神奈川県警察南警察署トップページ南警察署 生活安全課青パトであなたの街を守りましょう
青パトであなたの街を守りましょう
青パトをご存知ですか

  青色防犯パトロールについては、
神奈川県警察本部のホームページ
にも掲載されていますが、よくある
質問をQ&Aでまとめてみましたの
で参考にして下さい。        
写真・南防犯協会の青パト
南防犯協会の青パト
Q.申請の条件は何ですか。
    
A.  次のいずれかに該当している団体であること。
  (1)  県又は市町村(自治体で構成する団体を示します。)
  (2)  知事、警察本部長若しくは、警察署長又は、市(区)町村長から防犯活動の委嘱を受けた方により構成されている団体その他の組織(町内会、自治会などが該当します。)
  (3)  地域安全活動を目的として設立された民法又は特定非営利活動促進法の法人若しくは地方自治法の市(区)町村長の認可を受けた地縁による団体
  (4)  上記(1)〜(3)から防犯活動の委託を受けた者
   継続的な自主防犯パトロールの実施が見込まれること。
   予想される事案に対して適切な対応が出来ると認められること。 
   青色防犯パトロールを適正な方法により実施することができると認められること。 
Q.どのように申請したらいいのですか。 
A. 申請は警察署の生活安全課で受け付け、次の手順で手続きが進みます。
   申請書類は、南警察署にも用意してあります。
 証明申請及び必要書類を青色防犯パトロールを実施する地域を管轄する警察署長あてに提出します。
受付窓口は警察署生活安全課です。
 証明申請を受理した警察署は、申請書類等を確認して警察本部へ送ります。
 警察察本部では、申請内容が要件に適合していると認めた場合には、証明書を発行するとともに、青色防犯パトロール中であることを証する標章及びパトロール実施者証を発行します。(この間にパトロールを行う方への講習が申請をした警察署で実施されます。)
 証明書の交付を受けた日から15日以内に、普通自動車にあっては、自動車の使用の本拠の位置を管轄する運輸支局又は自動車登録検査事務所、軽自動車にあっては、軽自動車検査協会において、自動車検査証の備考欄に「自主防犯活動用自動車」との記載を受けます。
Q.青色防犯パトロールの方法になにか条件はありますか。
A. パトロールするのには色々な条件がありますが、決して難しくはありません。
   主な条件は
 青色回転灯は、自動車の屋根に1個又は1体のみ装備することとし、マグネット等による脱着式も適応します。 写真・南区役所のみなっち号
南区役所のみなっち号
 自主防犯パトロールの実施時以外では、回転灯を点灯させることはできません。(警察本部長が別途認めた場合を除きます。)
 自動車の車体に団体の名称及び自主防犯パトロール中がわかるよう表示しなければなりません。
 使用する回転灯は、光源が点滅するものではなく、回転式の構造でなければなりません。
 青色防犯パトロール実施中は、当該自動車に乗車する方のうち1人以上はパトロール実施者証(警察本部長から交付される実施者証)を携行しなければなりません。
 警察本部長に申請したパトロール活動地域以外では、青色回転灯を点灯した運行はできません。(警察本部長が別途認めた場合を除きます。)
 パトロール実施者証の交付を受けた方は、おおむね2年毎に青色防犯パトロール講習を受講しなければなりません。
Q.青パトを使ったパトロールで期待できることはなんですか。
A.  青色回転灯を点灯することにより、パトロールをしていることがわかりやすくなるとともに、少ない人数で広範囲なパトロールができますので、犯罪抑止効果が期待できます。また、拡声器を併用すればより効果的なパトロールが出来ます。
Q.申請に費用はかかりますか。 写真・中里2丁目自治会の青パト
中里2丁目自治会の青パト
A.  手続きに費用はかかりませんが、パトロールに使用する自動車の写真や自動車に表示する団体名などのステッカーなどは自費になります。
Q.申請から許可が下りるまでどのくらいの期間がかかりますか。
A.  おおむね1ヶ月ほどかかります。申請方法や手続きなどについて詳しく知りたい方は、南警察署生活安全課防犯係までお問い合わせ下さい。
 

神奈川県南警察署 生活安全課
南警察署 生活安全課(目次)へ
南警察署 トップページへ