドライトを下向きにして走行している場合、黒っぽい服装の人は車から26メートルの距離まで近寄らないと発見できません。明るい(白っぽい)服装の人は車から38メートル、反射材を身に着けていると57メートル以上の距離が離れていても運転手から見つけられます。
 このように反射材は、車の運転手に歩行者の存在を早いうちに知らせることができるので、反射材を身に着けている人は、着けていない人より発見されやすくなり、事故に遭いにくくなります。
反射材をつかいましょう
写真のように反射材には、キーホルダーやたすきなど様々なものがあります。
自分にあった反射材を身に着けて、交通事故から自分を守りましょう。
神奈川県南警察署 交通課
神奈川県南警察署 交通課(目次)へ